東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

ホリスティックウェルネス 代表片平健一郎ブログ

長期間自粛が続いていましたが体脂肪率
いかがお過ごしでしたでしょうか?
新型コロナウイルス禍が落ち着くには数年かかるでしょう。
100年前のスペインかぜは冬季に2年連続ピークを迎えたように、今回も秋から冬にかけて第2波の可能性があります。
 
さて、世界的な混乱の中、日本は爆発的感染の拡大には至っていません。
理由としましてはBCG接種、清潔好き、政治力などがあるかもしれませんが
肥満がすくなく重症化する患者が少ないことも大きな要因でしょう。
 
イギリスの大学の調べによると、
重症化患者(集中治療室に運ばれた)のうち
  ・73%は男性
  ・73.4%が肥満
とあり、肥満が原因となる糖尿病や高血圧といった慢性疾患は新型コロナの重症化リスクであることが知られています。
世界の肥満率はアメリカがダントツの37.3%、イギリはス29.5%の中、日本人はわずか4.4%です。コロナの致死率と関連性がないとは言い切れないでしょう。
 
ですから、感染予防対策も大事ですが、肥満を予防し、健康でいることの方が何倍も重要であると考えます。
 
さぁ、そう分かっていても気が付けば4月はコロナ太りで体重5kg増となり、人生最高体重を一気に更新してしまいました。
まずは自分自身を変えるべく2か月間で10kgのダイエットを決意いたしました!
血管の老化を早める糖質の制限と、筋力をつけるまでです。
ところで体脂肪計を新調したのですが、その最新の精度に驚きました。
乗るだけでスマホと連動し、詳細のデータ分析が可能です。
このような測定器は毎回異なるデータになることが多いですが、南海計測しても同じ数字になります。
つまり再現性が高く、正確なんです。
計測結果は自分自身のスマホとの連動のため、一つの測定器を数百人で使用することも可能です。
 
そしてお値段なんと2,480円!!?
15年前なら5万円してもおかしくはありません。
スマホやテレビなどの技術革新には目を見張るものがありますが、最近最も衝撃を受けた進化でした。
一応現在のデータをエビデンスとして掲載しておきますので、2か月後をお楽しみに!
習慣の平均
体脂肪計

投稿者:katahira  更新日:2020年6月5日



 新型コロナウイルスの脅威が広がっています。
本日アメリカでは
「外出禁止が続く米国に衝撃 自宅に3週間こもり続けた女性が新型コロナに感染」
という衝衝的なニュースが飛び込んできました。
「ブランマートさんは保険当局の指示に完璧に従っていた。3週間前に薬局に出かけた以外は一度も外出せず。配達物もゴム手袋で受け取り、夫とも別の部屋で暮らすという徹底ぶりで自主隔離を貫いていたと記事では伝えている。」
とのことです。
これ以上、私たちは何をすればよいのでしょう。他に何を努力すればよいのでしょうか。
解決の糸口が見当たらない中、
新型コロナウイルス感染の中で重篤患者は糖尿病や心血管の合併症などの基礎疾患を有している割合が高いと云わてれています。
感染するかどうかは防ぎようがないかもしれませんが
慢性疾患を予防し、ウイルスに対して抵抗力を高めることは”意図的に”取り組めそうですね。
私共は睡眠の質を高めることで体温を高め、自律神経や血流を整える提案を16年以上継続しております。
皆様にお役に立てる情報があるかもしれません。
通常は来社いただいた方へ有料で提供している内容ではございますが、この未曾有の事態を社会全体で乗り切るため、zoomを活用し無料で提供いたします。
毎週月曜日の21:00よりzoomにてパーフェクト睡眠の勉強会を行います。
参加費無料。 現在のところ2020年6月末までの限定配信です。
■予定しているコンテンツ(80分を想定)
・新型コロナ感染予防について
・睡眠の質を高める、体温を高めることについての講座
・特別ゲスト紹介、体験談紹介(ご本人にzoomでお繋ぎします)
・パーフェクト睡眠習得講座
・お得な限定情報、その他最新情報告知
・質疑応答
■日 時:
第1回 4月20日(月)21:00-22:20 特別講演:パーフェクト睡眠 提唱者 片平健一郎
第2回 4月27日(月)21:00-22:20  ゲスト:スピリチュアルカウンセラー 大谷マキさん
https://www.musa-rtm.com/
第3回 5月4日(月)21:00-22:20 ゲスト未定第4回 5月11日(月)21:00-22:20 ゲスト:小児科医・医学博士 木林京子先生

※以降 2020年6月29日(月)まで毎週継続いたします。
■進行:進行:石井栄子(美容家)、片平健一郎(パーフェクト睡眠提唱者)
■参加費:無料
■定員:20名程度
■お申込み
お申し込み後、入室できるzoomのURLをお送りいたします
https://www.pmc-tokyo.jp/contents/category/contact/

投稿者:katahira  更新日:2020年4月16日

連日の新型肺炎のニュースは日本人に閉塞感を与えています。
終息を早く願う毎日です。
マスク着用、うがいなどの自己防衛は当然のことですが、感染し重篤な状態になるかどうかは自己免疫力と深い関係があります。
厚生労働省が勧めるインフルエンザの自宅療法は十分な栄養と休息です。
私たちは睡眠のプロとしてどのような状況下であっても立ち向かえるよう、睡眠によっ免疫力を高める方法をお伝えしいます。
そもそも人間の体は、ウイルスなどの異物を見つけると、免疫細胞が協力して外敵を発見し、情報を伝達、攻撃して排除する、素晴らしい防御システムをもっています。
免疫細胞は、血液やリンパ液を通じて全身をパトロールしながら病原体から体を守ってくれています。
ところが、睡眠が不足するなど生活が乱れると、免疫機能はうまく働きません。
風邪をひくと眠くなりますよね。
医者からも温かくして眠るように言われます。
これは睡眠をとることでウイルスと闘う免疫力を高めることができるからです。
また、免疫細胞を含む血液は主に骨髄で作られますが、立っている状態では重力の影響を受けて骨髄が緊張するので、造血力がガクンと下がります。体を横たえてリラックスすると、血液はスムーズに作られます。
寝不足が続くと、骨髄が新しい血液を作る時間が無くなり、汚れた古い血液が使いまわされることに。
「骨休み」という言葉がありますが、骨髄を温めて、休めることが理想です。
免疫力を高めるにはまずは睡眠なのです。
そしては私たちは「あーよく眠れた」という単純に十分な睡眠時間で得られる効果を遥かに凌ぐ、『パーフェクト睡眠』を提唱しております。云わば赤ちゃんのような至高の眠り。
ウイルス対策にももちろんですが、この予測不可能な未曾有の世の中で生きていく上での「免疫力を高める眠り方」は身につけて欲しいものです。
 

da83c3c6a3c164aa25ba5579e8426b93_t
 

 

 

meneki
 

 

 

 

投稿者:katahira  更新日:2020年2月24日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ