東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

ホリスティックウェルネス スタッフ高井貴容ブログ

CCI20191227_0001

 

 

 

 

 




12月17日の「気候変動」の講座に参加いただいた皆様、ありがとうございました。

皆さんの参加費は、翌日「がんばろう!千葉 千葉県災害義援金」に寄付させていていただき、本日「義援金受領証明書」を受け取りました。

<12月17日のブログ>
講座報告 『アル・ゴア氏からのメッセージ:気候変動 ~今、私たちにできること』
http://blog.holistic-wellness.jp/takai/5804.html


CCI20191227















気候変動は、私たちの努力で回避することもできることを知りました。
日々の暮らしのなかで、できることを実践していきましょう!

 

投稿者:高井貴容  更新日:2019年12月27日


写真 2019-12-20 18 50 49















先週開催しました講座「家じまいと生前整理」の報告です。

今回の冬から春に向けての講座のテーマが「40代からはじめる明るい終活」となっています。先日開催分は、その基調イベントではありましたが、来年講師をしていただく方にも少しお話いただきました。

80102194_2859755874074920_8451315931270873088_o














●家じまい by 木村真宏氏

「家じまい」とは、シニア層が終活で家を売却すること。

一人住まいあるいはご夫婦だけでお住まいの場合、検討する必要がありますね。
不要な家を相続させる前に処分して、老後の費用を元気なうちに補填するメリットや留意点などについてのお話がありました。

社会的背景としては、「2022年問題」&「2025年問題」が深刻。もう目前です!

「2022年問題」とは、生産緑地に関する問題。
ここでは詳しくは割愛しますが、地価の下落が懸念されています。

「2025年問題」とは、超高齢化社会の到来のことです。
3人に1人が高齢者(65歳以上)、5人に1人が後期高齢者、10人に1人が認知症。
そうなると、空き家率が20%を超え、今より多くの不動産が売りに出され、それとは逆に家を買う世代人口は、どんどん減っていきます。

今のうちに売却したほうがいい物件とはどういう物件かのお話がありました。
現在の空き家は、10,000戸、10年後には20,000戸(3軒に1軒)と予想。全国の市町村別(都内は区別)に売りたい人が多い地区のデータを拝見しましたが、データがあるということは、社会問題ということですね。

「家じまい」から始めるセカンドライフ
~選択肢&なすべきこと~
(自宅介護の場合は、介護サービス内容の確認が必要ですね。)



・駅近のマンションに越す
・子供たちと同居する
・老人ホームに入居する
・マイカーを手放す⇒カーシェアリング、レンタカー、介護タクシー
・相続対策(生命保険や家族信託)、相続放棄対策も考えられる
・遺言を残す (特に子供がいない人、内縁関係がいる人)
・生きているうちに形見分け

盲点になりやすいことが2つありました。

1.「ハウスリースバック」という方法があること。
自宅などの不動産を売却して、賃貸で住まうこと。

2.「小規模宅地の特例」事例。
親が死亡した時、3年以内に売却すると、税金がゼロでも4年以降だと1,500万円以上の支払い。

80470650_2859755820741592_4864687324765618176_o

 












●生前整理 by 松井麻律氏

孤独死で日数が経過した家や、空き家になった家を訪問することもあるという松井さんから、その様子をお聞きすると共に、写真も見せていただきました。
マスクをして掃除をする姿、すごい荒れている室内でしたね。空気の入れ替えをしない室内は、屋根が落ちたり、空き家は、動物の糞尿だらけだ。
部屋の中の物を整理すると、爪切りがたくさん出てきたり、賞味期限切れの食品、果実酒だらけだったり・・・。生前整理という意味ではもちろんのこと、私たちの暮らしにおいて、日頃から物の整理をする必要があるということをお話を聴いていて痛感しました。

身内だけでは、整理しきれない使用しなくなった数々の物、第三者に手伝ってもらい整理するのもひとつの方法です。生前に思い出を聴きながら。


「親に年に会える回数」 × 「残りの年数」 

=「残りの人生で親に会える回数」 



このお話には、ドキッとしました。涙する人も・・・。

————————

親・子ともに元気に暮らせしているうちは、終活のことは考えづらいものですが、早めに取りかかった方が良いことも多々あります。次回も貴重なお話があります。多くの方の終活に関わって活動される専門家のお話をお聞きいただき、みなさんの大切な人生にお役立ていただければと思います。

FC9D4550-F908-4100-A6BB-7DE02FB8EFC9













●次回:2020年2月11(火・祝) 13:30~
━死後の葬儀に代わる「生前葬」のすすめ━


数多くの葬儀に携わってきた一言奈津江(ひとことなつえ)さんと、写真を通してライフストーリーを製作する志甫 直哉さん(しほなおや)のお話です。

詳細:http://holistic-wellness.jp/event/studymeeting/2020-2-11.html

※懇親会時に生前葬の進行手順をご覧いただけます。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2019年12月23日


 

IMG_2877_800

 










環境学博士であり、クライメントリアリティリーダー・戸田美紀さんによる気候変動のお話会、終了いたしました。

写真 2019-12-17 19 11 50














—————————–

冒頭に、「地球を守ろう!」の活動をされている‘谷口たかひさ’さんからのメッセージ動画を流しました。

今回の開催にあたり補足の勉強をしようと、先日、谷口さんのお話を聴きに行った際、少しお時間に余裕がありそうでしたので、参加者の皆さんにメッセージをいただいたのです。

「日本で報道していなかった事実を知るとショッキングに感じるかもしれないけど、知っていて今の状況になっていれば絶望的。一番の希望は、みんながまだ知らないこと。ちゃんと取り組めば、地球の危機は免れる。まず、気候変動の事実を知りましょう。みんなで取り組んで行きましょう!」

—————————-

IMG_2791_800














このお話のためだけに集まった皆さん、「気候変動」について関心が深く、より事実を確認しようと熱心に聴講されていました。戸田さんのお話の終了後、質問、シェア、ご意見などみなさんの声もお聴き出来ました。

気候変動による世界中で起きた自然災害の写真が次から次に映し出されて、これにはびっくりでしたね。もちろん、日本の様子もありました。
ニュースなどでは知っていても、まとめて見ると、ここ数年だけでもなんと多いことか。
台風、干ばつ、大火事など。そこから死者や負傷者が出て、自然破壊、健康被害、移民など、様々な問題が派生している事実。これ以上温暖化が進むと、人々が地球で安心して暮らしていけなくなってしまいます。

写真 2019-12-18 21 02 33














どうして、このようなことが起きるのかも、説明していただきました。
人々の暮らしがCO2をたくさん排出してしまい、地球がそれを処理しきれなくなって気流の流れによって、温暖化現象(場所的には気温が下がるところも)が起き、気候変動が生じてしまう。

●私たちは、日々の暮らしの中で何ができるか?●

エネルギーを使う物は要注意ですね。CO2排出に繋がることが多い。

【省エネ】
・早寝早起き!(電気を無駄に使わない。)
・公共交通機関の活用
・エコカーを利用
・エコ家電を利用
・再生エネルギーを選択
・ゴミを減らす (燃やすことによる弊害、プラスチック問題)
⇒マイバック、マイ箸、マイボトル


【肉食を減らす(特に牛肉)】
・牛のゲップは、メタンガスを排出
(CO2よりも強力な温室効果 / 飼うための敷地確保で森林伐採)


写真 2019-12-17 21 30 02 - コピー











ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

参加費は、「がんばろう!千葉 千葉県災害義援金」に寄付させていただきました。

寄付 写真 2019-12-18 16 52 49






















お持ち帰りいただいたリーフレットも是非、熟読ください!

投稿者:高井貴容  更新日:2019年12月18日


スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ