東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

講座報告━(マクロ)美上先生&五十嵐シェフ

①DSCF2844

 

 

 



ベジタリアン料理付のトークショー「思いっきり楽しむ“食”と人生 !」の報告です。

前半は、美上先生のお話、後半はトークショー、そしてお楽しみのお料理という流れで進行しました。

「マクロビオティック」のお料理を習ったことのある人は、かなり増えてきていますね。

アメリカでマクロビオティックを広めたことで有名なのが久司道夫先生ですが、
美上先生は、ボストンにある「クシハウス」に4年も滞在し、学びそして病んだ人々の食事指導と料理を実践されてきた方です。
通常、日本人が「クシハウス」にいるのは1年と聞いているので、4年はすごいですね。
久司先生からの信頼も厚く、海外から要請があればイタリア、香港、オランダなどに赴き、滞在されながら、食事指導をされたそうです。

久司マクロビオティック:http://www.kushimacrobiotics.com/

「陰陽」について、ユニークなエピソードをお話しされました。

クシハウスで調理をしていた際、うっかり包丁で指を深く切り、かなりの出血をされたそうです。
急いで病院に行こうとし久司先生に報告したところ、「塩をふりかけておきなさい。」と言われたそうです。
師匠の言われることだからと、心配しながら塩をふりかけたら、血がまもなく止まったそうです。(うわ~、痛そう!)

‘どくどくと流れ出る血液の状態は「陰性」で、そこに「陽性」の塩をふりかけ中庸にするとおさまる。’といった現象の例でした。(なるほど~)

美上先生は、陰陽五行や九星気学にも精通していらっしゃいます。

私は久司先生のお話を1度だけ聴講したことがあります。その時は、霊性のお話でした。
世界平和や霊性、宇宙法則なども視野において「食」を指導される人がマクロビオティックの大家といえるんでしょうね。

蛇足ですが━
弊社の代表・片平は、今はなき久司先生の7回講演を主催したことがありました。
私は聴講できなくて、残念でした。

②DSCF2846










この日のお料理は、美上先生をこよなく慕うVeganic to go!!の五十嵐廣子シェフに作っていただきました。
いつもにも増して、腕をふるっていただいたのがよくわかりました。
(会場セッティング準備などで、お写真が少ししかとれなくて残念。)

③DSCF2854










この日、男性とか女性とかいうお話は全く出ませんでしたが、
お2人のお話を聞き終わり、
男性のシェフが作る料理もおいしいけれど、
女性が丁寧に作る料理には何かかなわぬものがあるようにふと感じました。
母性というものが、隠し味にでもなっているのでしょうか。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2015年10月31日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ