東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

世界幸福度ランキング2017 第1位は?

Women from the province of Kadavu enojying themselves during their fundraising day at the Suva foreshore yesterday. Picture: JOVESA NAISUA









世界幸福度ランキング2017 第1位は、フィジー。

先進国と言われる日本は、25位。

この差は、いったいどこからきているのでしょう?

フィジー共和国は、南太平洋にある島。四国と同じくらいの面積で、世田谷区と同じくらいの人口。
経済的にみた場合、決して豊かではない国。生活の利便性でも特にすぐれてはいない国。
フィジーは、ブータンのように国策で、幸せを追及している国ではなく、デンマークのように社会福祉が充実していて、老後が安心という国でもない。

 

幸せ大国フィジーを報道した記事には、以下のように掲載してありました。
幸せ大国フィジーの人から教わった、幸せになるためのポイントは、2つ。

参照 http://fijianwalker.com/happiness/

 

★「身近な人を大切にすること」!

私たちは、家族など本当に身近な人ほど粗雑に扱いがちではないかと思います。
実は一番大事なのは、一番多くの時を共に過ごす人のことを大切にすることです。
当たり前と思うかもしれませんが、実際にできている人はあまり多くないのではないでしょうか。

★「シンプルに生きること」!

  • よく食べて、よく寝ること。
  • 物に縛られないこと。多く持たず、多く捨てること。
  • 周りに流されず、忙しさでごまかさず、自分自身をコントロールすること。
  • 好きなことをすること。
  • 時には何もしない時間を過ごすこと。
写真 2017-01-10 10 29 42

 











昨年、私はたまたまフィジーの人たちが作ったクリーム(バーム)を購入していました。
このクリームは、フィジーに度々趣き、フィジーの自然や文化を研究している薬学博士であり植物療法家の村上志緒先生のサポートで製品化されたものです。
正直なところ、クリームというものが欲しかったわけではないのてす。
フィジーの人々が、自然の恵みを利用して丁寧に作った、かわいらしい容器に入ったそのものを手にしてみたかったのです。

そして、今回の世界幸福度No.1のニュースを知り、益々愛おしいものになりました。

以前、映画『happy』のことをブログに書いたことがあります。
今は、DVDが販売されているようです。

実は、この映画、3月に「おまかせ呼吸 & 氣愛のおむすび」のワークショップをお願いしているサトケンさんもお勧めの映画です。
「おむすび」とは、直接の関係はないですが・・・。
「おむすび」って、自分のために作るというより、誰かのために作ることが多いんじゃないでしょうか?
心をこめてむすんだ「おむすび」って、ホントおいしいんですよ!

まずは、身近な小さなことを見つめ直してみると、そこから幸福が生まれる!!!

世界最幸フィジーを自分の世界に作り上げたいですね。

 

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2017年1月15日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ