東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

ホリスティックウェルネス スタッフ高井貴容ブログ

写真 2017-06-18 14 28 52

 











昨日、「陰陽五行で知るあなたの正体」の講座を開催しました。

講師の堀内先生は、歯科医師として、顎関節症・咬合など東洋医学(陰陽五行)を取り入れて、体のバランスを考えた治療を行う一方、五行研究会を開催、講習会等を行っていらっしゃいます。
若き頃、漫画家を目指されただけあってイラストをふんだんに使って説明された本は、とっつきやすく、私たちの興味を魅きます。とはいっても、シリーズ本を一気に読み上げるには、ちょっと根気がいるもの。
そこで、まずは全体像とポイントを教えていただきました。

板書をたくさんされ、また映像も映されるとのことでしたので、前日には、いつもの室内とは、異なる準備をしました。
多くの図、イラスト、映像と説明を交えてのお話でした。

写真 2017-06-18 14 28 45 写真 2017-06-18 15 30 14

 







五行の「木-火-土-金-水」という相生の関係は、自然の循環で無意識に流れていくもので、
「木→土」、「土→水」等の関係を相克ルートといい、この流れを意識して起こすことがとても大切なことで、
調和を保ちながら物事をスムーズに発展・進化させるコツなのだということを事例をあげて説明していただきました。

この時に、黄金比率(約1.6倍)が関わるそうです。へぇ~。

写真 2017-06-18 15 24 13










たとえば、「頭寒足熱」。

普通は、熱いものが上に上がり、冷たい物が下に下がりますね。お風呂のように・・・。でも、人体がこのようになると、カラダを良好に保てなくなります。
氣が上がりすぎてしまうと、現実世界で落ち着けなくなってしまうし、ホットフラッシュのように、頭に血が上りすぎてしまうと、足元が冷えてしまいます。
そこへ、熱を入れてあげると(お風呂に入る、足湯をする)、「頭寒足熱」という最良の状態になるというお話。なるほど!

「木(上へ向かうエネルギー) → 土(下へ向かうエネルギー)」その間に「火(熱)」が関わる。

これを人の成長、生き方に応用して、話が続いていきました。
今回、はっきり理解できたのは、

だるまん陰陽五行の特徴は

  1.「相克ルート」を重要視していること

  2. 霊・魂の視点も含めて展開していること

今回お聞きしたのは、「だるまん陰陽五行」のほんのひとかけら。

とにかく、奥が深い。

私たちの周りで起こっている現象を説明できてしまうということは、そのシステムを知れば、いろんな調整すら可能ということ。

肉体のこと、人間関係のこと、生き方に至るまで・・・。

写真 2017-06-18 16 38 17

 

 







堀内先生は、歯科医師であられるので、咬みあわせを変えることによって、人生が変わった人も多く観られているとのことでした。

ここらへんも、陰陽五行で説明できるそうです。
また、機会がありましたら、お話をお願いできればと思っております。

だるまん陰陽五行
http://www.daruman.info/index.html

投稿者:高井貴容  更新日:2017年6月19日


写真 2017-04-05 19 37 15

 












桜の季節です!

足元には野の花、見上げれば、桜。
春がやってきました。

太陽の光を浴びて気持ちよさそうに咲いている桜も
夜のライトアップされた桜も、きれい。

桜さんを早く寝かせてあげたいけど・・・。

職場の近く「六本木ミッドタウン」では、昼となく夜となく、お花見を楽しむ人たちで賑わっていました。


お花見弁当











職場のビル1階のVeaganic to go さん手作りの「お花見弁当」を持って、昼間の公園に行きました。
ちなみに、このお弁当は、すべて植物性の食材でつくられたものです。
カラダもココロも喜んでます!

 

投稿者:高井貴容  更新日:2017年4月7日


CCI20170213














飽食の時代となり、
飲食業界が巨大化、ビジネス化し、
食べ物を無駄にするようになってきていると、
以前より気になっていました。

食べ物を無駄にしている原因は、社会の構造だったり、私たち自身だったりします。
映画『0円キッチン』、先日観てきました。
世界で生産される1/3の食糧が廃棄されるという事実。
その重量は、なんと毎年13億トン。

世界には、食べられない子どもがいる反面、
食べられるのに、大量の食料を捨てている国がある。なんと、悲しい事実。

映画では、主人公ダーヴィットがヨーロッパ5か国を廻り、
廃棄されるはずの食材を料理して、
その土地の人々とともにおいしく食べる!という旅が描かれています。

現状を非難するとか、告発するとかではなく、楽しく提案し実践しているところが素晴らしい!

写真 2017-02-12 16 32 24











映画のパンフレットの傍に、関連書籍が並んでいました。
世の中に、こういう類の本があるんだと初めて知りました。

‘食品ロス’、‘賞味期限’、‘フードバンク’ ‘食糧廃棄’ などのキーワードで調べると、
いろんな書籍がでてくると思います。

映画を観にいけない人は、是非読んでみてください。
映画を観た私も、これから、改めて読んでみようと思います。

話は変わりますが━
先月のヤフーニュースで
「廃棄を余儀なくされたキャベツ1万3千個の大逆転」のエピソードが報じられました。
拍手喝采!

是非、読んでみてください。日本での出来事です。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170125-00010000-alterna-soci


まずは、自分から、周りから、廃棄するものを少なくしていきたいものです。

投稿者:高井貴容  更新日:2017年2月13日


スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ