東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
110117saruta-seminner1
                                                         昨日は、事務所にてウェルネス講座を開催いたしました。講師はエネルギー療法士の猿田友氏。

お話は、健康になるための3条件から入りました。その3条件とは1.正しい知識 2.無理のない努力 3.本物商品に会う(または良い食事) の3つを挙げていらっしゃいました。皆さんは整っていらっしゃいますか?

生活習慣病として取り上げられたのは、「脳梗塞」。「脳梗塞」というと、年を重ねてからなる病気だというイメージが強かったのですが、いまや未成年でもなる人が出てきているとか。猿田氏はコンビニ食や睡眠不足が原因と考えられていました。怖いことですね。コンビニなどでたまに‘保存料ゼロ’などと謳っているものがありますが、その代わりに‘ph調整剤’を使っているので、体に優しいわけではないそうです。変に‘ナチュラル’を謳い文句にするだけ、たちが悪い広告宣伝になってしまいます。賢い消費者にならなければなりませんね。

生活環境や電磁波が脳に与える影響や場のエネルギーについても特に詳しくお話いただきました。 どんな部屋で勉強すると成績が伸びるとか、照明の話、お清めの話、パワーストーンのお話、寝室のお話、引っ越すときの家の探し方、携帯電話の弊害など、様々な事例をまじえ、時にはキネシオロジー(筋肉反射テスト)で確認したり、目を閉じて楽しいことを連想した後の場のエネルギーを感じてみたり・・・

参加者の方からの発言や質問も多く、みなさん熱心でした。

お聞きした中で、一番びっくりしたのが、家の中でIH炊飯器を使用していると体調が悪くなるので、ベランダのコンセントにさして炊飯しているという参加者の方のお話です。電磁波に敏感な人はカラダに悪い物がすぐわかって便利だけれど、カラダが持たなくて大変だ~。(離れることも電磁波対策ですね。)

講師の猿田友氏は、もともと弊社のお客様でもあります。普段から裏付けされたいろんな情報を教えてくださり、またご自身が全てを実践されており、本当に頭が下がります。決しておごらず、謙虚。過去には世界一周をするピースボートに参加されたり、昨年はフィリピンで心霊治療を受けられたり、インドでサイババに会ったり、いろいろと貴重な体験をされています。

そんな猿田友氏のブログも是非読まれてみてください。
http://ameblo.jp/zendamakun/

この日の夕方、来客がありました。事務所に入られた途端、「すごいエネルギーを感じる」とおっしゃっていました。猿田氏の講座のおかげだと思います。ありがとうございます。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年1月17日

110106ai                                                    

マドモアゼル・愛さんは、名前のイメージとは違いダンディな紳士の占星術師さんです。日本の天文歴を最初に手掛けられたことで有名で、占星術に裏打ちされた近未来予測には定評があると知り、お話を聴いてきました。 

2011年は、天文学的には、多くの大惑星が運動星座(ガーディナル)と呼ばれる物事を実現させる星座に集中し、とにかく何かが始まるそうです。

占星術は天体の運行と地上の現象には相関関係があるということが大前提です。この天体の動きからどんな現象が考えられるのでしょうか? 

世界情勢的には、金融の危機が訪れると予測されていらっしゃいました。春分、夏至、秋分、冬至あたりがポイント。歴史的には、物事はアメリカから始まる・・・。

個人の活動に関しては、物事の達成が通常の3倍以上速くなるそうで、それは善も悪も同じことが言えるそうです。

2011年の変化をうまく乗り越えられない人にとっては、どんどん住み辛い世の中になっていきます。ダメなもの・不要なものは手放す、本当に大切なことだけを日々の中心に据えることが大切だというアドバイスがありました。Simple is Best ! ということですね。 

今回は、年始ということもあり、マドモアゼル・愛氏の趣味である和歌を披講していただきました。そして、参加者の私たちも初めていろはの歌を声に出してはもったのです。母音というのは伸ばせば倍音が出やすい音であり、最も倍音が出やすいのは「い」とのことで、実際発音してみると、カラダ中に響く気がしました。ちょっとおおげさですが・・・宇宙とつながっているような感覚を受けたのです。 

これからの時代、固形物から波動へ移行する流れがあるというお話も聴きました。(固形物という表現がおもしろいですね。) その波動の例として、「歌」「音」を挙げていらっしゃいました。声はその人を現すものであり、歌うことは魂の浄化につながり、微細な音は細胞に響きわたるものだと思います。宇宙から生まれおちた私たちは宇宙の波動と共振共鳴することで、本来の自分自身を生きることができるのではないでしょうか。また、宇宙につながりやすい方法として「歌」や「音」があるのではないでしょうか。

マドモアゼル・愛氏は、宇宙と響き合いながら生きていらっしゃる素敵な方でした。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年1月6日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ