東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

ホリスティックウェルネス スタッフ高井貴容ブログ






















「こうがい」というと、私が子供の頃は「公害」という漢字を連想しましたが、
近年は「香害」を連想されることが多いかと思います。

上記のグラフは、日本消費者連盟などでつくる「香害をなくす連絡会」が
2019年末から約3カ月間行った調査=グラフ=です。
回答者9,030人中、香りで体調悪化があると答えた人は7,136人。
そのうち、18.6%は学校や仕事に行けなくなった(無回答278人を除外して計算)そうです。

何の香りに反応しているのか━
合成香料の中でも、‘柔軟剤’が問題になっている記事などは、よく見ます。
上のグラフでは、‘アロマ’が表記されています。

ここに表記されているアロマが
①アロマもどき商品を指すのか、
②植物から蒸留した精油を指すのか定かではないですが、
②である可能性は、十分にあると思います。

精油は、自然界の植物から取り出したものですが、凝縮したものなので高濃度です。
ある意味、自然そのものではありません。
アロマのスクールなどでは、精油の使用方法を学ぶ際、必ず「禁忌」というものを学びます。
皮膚を刺激するもの、神経を刺激するもの等、その視点は異なりますが・・・。
使い方を間違えると、良きものも効果を発揮するどころか逆転してしまいますからね。
アロマの講座などで、何本も精油を嗅ぐとき、必ず喚起をします。
これは、嗅覚を強く刺激すると、頭痛などを引き起こしやすくするからなんですよね。

また、香りというものには人の好みがあので、TPOをわきまえる必要がありますね。
自然由来のものだから安心で、人を不調・不快にさせないというわけではないということも意識しておきたいものです。



























社会的にも「香害」は問題となっており、5省庁が連名によるポスターを作成しています。
(消費者庁、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、環境省)


【参照】
2021年8月12日 東京新聞
香害 被害者が全国組織 柔軟剤など化学物質で体調崩す 仕事、学業に支障「危険性知って」:東京新聞 TOKYO Web (tokyo-np.co.jp)
 

投稿者:高井貴容  更新日:2021年9月5日




最近、お料理本を見ることが少なくなりました。
なぜ?  それは、ネット検索すればレシピがいっぱいだからです。

さて、今回勉強になったのは、
「きゅうり」の栄養と血管・血流の関係について紹介されているYouTubeでした。

「きゅうり」って、95%以上が水分と言われていますが、
「シトルリン」(スーパーアミノ酸)という成分に注目!
これが、血液中にNO(一酸化窒素)を作ることができる成分なんだそうです。
━と知って、ビックリ。
NO(一酸化窒素)には、血管拡張、血流促進、血管の肥厚抑制を助けてくれる働きがあるんです。
これだけは、知っていました(笑)

・動脈硬化の予防
・疲労回復、運動のパフォーマンスを高める、持久力アップ、
・血流改善→冷え予防、むくみ改善
・美肌効果 抗酸化作用や各櫃層の保湿成分、天然保湿因子の一つ
・脳の血流を良くする→記憶力・収集力を高める

しかし、きゅうりには、シトルリンが豊富には含まれていないので、
よりシトルリンを作り出すパワーのある「アルギニン(アミノ酸)」を含むニンニク等と掛け合わせると相乗効果があるそうです。
つまり、更に多くのNO (一酸化窒素)を作り出し、
活力のアミノ酸であるアルギニンが、筋肉増加、男性機能改善、エネルギー産生、成長ホルモンの分泌を高めることになるわけです。

とてもシンプルなレシピが紹介されていました。
私も何度も作りましたよ。
時折、食材をプラスしたりもしています。下の写真は、赤ピーマンをブラス。
さっぱりしていながら、コクがあっておいしんです。
是非、皆さんも!











【きゅうりのガーリックきんぴらの材料】
●きゅうり3本、にんにく3かけ
●ごま油大さじ2、醤油大さじ1.5、みりん大さじ1、酢大さじ1/2、鷹の爪1本分
 
※YouTube「管理栄養士・:関口絢子のウェルネスキッチン」は、
レシピ以外に食材の栄養価や相乗効果のある組み合わせ、
季節の体調のことなども含めてコンパクトに説明してくれているので、興味深く拝見しています。
「ウェルネス」というネーミングも気に入っています(笑)


【血流促進】加熱きゅうりに〇〇を掛け算!でサプリ級野菜にする効果的な食べ方【たっぷり作り置きレシピ】 – YouTube

投稿者:高井貴容  更新日:2021年8月25日




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




東京・上野の国立科学博物館​で開催されている「特別展 植物~地球を支える仲間たち」​に行ってきました。

​・   ・   ・​

・   ・   ・​



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




光合成の始まりシアノバクテリアは、漢字で書くと「藍色細菌」。
あれ、「藍」っていう字が使われている。
「藍」という植物自体が、原初的なものに通じているのだろうか?!​
進化を辿るって面白い。​




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




あるランは、花の奥の方に蜜を蓄えていて、
そこに到達するくらい長い口吻を持つ昆虫がいるはずだとダーウィンが予言していたという。
その40年後に発見されたというその昆虫が展示されており、
通常はロール状に収納しているという細長い口吻をまっすぐに伸ばしていた。​


植物も昆虫も、生存するために、様々な仕組みが備わっている。
自然界は実によくできている。​


日本には約9,300種の陸上植物が存在している中、
その1/4の2,445種類が絶滅してしまう可能性があるとのこと。
キキョウ、フジバカマ、カキツバタ・・・。おなじみの名前。​
進化の過程にしては、悲しすぎ。​





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






日本発の迷惑植物、これショックだった。クズ。
海外の人々にご迷惑をかけている代表だなんて。
日本国内でも迷惑なこともあるけれど、食や染色に使えるなどメリットも多々あり。
日本人の知恵ってすごい!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




個性様々な植物たち、みな地球の一員。その個性を作るのは遺伝子。​
近年、ツバキやドクダミなど八重咲が人気。目を楽しませてくれる。サムシンググレート様のいたずらか?!​
根や花などに毒を持っている子もいるけども、ちゃんと酸素を排出して、地球の中の循環に貢献してくれている。​

​・   ・   ・​

・   ・   ・​










私たち人間よりもずっと早く地球に根付いている植物たち、
樹齢2000年という大木やら、100年成長し続ける葉など、驚くべき生命力。​

この地上は、植物王国だと気付かされました。

 
参照:https://plants.exhibit.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=yanGYlUd8XI
 
🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸

 
西洋の秘教という教えでは、地球上を4つの王国に分けて考えます。

・鉱物王国
・植物王国
・動物王国
・人間王国

​弊社で取り扱いのある「アルファースリーム」には、
ブラックトルマリン、イチョウの化石、サンゴの石、貴陽石(群馬県)等の鉱石が加工されています。
これらをブレンドすると、人体や動物に有益な育成光線を発し、
共振・共鳴作用により気の流れ・血液の流れが良くなります。
その結果、細胞の運動が活発になり、生命エネルギーが増大するんです。

皆、助け合って存在しているということですね。共存・共栄!!!
鉱物王国にも侵入したい!
 

投稿者:高井貴容  更新日:2021年8月5日


スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ