東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

乾燥対策━髪 編

冬のカラカラの空気で、髪や頭皮が乾燥していませんか?

髪や頭皮が乾燥すると━
・フケが目立つ
・髪がぱさつく
・枝毛・切れ毛が目立つ
・静電気が起こりやすくなる → 摩擦でキューティクルがはがれる → 髪の水分が蒸発し、乾燥が進む 

冬の髪と頭皮の乾燥対策をしましょう! 

●シャンプーに要注意!
シャンプーのし過ぎは、頭皮の皮脂を奪い、髪にダメージを与えてしまいます。

清潔に保っていれば、お湯洗いの日を作ってもいいのではないでしょうか。

刺激の強い洗浄成分が配合されているシャンプーは、肌が乾燥しやすくなってしまうので要注意です。

良質なシャンプーや、ハーブパウダーをお湯に溶いた泡立たないハーブ洗髪がお勧めです。
ハーブパウダー洗髪に慣れてくると、シャンプーの間隔があいても髪を健康に保つことができるようになりますよ。

・参照:「ハーバルブレンド」美容セラピストもお勧め

65379871_th


●熱いシャワーに要注意!
熱すぎるシャワー・強すぎるシャワー圧は、必要な脂質までも洗い流してしまうので、乾燥を招きます。
38度位がよいと言われています。

 

●塩素に要注意!
塩素の入っている水道水をそのままシャワーとして浴びていたのでは、せっかくシャンプーにこだわっても効果が半減してしまいます。

残留塩素が多く残ったままだと、髪のキューティクルや皮膚細胞を傷つけ、枝毛や乾燥の原因になってしまいます。

浄水シャワー「ウォーターセラピィー」がお勧めです。

19364334_th[1]

 

●「頭皮マッサージ」のすすめ
頭皮が冷えると、血行・皮脂分泌が悪くなり乾燥しがちに。

頭皮マッサージで血行を促進しましょう。
オイルを使った頭皮マッサージが最適です。
保湿効果とともに毛穴の中の汚れを取り去る効果もあります。

また、アーユルヴェーダでは、感覚器官が集まる頭部(脳・目・鼻・耳・口)にオイルマッサージをすることによって滋養を与えるということは、髪と健康にとって重要なことと考えられています。

ゴマ油をベースに丹念に作られた「美らさーやな」オイルがお勧め。

65380696_th[1]

 

●髪と頭皮に栄養を与える
はがれたキューティクルを吸着させるのに、髪に栄養分を与えましょう。

オイルマッサージ等のあとに「蒸しタオル」や「シャワーキャップ」等で保温すると浸透力もよく、効果的です。
「ヘナ」等のインドハーブでパックするのもお勧めです。

65413308_th

 

●タオルドライを丁寧に!
タオルドライの時にゴシゴシこすってしまうと、表面のキューティクルが傷み、毛髪の内部の水分が失われてしまいます。
タオルで髪の毛をはさみ押すような感じで水分をふきとりましょう。

 

●ドライヤーの使用を丁寧に!
髪が濡れている状態はキューティクルがはがれやすく傷みやすいので、髪は乾かしてから寝ましょう。とは言っても、ドライヤーのかけすぎは乾燥を招いてしまいます。
地肌を乾かすように、根元から乾かしていきましょう。
少し湿っている程度で終了しても大丈夫。

温風だけじゃなく、途中で冷風にしたり、温冷を交互にして当てると、キューティクルが閉じてツヤが出ます。

●「ブラッシング」のススメ
ブラッシングには、頭皮や紙の根元の水分や皮脂を全体にまんべんなく広げて、血流を促進する効果があります。
いきなり根元からブラッシングすると、毛根を傷めたり切れ毛の原因となりますので、毛先をほぐし徐々に根元に向かって、最後は根元から毛先へブラッシング。
(洗髪中のブラッシングは、キューティクルを傷めてしまうので要注意です。)

 

●ブラッシング専用ブラシの使用
静電気が起きにくいブラッシング専用のブラシを使いましょう!
木製、猪毛・豚毛等の天然毛、静電気防止加工がされているものなどがお勧めです。

 

●髪を覆う
屋外では帽子を被る、スカーフを巻くなどして、乾燥した風から髪と頭皮を守りましょう。
風を防ぐだけでなく、適度な湿度を与えて乾燥を防ぐことができます。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2015年2月14日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ