東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601












最近は「被災地」というコトバを聞くことが少なくなってきましたが、いまだなお、被災地・東北の人々のためにボランティア活動を続ける人々がいます。

昨日は、「豆種菌」さんという発酵食堂で被災地に届ける発酵食づくりのお手伝いをしてきました。
「豆種菌」さんでは、毎月1回200~300食の発酵食をボランティアの人と共に作り、被災地へ送り届けています。

私がお店に到着したのは、15時5分過ぎ。午前中の用事が延びに延び、5分遅刻。既に6名の方が昆布を手で細かくちぎっていました。私は早速仲間に入り、昆布ちぎりを始めました。おしゃべりで賑やか。午前中に受けた中華のひしお講座の話や、今日迷って行かなかったイベントの話、被災地の話などしながらも、皆の手はせっせと動いていました。そのうち、慣れている一人が、ジップロップに食材の名前を書き始めました。さすが、先輩ボランティア。1歩リードです。

私を含めて3人は、次に焼いてほぐしたサケとちぎった昆布ともろみなどを混ぜてねる作業をしました。そして、最後に味見です。なんとも香ばしい味 ! きっと、食べてもらうころには、熟成して更に深い味になっていることだろうなどと想像しました。私たち3人が食材をねっている間、別の人たちが食材を入れやすいようにジップロップの口を大きく開けてくれていました。

ここからは、できあがった食材を丸めてジップロップの袋に入れる人と、それを平らにして空気を抜き、封をする人に分かれて流れ作業です。
料理長の伏木さんは、野菜とキノコ類の仕込みです。大なべの中に切っていれられている野菜に味噌等で味をつけ、更に調味料をつけたし、混ぜ、そして味見をする━の繰り返し。夕方6時の営業時間でに終わられなければならないので、大急ぎ。

味見をした野菜グループの一人が、「これ、小さい子には辛いかも。」との発言。
「気分を引き締めるためには、たまにはいいんだ ! 」と伏木さん。確かにそうかも、と私も納得。(私には、美味しかったですが・・・)

用意した発酵食は、
  ・サケをベースにした発酵食
  ・野菜をベースにした発酵食 2種
  ・キノコをベースにした発酵食

(じゃこの発酵食を作る時は、かなりお時間がかかるそうです。)

営業時間前に無事終了。
豆種菌特性のフルーツ甘酒をいただき、ホッ。

この日は、ボランティアがとっても少なかったと聞きました。多い時は、お店に入りきれなかったとか。私は、ただ用意された場所に行って、ちょっと作業を手伝っただけでしたが、継続して、支援活動の準備をされる人々の決断力と行動力には、頭が下がります。 

広島の原爆のとき、味噌(発酵食)を食べた人が生きながらえたというお話が広く伝わっています。
発酵食がデトックスや滋養強壮の要になってくれることでしょう。

(弊社では通常「醗酵」いう文字を使っていますが、豆種菌さんの表記が‘発酵食堂’となっていますので、今回はこちらの文字を使いました。)

投稿者:高井貴容  更新日:2011年11月24日

 
先週末は福祉機器展という展示会で福岡県北九州市へ。5年前にアルファースリームのPRで知り合ったお客さんのご家族が奇跡的な回復を遂げ、販売店となり、今回なんと出展するというので応援に出かけた次第です。さらにそのスタッフ5人全員がさらにお客さん!資金力も実績も少ないので他の企業からすると力では勝ち目がありませんが、スタッフ全員が真剣に自身の体験談を語る姿には胸を打たれます。出展ブースの中で圧倒的に一番賑わっているブースでした。

その出展者とは北九州市在住の岩永和子さん。広告代理業、不動産業など手広く手がけている女性経営者です。

ネット上なのであまり深くは書けませんが岩永さんの長文の体験談のうち見出しだけ転機します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知らない事の愚かさ・・・介護は、想像を絶するものでした。

私は、いくつも仕事を抱え日々、暮らしていました、そんな時に父が倒れ、2005年10月犬の散歩中転び、頭を強く打ち血を流していたにも関わらず放置して居たことで、歩けなくなり病院へ

運命の出会い・・・2006年11月西日本総合展示場の福祉機器展でアルファースリームと出会いました。

(中略)
父に試したところ、直ぐに寝てくれ、介護が楽になりました。母に試したところ一週間でヘモグロビンA1c数値が下がったせいか、医師から何か飲みましたかと聞かれました。一番驚いたのは糖尿病で、壊死しかけていた足の中指が三カ月で、綺麗になった事でした。もう衝撃でした。

(続く)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当によかったです。

ところで昨日、コンビニでいい本を見つけました。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309651491
血液を改善すれば健康で生きられる
身体のあらゆる不調の原因となるドロドロ血液。「血液さらさら」をいち早く提唱した岡田・三浦両医師が「血液をドロドロにしない方法」を最新の情報と豊富な図版で、わかりやすく伝授!」

あなたの血液、汚れたままで全身をめぐっていませんか?がん、脳卒中、心臓病、糖尿病、肝臓病、婦人病…を防ぐために。東洋医学が教える健康維持・長寿の知恵。



まさにそのとおり!
よくぞまとめてくれた!と思える秀作です。

大人一人当たり10万キロメートルに及ぶ血管のうち90%以上が毛細血管であり、細胞との物質代謝は毛細血管を通じで行われます。健康で長生きするためにも、記憶を整理し、脳をフル活用するためにも血液改善法をお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 


 
  人体の中で一番細い毛細血管。血管の長さの90%以上を占める

投稿者:katahira  更新日:2011年11月23日













11月11日は「靴下の日」です。ご存知でしたか? 

日本靴下協会では1993年に11月11日を「靴下の日」に制定。靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることに由来しているとのこと。1年に1度、同じ数字のペアが重なる日であることから、恋人同士(ペア)で靴下を贈り合おうと呼びかけているそうな。更に男女がペアになって一組の家庭をつくり、沢山の子供が育っていくことを象徴し「ペアーズデー」とも言われているそうです。 

昔は、靴下といえば、もっぱら指が分かれていない先丸靴下がほとんどでしたが、最近は様々な靴下がお目見えしていますね。

私は社会人となっても、ストッキングをはく以外は、いわゆる白のスクールソックスを愛用していたのですが、2、3年前から何故か靴下マニアとなり、いろんな靴下を楽しんでいます。

<型>

●先丸靴下
何といっても、はき易さが一番 ! 
厚地のスポーツソックスは、足全体を包み込んでしっかりサポートしてくれるのが心地よくて好きです。夏は、暑苦しさを感じてしまうので、丈の短いスニーカーソックスがgoodです。 ただ、地が厚いと靴を選んでしまいますね。出番が一番多いのは、やはりスクールソックス程度の厚さのものです。

● 足袋型靴下
足袋の靴下版。つまり、親指と他の4本指が分かれている靴下です。
これもかなりお気に入り。決して足を締め付けてはいないのに、ほんの少しの緊張感をあたえてくれる感じがします。
最初に購入したのは、柄物。これは見た目はかわいいのですが、結構靴下の内側で刺繍の糸がポコポコしており、足を入れるときに爪を引っ掛けやすいのが少し難点。でも、気持ちいい~。

● 3本指靴下
親指、小指、中3本の指が分かれた靴下です。
足裏のバランスを整え正しい歩行ができるようサポート機能を加えた靴下です。なかなかユニークですね。
結構サポート力が強くて、履くのにコツがいります。実家近くのフットケアのお店で扱っており、なんとなく買ってみました。出番がちょっと少ないです。

● 5本指靴下
健康志向の人に人気がありますね。
私も何足か持っていますが、先丸靴下に比べ、指を1本1本入れるのが面倒で、苦手。でも、履いてしまえば、こっちのもの。そこそこ気持ちいいです。汗をたさんかきそうな時に履いています。 

<素材別>

●スクールソックスタイプ
無難でいいですね。

●綿100%
伸縮性がなくて、違和感がありました。足袋型靴下だったので、指間が痛くなってしまいました。高級な綿だったのですが・・・。

●麻
汗をたくさんかいた時にべとつかず、夏によく履いています。

●シルク
肌にいいのですが、弱いのが欠点。

● ウール
冬の重ね履きに便利ですね。

●竹布
まだ試していませんが、いつか履いてみたい !

● 特殊バーション → 内側がシルク、外側が綿
最近のお気に入りです。ほんわか柔らかで気持ちいいですよ。

● 特殊バージョン → トルマリンを練り込んだシルク
やわらかい感触で気持ちいいです。1週間くらいは履きっ放しでもいいと言われましたが、さすがにそれは抵抗があります。

● 特殊バージョン → 銅イオンを練りこんだシルク
静電気を防止するという文句に魅かれて購入。電磁波をいっぱい受けているので、体内静電気が抜けることを期待していますが・・・。

たかが靴下、されど靴下。足元が変わるだけで、気分も変わります。
心地よい靴下を見つけてみてはいかがでしょうか。 

‘冷え取り法’で有名な4枚重ね履きを、私はまだ試していないので、今年はトライしてみようと思います。(シルク→綿→シルク→綿あるいはウール)

投稿者:高井貴容  更新日:2011年11月11日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ