東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

ホリスティックウェルネス スタッフ高井貴容ブログ

神奈川県にお住まいのお客様よりいただいたメールをご紹介させていただきます。
(3月15日受信)
————————————————————————————————————————–
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地震以来毎日家におりますが、無事家の中にいられて、温かい食事が
できることのありがたさ、と同時に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。
 
今回東京は被害が小さくて済みましたが、地方に原発を押しつけて 
都会に住む私たちだけが大量の電気を消費する贅沢な生活をする・・・
 という構造はもう許されないでしょうね。
 
原発はやはり選択してはならないものでした。 
今後どう生きていったらよいのでしょう。
 
日本がこのまま潰れてしまう…ということだけは避けなければならないと思います。
自己の利益のみを恥も外聞もなく追及する、資本主義に代表される西洋文明は
すでに行き詰っていて、それを救うのは日本人が昔からごく自然にやってきた
全てに神が宿るというワンネスの生き方だ…と言っている方はとても多いですね。
最近の日本はかなり怪しいですが・・・
 
私も日本と日本人には課せられた使命があるのではないかと思っています。 
今回の地震と原発という、ほとんど立ちあがれないほどの打撃の意味するものは
私たちにとって一体何なのか、ずっと考えていました。 
もし課せられた使命というものが本当にあるとすれば、天の意志は日本を消滅させる
事ではありえないと思えます、
だとすれば、これは私たちにとって克服することのできる試練なのだろう・・・
と考えるに至りました。
 
私たちは昔から狭い島国の中で助け合い、支えあって平和に生きてきた民族です。
みんなで支えあってこの大変な難局を乗り切りたいです。
 
もしこのとんでもない困難をみんなで乗り越えられたら、次の世界の目指す
ワンネスの基礎となるのかもしれませんね。
是非そうありたいです。
 
高井さんもお体に気をつけられて、どうぞ良き世界をお築きください。
私も自分のできることをやっていくつもりです。
 
今後もよろしくお願いいたします。
                                                                                                                         M.S
———————————————————————————————————————-
M.Sさんのように、今この地球に生きている自分、日本に生きている自分のことを真摯に見つめていきましょう!
 
まだまだ震災後の心配事が多い中、このような思いに触れ、皆さんにお伝えしたく公開させていただきました。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年3月18日


2月19日にこのブログでご紹介しました‘映画『ミツバチの羽音と地球の回転』’は、山口県祝島の上関(かみのせき)原子力発電に反対する住民の暮らしや、地球と人が共生する新しいエネルギーについて提案を投げかけているドキュメンタリー映画です。

映画上映が続く中、今年の2月に住民の反対を押し切り中国電力が原発の準備工事に踏み切ったとのことでした。しかし、今回の震災の直後、‘山口県知事が、上関原発の工事中断を要請しました。’というニュースが入ったときの映像を見て、とっても感動いたしました。

ちょっとお時間のある方は、ご覧になってみてください。全体で1時間ほどある映像のうち、1時間経って、記者発表を終わりかけたときに入ったニュースです。以下のWEBページを開いた後、映像の▶この印をクリックし、時間のルーラーを早巻きして終わりの部分だけ見ていただくだけでも・・・

↓  ↓  ↓

2011年3月14日(月) 
 アースデイ東京からの大震災についての緊急記者発表の映像です。
 http://bit.ly/f1LGYe
2011年3月15日(火) 
NHKニュース 上関原発 準備工事を一時中断tp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110315/t10014697631000.html
この未曽有の災害の経験を絶対に無駄にしてはいけない。

この混乱の中、冷静な判断がなされたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年3月16日


今回の地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 

通信網が発達している昨今、新聞、テレビ、ラジオ、インターネット、メルマガ、ツイッターなどで既に多くの情報を得られていることと存じます。情報の重複、不安感の増大等を避けるため、弊社では当分の間メルマガを送信せず、ブログで情報発信をさせていただきます。 

東北地方に比べれば、関東やその他の地方の方の被害は小さかったというものの、人々の心の中には不安や恐怖が、まだ残っているように感じます。道行く人はトイレットペーパーなどを手にし、足早に歩いています。家から外に出ないと言っている人もいます。カラオケ屋も節電。スーパーの棚はガラガラ。まだ時折、余震もきています。昨日は、東京の放射能濃度が平常の20倍というデータが発表され、通勤時にはマスクをしている人々が多くなりました。20倍と言っても人体に影響がある数値とはほど遠いようですが、用心したに越したことはありません。

木の香治療院の光田院長がブログに掲載されていますTFT(Thought Field Therapy:思考場療法)というものをご紹介したいと思います。体にタッピングするだけで、トラウマ等の精神面のケアに有効で、多くのセラピストさんが採用されています。新潟県中越沖地震やコソボ紛争等でも活躍したそうです。 
○ 緊急災害時のタッピング
http://konoka-clinic.jp/documents/emergency.pdf
○ 動画で見る場合
http://www.jatft.org/stress-caring.html (3と5のタッピングポイントは、上述の「緊急災害時のタッピング」の
ものを使って下さい)

 私が通勤で通るJRの駅のホームには、東北地方の各地の桜のポスターが今でも貼られており、目に入るたびに悲しい気持ちになります。きっと今年も東北の桜は、きれいな花を咲かせることでしょう。優雅な気持ちで眺めることは出来なくても、自然の美しい姿が少しでも皆さんの希望の灯火になることを祈ります。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年3月16日


スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ