東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
6月12日に行われた日本催眠応用医学会の学術セミナーにおいて研究成果(!?)を発表させていただきました。

船堀タワーホールの会議室で行われました



理事長の齋藤道雄先生に「マジックとパントマイムの漫才をしてくれないか?」と3ヶ月前に難解な依頼をいただいた頃はまだマジックの覚えたてで、人前で演じるような技術はありませんでしたが、猛特訓の成果で何とか台本をまとめ、ショーとして完成させることができました。台詞が飛んだところも多かったですが無事に終えることができてホッとしています。

日本催眠応用医学会は代替医療として「催眠」を活用し、病気の回復や症状の緩和を目的としています。催眠状態になると脳波がアルファー波となり、毛細血管の血流量も増えるのです。相方のパントマイマーの角田さんと「催眠の効能」や「血流促進の重要性」をマジックとパンパマイムをうまく活用し、お笑いの要素をふんだんに取り入れながら分かり易くまとめました。今回一番受けたところは意外に新潟大学の安保徹教授の物まねでしたね。

発表後、ありがたいことにいくつか出演依頼をいただきました。「健康」関連の事業やイベントをされている方はぜひ活用いただければ幸いです。

前回の学術セミナーレポートはこちら
http://blog.holistic-wellness.jp/takai/600.html

学会のHPはこちら
http://nihonsaimin.web.fc2.com/

血中コレステロールが増えて血球がでっかくなっちゃった!ついでに耳まででっかくなっちゃった!



 

3回深呼吸をするとカラダ中の酸素が入れ替わります。帽子を使って血液サラサラのマジック。



 

クスリはリスクのコント



 

その後講演で誰でもすぐにできるマジックのネタを披露



 
毛細血管血流観察の補足説明

被災地でのボランティア活動の報告



懇親会時では歌の物まねショーをさせていただきました(桑田、氷室、ユーミン、吉川、尾崎など)



 

トリは角田崇さんのフラメンコショー!皆さん酔いどれていました。



動画「ココロとカラダを癒す血流促進セラピー」
教授:片平健一郎  生徒:角田崇
(前編)
http://www.youtube.com/watch?v=E75je0JLpI4
(後編)
http://www.youtube.com/watch?v=5Mbu4oqJaXM

片平健一郎の尾崎豊ものまね
http://www.youtube.com/watch?v=HjQouHcNqFk

投稿者:katahira  更新日:2011年6月15日



パッチ・アダムス氏のワークショップとクラウニングウォークに参加してきました。

私のパッチ・アダムスさんに関する知識は、‘赤鼻をつけ、ユニークな服をまとい、人々を癒すお医者様’という程度でした。日本では、精神科医の越智啓子さんが似たようなことをされています。

2年前のイベントの際には、申込みが遅くなり満員で参加できなかったこともあり、今回は大慌てで申込みました。そして、なにやらおまけについている「クラウニングウォーク」というものも、人数限定という文字を見て勢いで申し込んだのです。健康的だし・・・。
しばらくして、主催者から連絡があり、「派手な格好で来てください。明るい色のTシャツとか、ちぐはぐな靴下をはくとか・・・。」「・・・? ? ? 」何のことやらよく理解できなかったのですが、以前、越智啓子さんがペンギンのぬいぐるみを着て登場してきた舞台(講演)を見たことがあったので、動物になればいいんだと勝手に思い込み、ドンキ・ホーテで、パンダの顔シールを購入したのです。



さて当日、集合場所の日比谷公園に行くと、滅茶苦茶派手な集団がいるではありませんか。黄色や赤、頭を含め

全身が色とりどり。うぅぅぅ・・・。なんとも地味な私。ちょっと場違いな格好で、恥ずかしくなってしまいました。その時、頭をよぎったのが、代表・片平が最近よく毛細血管の説明に使っている赤いスポンジの球。あれを借りてくれば良かったと悔やみましたが、もう遅かったです。



 

そんな地味な私でも、「写真、いっしょに撮ってくださ~い !」と言って寄ってきてくれた2人組がいました。見事に作られた双子もどきの衣装。あっぱれ !   お2人は髪の毛を頭の上で2つに結っていたので、パンダの私と合わせて中国系3人組ということで、パチリ写真におさまりました。

 

時間になり、パッチさん登場 !
テレビ局の人などが撮影に来ていました。
今回のウォークは特に、東日本大震災もあったことから、がんばろう日本 !  がんばろう東北 ! という思いを込めて出会った人々に挨拶をして楽しく歩くという趣旨でした。
しばしお話を聞いてから、参加者50人とスタッフがグループごとに別れて出発。
公園の警備さんに「明日、シールをとってもパンダのままだよ~。」とからかわれ、一瞬何のことかわからず、10秒後に気付きました。‘あっ!  このまま日焼けしてしまうと、すごいことになってしまう ! ’いつものごとく、化粧は薄く、ほとんどしていないも同然の私。またもや手遅れ。



日比谷公園から宝町という駅までゆっくり歩いたのですが、その区間は銀座です。朝10時の銀座は、お店の人や、配達の人、建設工事の人、道行く人がチラホラいました。目立つ格好をしているので、皆が注目してくれます。帝国ホテルの中でくつろいでいた人が手を振ってくれたり、警察官の人から激励の言葉をかけてもらったり・・・。「おはようございま~す。」というと、ほんの少しの人は横目で見て過ぎ去って行きましたが、ほとんどの人は挨拶を返してくれたり、「何やってるの ? 」とか、「一緒に写真とって ! 」と言って、近寄ってきてくれました。

一人だとこんなことはなかなかできませんが、変装している上、仲間がいると心強いです。

 

程良く歩いたところで、今度は電車で移動です。写真では騒いでいるように見えますが、ちゃんとマナーは守っていましたよ。



お昼近く、ワークショップ会場近くの広場に到着。

 参加者260人ものワークショップに参加したのは初めてです。
渡された紙に、パッチさんからの問いかけに対し、その答え(自分のこと)を記録していきました。また、いろんな人とペアを組んで、パッチさんから出されたテーマについて自分の経験をシェアしました。

 私の近くにいた人は、看護士さん、学校の先生を定年退職した人、会社員兼ボサノバシンガーさん、鍼灸師さん等々。帰りにいろいろお話をしました。みんな不思議な格好をしていたものの、考えたり活動していたりすることはとてもハイレベルで驚きでした。統合失調症の人のこと、薬のこと、心理学のこと等。

 自分に向き合い、そしてまわりの人々と向き合った一日でした。心は、全快晴 ! 状態。
どんな人にも自分から心をオープンにすること、そうすることが出来た時のすがすがしさ、人と語り合うことの心地よさ、人の心の痛み、自分が人にできること等、改めて考えさせられ感じさせられました。 

自分を愛すること、人を愛することの大切さを多くの人々に伝えるのがパッチさんの活動の核なのだと感じました。肉体や心が病んだ人にとって、医学的な治療や薬よりももっと大切なもの、それは「愛」「笑顔」なのだとご自身の活動を通じて教えてくれています。 

パッチさんのDVDや本が出版されています。改めてじっくりとパッチさんのことを知ろうと思いました。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年6月14日

来る6月12日に行われる日本催眠応用医学会で「ココロとカラダを癒す血流促進セラピー」をマジックとパントマイムを取り入れたコント形式で演じさせていただきます。
パントマイマーの角田さんとは8年来の仲ですが猛特訓の成果?でコンビネーションもばっちりです。マジックとは新しい視点を見せてくれる素晴らしいコミュニケーションツールですね。

風船を使ったマジック。棒と紙テープが貫通?



血流を促進し、体温を高め、免疫力を高める仕組みを講演会等でお話させていただいておりますが、それをいかにして分かり易く伝えるかを日々試行錯誤しておりました。マジックでただ遊んでいる訳ではないんです。このお話をいただいた3ヶ月前には全く台本もスキルもありませんでしたが、このたび30分のショー形式にまとめることができ大変うれしく思います。
機会があれば出張いたしますのでお気軽にご連絡ください!誰もが必要な「健康」について演じます。

<<<マジックを教えてくれた方々>>>

■齋藤道雄先生
日本催眠応用医学会 理事長
そもそも齋藤先生に「マジックをやらないか」と誘われました。2010年9月のこと
http://holistic-wellness.jp/shopping/periodontitis/interview.html

■大多和國男先生
齋藤先生のマジックの師匠。毎月弊社で行っているマジック講座の講師です。
体操競技(器械体操)の第18回東京オリンピックの最終選考まで残った実績がある方です。ヨーガやストレッチ体操、呼吸法や自律訓練法の普及に勤しむと共にマジックを癒しの効果として取り入れています。

■中辰哉さん
プロマジシャンとして幅広く活躍されています。目の当りでイリュージョンマジックを見て衝撃を覚えました。マジックスキルを高めたいときっかけを作ってくれた方。
http://hearty-c.com/communication/

■笑太夢(しょーたいむ)さん
大多和先生にご紹介いただきました。エコロジカル・マジックショーを手がけるプロマジシャンです。今回のプログラムのネタのいくつかの提供と指導をいただきました。
http://www.showtime-magic.com/

スカーフの中から丈夫な血管が出現。「教授」のキャラ作りと、教授に合わせた新しい声の出し方に苦労しました。



 

「薬はリスク」のコント。おなかを貫通するマジックなどスピード感のあるコントです。





遠赤外線を浴びると人間の波長との共振共鳴で細胞が活性化できるんです。

投稿者:katahira  更新日:2011年6月9日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ