東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記
写真 2018-03-11 10 22 34

















映画『一陽来復 Life Goes』は、
東日本大震災の直撃を受けた人々が辿ってきた軌跡を描いたドキュメンタリー映画。

皆さん事実を受け止め、悲しみを背負いつつも、
自ら暮らすべき土地に根を下し生活を築きあげてきています。
風景が変わり、暮らしが変わり、いま笑顔が!
東北の人だから耐えてこられたような、東北の人だから静かに力強くコツコツと歩んでこられたのではないかとさえ、感じられました。
与えられた命を生きる!与えられた環境で生きる!そんな姿に感動しました。
映画終了後、挨拶をされたのは女性の監督でした。
挨拶の時には、涙を流されたことがないという監督もこの日は、涙・・・。
思いやりに満ちた気持ちでカメラを向けられてきたのが映像からもお話からも、よくわかりました。
映画が完成した今でも、現地の方々に連絡をとられているようです。

2018年3月11日、東日本大震災の発生から7年を迎え全国各地で追悼行事が行われていましたね。

直近の報道によると、
岩手、宮城、福島の3県を中心に、
死者は1万5895人、行方不明者は2539人。
津波や東京電力福島第1原発事故により避難生活を送る人は、
全国でなお約7万3千人に上るそうです。(ピーク時は約47万人)
まだまだ課題は山積みですね。

3月11日だけこのことを思い出すのではなく、折に触れ、せめて心の中でだけでもエールを送りたいと思います。
当たり前のような日常に感謝したい気持ちです。


写真 2018-03-11 10 22 48

 
















この映画は、これから各地で上映されるようです。

一陽来復(いちようらいふく):冬が去り、春が来ること。悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。

映画『一陽来復 Life Goes』公式サイト
http://lifegoeson-movie.com/

投稿者:高井貴容  更新日:2018年3月12日

写真 2018-03-09 14 58 20














本日は、 「マイクロスコープWellness」を実際に操作してみたいというお客様が東北から来社されました。
お客様がお持ちになられたタブレットて3名様の毛細血管を拝見しました。

写真 2018-03-09 15 01 40 写真 2018-03-09 15 05 48

 

 

 

 


3人3様!
①毛細血管がまっすぐで、本数も理想的な状態
②太めの毛細血管がちらほらある状態
③全体に見えづらい状態
体の中を覗いて健康状態を確認し、日々の生活を見直すきっかけにしていただけたようです。

写真 2018-03-09 15 06 03

 

 

 

 







日々の健康状態のチェックとして、また健康のお仕事をされている方にお勧めです。
レンズを取り換えることによって、毛細血管以外にも様々なものを拡大してご覧いただけます。
また、体温測定も可能です。

※「マイクロスコープWellness」を接続してご覧いただくモニターはパソコン(Mac不可)を推奨していますが、Android系の一部のタブレット、スマートホンでもご覧いただけます。
(2018年3月現在)

http://holistic-wellness.jp/shopping/microscope

投稿者:高井貴容  更新日:2018年3月9日

写真 2018-03-02 18 57 02










映画『リーディング~エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。』

ホリスティック医学の父と言われるエドガー・ケイシーの映画。
一年前から完成するのを楽しみにしていた映画です。


東京での上映最終日と言われた最終回に、なんとか行けました。
2日前の深夜0時15分から座席指定ができることを知り、深夜の山手線の中で、スマホを操作。
何度操作してスムーズにいかず一度諦めましたが、家に到着しダメもとで最後にと思って入力したら成功!
操作するたびに、座席が埋まってしまい指定する席が変わっていきました(笑)。まるでゲーム。
すごい反響です。

写真 2018-03-03 17 55 40







私がエドガー・ケイシーを知ったのは、20年程前にホリスティック医学入門の本を読んだ時。
「エドガー・ケイシーは、ホリスティック医学の父と言われ・・・」という記述がありました。
その後、アロマスクールを修了し、精油より植物油に興味を持ちオイルテラピーの講座に参加しました。
そこで再びケイシーに触れました。


ケイシーは催眠状態に入った時に、宇宙の叡智(超意識、高次元)にアクセスをし、様々な問題の解決法を語ることができた人です。

私がその頃学んだのは、主に肉体の健康についてでした。
健康の維持の仕方、病気の改善の方法などのほんの一部。
リーディングと言われるケイシーが催眠状態でもたらした情報は、14,000件以上もあるとのことです。
(肉体、過去生、ビジネス、霊的、人生について、夢解釈 など)


映画には、もちろんケイシーによる健康の原理の話は登場してきたのですが、
白鳥監督は、人の「意識」というもの、「魂」というものについて特に示唆したかったのだと思います。

特に記憶に残った言葉は━
・カルマとは、記憶である。
・内分泌腺の状態は、過去生が影響している。
・カルマを乗り越え、恩寵の中で生きる。
・人間と天体はつながっている。危険は回避できる。
・私たちは、地球の声を聴く必要がある。

 

映画『リーディン~エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。』
http://officetetsushiratori.com/readings/

日本エドガー・ケイシーセンター
https://edgarcayce.jp/

投稿者:高井貴容  更新日:2018年3月3日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ