東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記
連日の新型肺炎のニュースは日本人に閉塞感を与えています。
終息を早く願う毎日です。
マスク着用、うがいなどの自己防衛は当然のことですが、感染し重篤な状態になるかどうかは自己免疫力と深い関係があります。
厚生労働省が勧めるインフルエンザの自宅療法は十分な栄養と休息です。
私たちは睡眠のプロとしてどのような状況下であっても立ち向かえるよう、睡眠によっ免疫力を高める方法をお伝えしいます。
そもそも人間の体は、ウイルスなどの異物を見つけると、免疫細胞が協力して外敵を発見し、情報を伝達、攻撃して排除する、素晴らしい防御システムをもっています。
免疫細胞は、血液やリンパ液を通じて全身をパトロールしながら病原体から体を守ってくれています。
ところが、睡眠が不足するなど生活が乱れると、免疫機能はうまく働きません。
風邪をひくと眠くなりますよね。
医者からも温かくして眠るように言われます。
これは睡眠をとることでウイルスと闘う免疫力を高めることができるからです。
また、免疫細胞を含む血液は主に骨髄で作られますが、立っている状態では重力の影響を受けて骨髄が緊張するので、造血力がガクンと下がります。体を横たえてリラックスすると、血液はスムーズに作られます。
寝不足が続くと、骨髄が新しい血液を作る時間が無くなり、汚れた古い血液が使いまわされることに。
「骨休み」という言葉がありますが、骨髄を温めて、休めることが理想です。
免疫力を高めるにはまずは睡眠なのです。
そしては私たちは「あーよく眠れた」という単純に十分な睡眠時間で得られる効果を遥かに凌ぐ、『パーフェクト睡眠』を提唱しております。云わば赤ちゃんのような至高の眠り。
ウイルス対策にももちろんですが、この予測不可能な未曾有の世の中で生きていく上での「免疫力を高める眠り方」は身につけて欲しいものです。
 

da83c3c6a3c164aa25ba5579e8426b93_t
 

 

 

meneki
 

 

 

 

投稿者:katahira  更新日:2020年2月24日

 

写真 2020-03-17 17 26 05












12月からの講座シリーズで、「40代から考える明るい終活」をスタートしました。
これを機に、それらに関係する映画を観てみました。

意外とあるものです。


映画『私の小さなお葬式』

余命わずかだと知り、仕事で忙しい息子に迷惑を掛けないように
棺桶から死亡診断書まで用意してしまうという、ちょっとコミカルな映画。


映画『人生をしまう時間(とき)』

在宅の終末医療。
外科の医師として多くの手術を手がけてきた医師が、病院を退いた後に在宅医療に携わる。
自宅で療養の診察風景~最期を迎えた時までを追いかけたドキュメンタリー。
書籍化され、NHKでも放映されました。
『いのちの終(しま)いかた』『死を生きた人びと』


映画『山中静夫氏の尊厳死』
末期がんの宣告を受けた山中氏が主人公。
真面目に生きてきて、最期、自分の墓を自分の手で造るため、故郷に戻る。
だだただ楽に死んでいくことだけを願って。
人間の死を多く見てきた医師も、うつ病になりながら、尊厳死について考え続ける。

短期間に観ると、さすがにいろいろと考えさせられます。

50代の娘さんを看病するお母さん、寝たきりのお父さんを介護する盲目の娘さん、老老介護の様子等、
家族構成、住まいの事情、体調の度合い、皆それぞれでしたが、
生を全うしようという姿勢は同じでした。

お医者様にもターゲットが当たっていた映画が後半2本でした。
どんなに多くの「死」に触れても、その度ごとに一人ひとりの人生を受け止め、尊重し、最後まで最高の治療・手当てをする、そんな場面を観ました。
そして、医師と患者という関係以外に、人vs人 としての対話が感じられました。
こんな風に接してもらえると嬉しいですよね。

「ありがとう」の気持ちで幕を閉じたいものです。

 

<これから観る予定の映画>

写真 2020-03-17 17 26 44










映画『イーディ83歳、はじめての山登り』

夫の介護を終え、自分のやりたかった山登りに挑戦。
偶然にもイーディと同年齢83歳の女優さん、頑張って訓練したそうです。
わぉー、すごい!


高齢になって、介護状態になる人もいれば、まだまだいろんなことにチャレンジする人もいますね。
こういう人を見て、元気をもらいたいものです。

 

 

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年2月15日

 

写真 2020-01-13 12 51 53














今年に入ってから最初に聴講した講座は、「現役医師4人が語る死生観」。
このうちお2人は、宗教者でもあられます。

● 仏教の立場から・・・・・ 斉藤大法 先生
● キリスト教の立場から・・ 種倉直道 先生
● アーユルベーダの立場から 上馬場和夫 先生
● スピリチュアルの立場から 長田優香 先生

主催は、「NPO 法人 ほあ~がんサポートネットワーク」。
こちらの代表は、「イーハトーヴ クリニック」の 萩原 優 医師。
日本外科学会認定医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会専門医であり、
催眠療法を取り入れていることでも有名です。

1ヶ月ほど経過してしまって、それぞれの方がどんなお話をされたのか、ぼんやりしてきました。

一番印象的だったのは、僧侶でもあられる斉藤大法先生のお話でした。
振り返ってみたいと思います。
「死生観」とは、生死に対するとらえ方

老・病・死における人々の本当の平安を実現しようとするならば、
以下の3つにおける安心を見出さなければならない。
明確な死生観を持つということは、そのことに関わる。

①病を得て、将来の死を意識しながら生きる日々
②臨終
③死後

<欧米豪で終末期に点滴や経管栄養をしない理由>
①死生観が明確
何もわからない状態で操作的に生き続けることは無意味
②倫理の問題
高齢者は、苦しむことなく尊厳をもって亡くなることが大切であり、人口栄養で延命することは倫理的ではない。
③高齢化による医療費の抑制
早い時期から高齢化を見越して対応してきた。

<日本の問題点>
①死生観が不明瞭
②使との向き合いができていない
③その支えとなる宗教・哲学がない。又は機能していない。

一方、インディアンは、明確な死生観を持っている。

今日は死ぬのにもってこいの日だ
生きている物すべてが、私と呼吸を合わせている
すべての美が、私の中で呼吸している
すべての美が、私の目の中で休もうとしてやってきた
あらゆる悪い考えは、私から立ち去っていった

今日は死ぬのにもってこいの日だ
私の土地は、私を静かに取り巻いている
私の畑は、もう耕されることはない
私の家は、笑いで満ちている
子ども達は、家に帰ってきた
そう、今日は死ぬのにもってこいの日だ

このフレーズをかつて聞いたことがあることを思い出しました。
自然の中で生きている人は、死を自然のこととして受け止められるものですね。

 

≪死生観 まとめ≫
死を回避するのではなく、やがて訪れる自然の摂理として受容するなら、
死の不安から解放された安心で創造的な人生が送れる。
心は、平穏となり、生存への理不尽な注着はおのずと手放され、
その結果として医療費も減少(適正化)してゆく。
ただし、このことは死を間近にしてはじめて考えるべきことではなく、
若いうちから向き合うことが望まれる。

先生は、エリザベス・キュプラー・ロスの本にも触れられました。
『死ぬ瞬間と死後の生』の本が有名でしょうか。
まだ、読んだことはないのですが、そろそろ読んでみようかと思います。

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年1月31日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ