東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

ホリスティックウェルネス スタッフ高井貴容ブログ

















近所の歩道橋を取り壊す工事が続いています。

階段を登るより横断歩道を渡った方がラクですが、桜色の歩道橋はかわいらしくて、好きでした。なくなっちゃうんですよね~、残念。
















もう既に、一部の階段は切断されており、歩行者用の信号が設置されました。


















この場所は、5Gの基地局設置のために工事しているのだと私は思っています。

何やら、歩行者信号機を支える円柱にBOXが?!

住まいから100m余りの場所。

よく、携帯電話の基地局の近くに住むと、頭痛などの体調不良を起こす話を聞きます。
もう逃れられません。ちょっと恐怖です。

 
<5Gについて>
全国に設置されている約20万8000基の信号機に5G基地局を設置し、2025年に全国展開の完了を終了する予定になっています。 東京都では、公園、建物、バス停、地下鉄、道路、橋等にも設置予定。
 
今までも、電磁波グッズは身に着けていましたが、益々意識せねばならなくなりました。

  










利便性と引き換えに、健康を損なうことがないよう留意しましょう!

オススメ商品「美波動」
http://shop.holistic-wellness.jp/?mode=f4
 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年10月15日

















最近、私が凝っているのが「野菜スープ」

なぜ、関心を持つようになったかと言いますと、
血流観察ができるマイクロスコープを購入して下さった薬局の薬剤師さんから、
「体調の悪い方に、基本となるサプリメントも多少服用してもらいますが、
野菜スープをしっかり飲んでもらうと血流や毛細血管の形が整ってくるんです。」とお聞きしたからなのです。

よく考えれば、かつてガン予防や改善に「野菜スープ」を勧める本が目についた時期がありましたが、うっかりしてました。
その時は、とても特別なメニューのように感じていました。

さて、「野菜スープ」のパワーの源は何かと言いますと、「ファイトケミカル」

ファイトケミカルとは、植物が紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質の総称。
植物の色素や香り、苦味などを構成する成分です。
野菜(植物)には活性酸素を消去するさまざまな抗酸化物質が含まれているということです。
年齢とともに活性酸素を消去する力がなくなってくる私たちにとって、野菜からその成分を補うことができるなんて、とてもありがたいことです。

ファイトケミカルは、‘生’より‘スープ’の方が断然多く摂ることができます。 細胞壁を壊して、ファイトケミカルを取り出すには、加熱することがポイント!
ビタミンCが壊れるのでは? という心配もありますが、
野菜に含まれた状態でのビタミンCは単体ではないので、種々の抗酸化成分の働きで安定化し、壊れにくくなっており、大半が残っているので心配無用とのことです。
ただ、成分はほとんどスープに溶け出しているので、具だけではなくスープをしっかり飲むことが大切ですね。


























熊本大学の前田浩教授らの資料では、
野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすりつぶしたものより、 野菜を5分間煮出したゆで汁のほうが10倍~100倍強いことが明らかになっています。 (特選街WEBより転載)

「野菜スープ」には、ビタミン類、ミネラル類など、ファイトケミカル以外の有効成分も丸ごと溶け出していますし、生野菜のサラダとは比較にならない、強力な抗酸化パワーを得られるというわけです。

———————————————————–

【野菜スープ 基本の作り方】
<材 料>
●カボチャ、人参、玉ねぎ、キャベツ 各100g
●水                1リットル

<作り方>
①野菜をひと口大に切る。
②カボチャ以外の野菜を鍋に入れ、水を注ぎいれ、強火で10分程加熱する。※フタを必ずのせる。
③加熱後、10分程したらカボチャを入れ、更に10分程加熱する。(煮崩れ防止のため、あとで。)
※ポタージュにしてしまうのであれば、カボチャも最初に入れられます。

基本的に味付けはしないようですが、味付けバージョンが、いろんな本やWEBに紹介されています。
私は、昆布を細かく切ったものと天然塩を少々入れています。
たまに、植物油で炒めてから煮ています。

とっーても簡単。
——————————————————-

●野菜の形のあるまま飲む VS  ポタージュにして飲む

  










●スープだけ飲む VS 温野菜として食す
  









以前、ウェルネス講座の講師としてお話いただきました脳外科医の篠浦伸禎先生も、ファイトケミカルスープを作って日常的に飲まれていると言われていたのを思い出しました。
2017.12.2 ぼけずに脳を使い切って生きるにはどうすればいいのか

















本を読んでみると、いろんな体験談が紹介されていました。
「野菜スープ」の底力、すごいですよ~。
「野菜スープ」は、免疫細胞を強化し、抗ウイルス作用もあるので、コロナ禍のこの時期、是非頻繁に作ってのみたいものです。
やせて若返りたい人、便秘、肥満、がん、高血圧、糖尿病、肝炎、脂肪肝、痛風、更年期症状が気になる人にもお勧め。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年10月12日


 

















自給農を普及している環境活動家の岡本よりたか氏の講座を、弊社にて3回開催したことがあります。

久しくお目にかかっていませんが、FaceBookの投稿をたまに拝見しています。
いつも感慨深い内容なんですよ。

最近特に心に残った投稿が「人生ゲーム」でした。

(写真は、タカラトミー「人生ゲーム」WEBより)
———————————————————————————

岡本よりたか氏 FBより転載  2020/9/26
「人生ゲーム」
今では多くのバリエーションがあるらしいが、
僕が子どもの頃は、人生ゲームと言えば、タカラトミーから発売された一種類だけだった。

このゲームは、最初に少しの所持金を持ち、サイコロの目だけ人生を進むことができるルールである。
止まった駒に書かれた人生の様々なイベントをこなしながら、全員がゴールする事で終了する。 借金や、結婚や、夢のマイホームや、商売やら。

そして、最後に一番多く所持金を得たプレイヤーの勝利となる。 人気のゲームであり、多くの子どもが楽しんだであろうこのゲームは、ある意味、貨幣経済、経済優先社会への洗脳であった。

このゲームがアメリカから日本に持ち込まれた1968年は、高度経済成長の真っ只中である。 戦後の日本が復興していった時期な訳だが、その頃からマネーゲームも始まった。 その昔は、ローカルな繋がりが大切であった。 幸福とは何かと言えば、支え、支えられる人と人との関係、幸福を感じられる家族との絆であった。

しかし、高度経済成長以来、日本は騙し騙され、奪い奪われ、傷つけ傷つけられ、幸福の定義は、繋がりから貨幣を得ることへと置き換えられた。

今や形式だけの幸福を手にし、他人の魂や先祖までをも見下す。その行為はやがて自分に戻ってくることも知らずに、他人の不幸に鈍感になる。

僕は、子供の頃に数度だけやったことのある人生ゲームに、強い疑問を持つ子供だった。何が楽しいのか全く理解できなかった。 その理由が今になってやっと分かった。

最終的に富豪になった者が勝者となると言う価値観を理解できなかったのだろう。

社会に出て、経済社会に揉まれ始め、人生ゲームのボードの上でサイコロを転がし始め、20年後に鬱やパニック障害を発症した僕は、子供の頃に人生ゲームに感じた疑問点と全く同じ感情の中にいたのだ。

僕はその人生ゲームのボードを降りることにした。もうサイコロは振らない。進む駒は自分で決める。それがボードの上とは限らない。

山の中に明治元年築の家がある。その家で、自給農のモデルケースを作り上げるのが今の夢となった。

ボードから外れた人生ゲームのゴールは近い。諦めずに前に進み続ける。

       岡本よりたか氏 FBより転載  2020/9/26


 















———————————————————————————

「人生ゲーム」、小学生の頃、近所の幼なじみの家で遊ばせてもらいました。
高尚な大人じみたゲームだと感じつつ、なんとか着いていっていたような記憶があります。
気が重かったような・・・。
今思えば、私はトランプみたいなものの方を楽しんでいたように思います。

やりたいことを成し遂げて、名を上げ、お金持ちになり、高級車を乗り回し、海外旅行に頻繁にでかけ、交流も多く、楽しい毎日・・・そういう人生を理想とする人がいるかもしれませんね。
その過程で、人の権利や立場を搾取したり、誰をも(何も)傷つけてもいないのならいいのかもしれません。
自己肯定感、自己顕示欲が度を越えてなければいいのかもしれません。
車や飛行機が排出する二酸化炭素が気候温暖化に全く関係ないといえるのであれば、過剰に世界中を移動しまくってもいいかもしれません。

社会組織の一定の枠組み・評価の中で努力をし、貢献し、やりがいを感じ健康でいられるのであれば、それはよいことですよね。

岡本よりたかさんが、テレビのディレクターから環境活動家・農家へと転身したきっかけは、
自然環境を破壊する実態を取材を通して知ってしまったからだと私は思っていたのですが、
鬱やパニック障害を発症していたことは、今回初めて知りました。

今、目指しているのは、自給農のモデルケースを作り上げること、とのこと。
そのゴールが近いのだと書かれています。嬉しい❤

講座の時は、惜しみなく教えてくれました。
半年後の講座のために、私が初めてプランターで栽培した野菜にテコ入れしてくれた姿も忘れられません。
以前、恵比寿のパン屋さんに行くと、レジを打ってくれたこともありました。
全国の農業を目指す若者たち&うつみん(医師・内海聡氏)とのイベントの座長姿?!、なかなか面白かったです。
強い信念があって、まっすぐ前を向いて、いつも力強いメッセージを発している  よりたかさん 、
これからも健康で自らの道を歩んでほしいと、切に願います❤
様々な人生を歩む私たちに勇気を与えてくれる、そんな存在の人てすね。

●岡本よりたか氏
https://www.facebook.com/yoritaka.okamoto
●ホリスティックウェルネスで開催した岡本よりたか氏の講座
(遺伝子組み換えのお話、プランターから始める自然農、種のお話)
http://holistic-wellness.jp/event/studymeeting/20150906.htmlhttp://holistic-wellness.jp/event/studymeeting/20160319.htmlhttp://holistic-wellness.jp/holistic_community_day















 
 
 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年9月27日


スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ