東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601


アーユルヴェーダの古典『アシュターンガ・フリダヤ』総論編第7章に、睡眠について以下のような記述があります。
(※アーユルヴェーダ:インド伝承医学)

「幸福、不幸、滋養、痩身、体力増大、体力減少は睡眠の支配下にあり、精力増大、精力減退、有知、無知、生存、死も睡眠によってコントロールされている」

 すなわち、睡眠を制する者は、人生を制する ということなんです。

 睡眠は、毎日の健康のためだけでなく、長い目で見れば長生きと若返りにまで関係します。
寝不足は、長期的にみると特に自律神経に悪い影響を与えます。また、動脈硬化が進むので、高血圧の人は夜更かしをしてはいけないとも言われています。
かといって寝過ぎはよくありません。寝過ぎることは、経路の閉塞を起こし、栄養素や老廃物の輸送が円滑に行われなくなって、様々な病気に結び付くと言われます。また、精神面では、無知・無学をもたらし、ネガティブな気持ちを心に増やすので気難しくなったり、自己中心的になったりすると言われます。(アーユルヴェーダ)

 

●起床・就寝時間

アーユルヴェーダでは、望ましい起床・就寝時間を定めています。

最も理想的な起床時間は、スピリチュアルなエネルギーがあふれる時間。
それは、「日の出の96分前(1時間半前)」なのですが、これはなかなか酷な時間ですね。
目安としては、6くらいととらえても良さそうです。(望ましい睡眠時間は約8時間。)

この時間は、「夢が実現する」起床時間 らしいですよ。

早朝のことを「宇宙意識(ブラフマン)」の時間、英知の時間」というそうです。宇宙意識の波動と私たちの波動が統一されやすい時間であることから、そのような大事な時間を眠って過ごしてはいけないとされています。この時間を起きて有意義に過ごしている人は、破壊的な行為が減り、その人生からは事故や失敗がなくなって代わりに知識にあふれた幸福な人生が送れる、というのです。

ここまで知ってしまうと、なんとか早起きも頑張れそうな・・・。

 

寝る時の姿勢

古典には、「○○を守る人は100歳まで生きる」と掲げられている中の一つに、
「左わきを下にして横向きに眠る」ことが書かれてあるそうです。

人が呼吸をしている時、右鼻の息が温性(太陽)のエネルギー、左鼻の息が冷性(月)エネルギーをそれぞれ代表しており、睡眠中は知らないうちに冷性のエネルギーが優勢になり、この状態の時に代謝機能が落ちると言われています。
ところが、左わきを下にして横向きに寝る姿勢を保っておくと、右の鼻孔で呼吸を(温性)することが優勢になり、体内の代謝がよく行われ、経路の運送が上手に行われるようになるとのことです。

注:寝つきの悪い人は、これとは逆に、右側を下にして、冷性のエネルギーを優先して寝ることが勧められています。

 

●寝る前の振り返り

平和を望み、感謝して明日からのことをボジティブに考える、この少しの時間を持って眠ることをアーユルヴェーダではとても大切にしています。 

----------------------------------------—

上記内容は、アーユルヴェーダのクリシュナ先生の著書である『アーユルヴェーダの強壮学』に書かれています。かなり前に購入したものですが、今読み返してみて以前より深く納得し、新たに意識して実践しようと思うこともいくつもありました。

昔、クリシュナ先生の講義を何度か受けたことがあるのですが、とっても頭の切れる方で、そのことにいつも大変驚いていました。理論的に分かりやすく、無駄のない日本語、そしてリズム、終了時間に1分と違わずまとめ上げるその知的な技能はどこらか生まれるのか???  いつも不思議に思っていました。
その明晰な思考回路と言動の源は、もしかしたら睡眠にあったのかもしれないと今ふと思います。

この度、弊社代表・片平の共著『100歳まで元気でぽっくり逝ける眠り方』が発刊されましたが、睡眠の重要性を自律神経・血流・代謝等の側面から生理学的に分かりやすく説明してあります。また、睡眠状態をいかに理想的な状態にもっていくかを実践例等も交えて掲載しております。ご一読いただければ幸いです。

睡眠の重要性は、古代も現代も変わることがありません。

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2013年11月11日

『100歳まで元気でぽっくり逝ける眠り方』



この度、共著ではございますが初の本の出版の運びに恵まれました。

これもひとえに、皆様のご支援の賜物と重ねて感謝申し上げます。

あさ出版より『100歳まで元気で ぽっくり逝ける 眠り方』という本です。
書店に並びはじめるのは11月6日以降を予定しています。

 

 

安眠ドクター:大谷憲氏との共著です。

私はこれまで5000人以上の人々へ血流カウンセリングをしてきた立場より血流コントロールについて担当させていただくことになりました。

 

タイトル『100歳まで元気で ぽっくり逝ける 眠り方』
何度見ても過激なタイトルです(笑)。「ぽっくり」は企画段階から出版社の強い要望でした。
最初は「ぽっくり逝ける睡眠」のようなタイトルでしたが「“ぽっくり”が独り歩きし、不快感を与えないか。」「入れる、入れない」などの議論が起こり、最終的に「100歳まで元気で」と最初に持ってくることにより「ピンピンコロリ」的な意味合いに収まりました。

日本は確かに世界一の長寿国かもしれませんが、寝たきりの期間も世界一です。

医療で生かされた長寿なのかもしれません。

 

健康でいきいきとした毎日を過ごし、寿命をまっとうした後、ある日眠るように逝く――これが私たちが考える「ぽっくり」です。

社会へ一石投じるため“ぽっくり”にこだわりたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国や市町村の財政が、医療費や介護費に圧迫され財政難に陥っています。

どの行政も理屈ではわかっていても削減まではできません。

 

解決策は簡単です

 

一人ひとりが健康になり、生産人口を増やすことです。それが誰とも対立しない建設的な提案です。日本の最重要課題はここにあります。

本書を実践していただくことで健康問題以外への波及効果も生まれます。交通事故や過失が減り、交通事故や暴力をも防ぐことができるでしょう。子宝にも貢献し、子どもは学力が向上します。脳が明晰になり、能力も向上します。「睡眠の質が高める」、「自律神経が整う」ということはそういうことです。

私は医者ではないので治療はできません。しかし、健康を取り戻す実践的な提案を数千人に対して行ってきました。

大学での専攻と上京後に就いた仕事は建築設計でした。しかし、「日本に課された最優先課題が人々を健康にすることだ」ということが私の心の中で明確になり、10年前からこの分野に全精力を注いでいます。

本書は、お年寄りの方はもちろんのこと、加齢による老化が進む30歳代後半以降の方にも読んでいただきたいと思っています。病気になってからでは手遅れになる場合があります。健康なうちにできることから始めることが肝心です。

人によって寿命が違う理由は、「寿命=実年齢」ではないからです。

日本人の死亡原因を分析した結果、血管年齢の老い具合によって寿命が決まるのがわかっています。
寿命は血管年齢と関係しています。

私たちの健康法を実践している人は、皆さん血管から若返ります。
日本人の死亡原因の中で老衰死はわずか4.2%に過ぎません。ほとんどの方が病気の状態を経て病院のベットの上で最期を迎えます。

本書に書かれている内容は、今日からすぐに実践できます。ぜひ皆さんには、死亡原因4・2%の中に入ってください。そして、4・2%の割合を増やすことができれば、日本には明るい未来が待っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月1日(日)に出版記念講演・パーティーを催させていただく運びとなりましたのでご興味ある方はぜひともよろしくお願いします。

投稿者:katahira  更新日:2013年11月3日

前回の台湾出張から1年半。http://blog.holistic-wellness.jp/katahira/2132.html



舞台上で観劇させていただきました



今回は台湾の呉鍚銘先生のお招きを受けて世界和平連盟の二万人規模の大会の式典に参列させていただきました。

連盟が支援している子どもたちの歌、踊り、演奏のほか、台中市長のスピーチ、打ち上げ花火など24時間テレビのような派手な演出が続々。日本からのご一行16人は舞台上の来賓席で観劇。その後も最大級のおもてなしを受けました。そして台湾人は日本人に皆とても優しくしてくれる。これが本当の「お も て な し」と気が付かせてくれる。
台湾の随一の公益法人。とにかく日本では考えられない規模で社会貢献活動をしている。

2万人規模の大イベント



 

 

 

 

 

その翌日台中の民族博物館などを観光後、台北に移動し講演会。

「睡眠」と「血流」による体質改善法は万国共通。講演後、この注文殺到の様子!

そこでいただいた呉先生のコメントは以下の通りです。

「アルファースリームは良い商品。医学的にもとても良い効果があり、私は全部購入し、使用しています。

友人にも勧めています。良く眠れるようになりました。

アルファースリームは夏の暑い時は熱を和らげてくれます。

 気功をする時間を長くできるようになります。アルファースリームと気功を併用するとよもよいでしょう。

 アルファースリームに寝るだけで健康になります。

 身体が弱い人はアルファースリームを使うとよいと思います。」

 


講演後この殺到!
 

気功を行うことで副交感神経が優位となり、脳内アルファー波が誘発される。
それと毛細血管の血流をスムーズにすることはイコールのようです。

呉先生は日本にとてもゆかりがあり、趣味は日本国内の寺院巡りと話しています。
来年3月以降は日本滞在の機会も増えるとのことで今後も楽しみです。

表彰状の数々



呉鍚銘先生プロフィール う・ようめい 

世界和平連盟WPL総帥。中華民国大日如来沸学総会理事長。国連国際交流医科大学医学博士。アメリカ東洋医学博士。台湾大学政治研究所主席法学博士。国際各大学院長・教授、など。
2001年、呉?銘博士教授は国連NGO世界和平教育者国際協会IAEWP世界総会の常務理事及び台湾会長を担当した後、世界和平連盟WPL総帥を創設。
「真の世界平和は一人ひとりの健康から。」という理念の下、気功術の大家でもあり、世界中に40万人の生徒を持つ。

 

台湾で48カ所の支部を展開



世界和平連盟とは http://www.worldpeace.org.tw/
呉先生が世界平和の為に設立した世界和平連盟は台湾の20の社団法人、世界の10の大学連盟や国内の300の公益慈善団体を統括している台湾の三大公益慈善団体の一つです。台湾を中心に青少年犯罪者の指導、貧困学校建設支援、災害疫病の援助ほか。


 

 

「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった九分



 

 

 

 

 

投稿者:katahira  更新日:2013年11月3日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ