東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

健康的ダイエットの勧め 〜2ヶ月で体重11.4kg減! 体脂肪率は14%台に!〜


2ヶ月間の記録



この2ヶ月で意識してウェイトトレーニングと「低炭水化物」食事法で体を絞りました。

ウエストはなんと18cmも落ちて70cmになりました。スーツも買い替えなくてはならないので大変です(笑)
これまでマクロビオティックなどの玄米菜食法を実践してきた時期もありましたが「低炭水化物」は本当にお勧めです。毛細血管の形もきれいになります。
果物や甘いものはもちろんカットしますが、白米やアルコール、根菜類も極力控えるようになります。
専門家がついていない場合は段階的に「低GI」食品を選ぶことからはじめるとよいでしょう。
なぜ低炭水化物を控えるかというとエネルギーが使われる順番に答えがあります。
 
炭水化物、脂質、筋肉(タンパク質)どれもがエネルギーになりますが、炭水化物はエネルギーとして利用されやすい栄養素です。
既に体に蓄えられた脂肪は炭水化物のエネルギーがある限り、減りません!
ということは逆説的に炭水化物がなければ、脂肪がエネルギーとして使われ始めるということです。
いくら運動しても、炭水化物を過剰に摂っていればナカナカ脂肪が燃焼されるところまではいかないのですね。
健康度を高めるための運動は、目的によって大きく3つにタイプがあると言われます。
1.筋肉増強のため
2.脂肪燃焼のため
3.血液循環を促すため
その3つをバランスよく取り入れるために、ウエイトレーニングを中心に始めました。
それはもう、筋肉を限界にまで酷使する、辛いトレーニングです。
そして2ヶ月で以下のような体調の変化が現れたのです。
・肩こりや疲れがない
・内臓の働きや血の巡りもいいと実感しています。
・体年齢が実年齢マイナス10歳となり、若くなった?! と言われる。
・同じ荷物を持っても同じ力で楽々上がる
・走っても息切れしない。動くのが楽しくなる。
寸法の変化です。
本当は割れた腹筋お見せしたいのですが写真UPまではナカナカできません。。
体年齢 40歳⇒28歳
体重 75.6kg⇒64.2kg
体脂肪率 24%⇒14.4
腹部 88センチ⇒70センチ
ヒップ 101センチ⇒89センチ
内臓脂肪レベル11.5⇒6.0
これまでコンサルテーションでは睡眠・食事の改善を重点的に勧めてきましたが、筋肉を付けることが手っ取り早いと実感しています。
ところで、巷では「ロコモティブシンドローム」という言葉が流行りです。
筋肉や骨、関節等の運動器の働きが衰えることで、要介護のリスクが高まりますね。
運動といえばまずはウォーキングを思い浮かべると思いますが、ウォーキングで使う筋肉では、筋肉の委縮の抑制効果にはあまり貢献しない可能性が指摘されています。
筋肉をつけるトレーニングを意識的に行い、体温・血流・骨量・基礎代謝をUPしましょう。
「奇跡のランニング」というベストセラーを出したアメリカのジェームズ・フィックス氏が、なんとジョギング中に心臓発作で急死とのことです。52歳の若さです。冗談にもならないですね。
心臓に負担が掛かることはほどほどにする必要があります。
心臓に負担を掛けず、自宅でもできるウエイトトレーニングをお勧めします。まずは腕立て伏せなんて全身を鍛えられるのでよいでしょう。
ノウハウ具体的に知りたい人はお気軽に聞いてください!

投稿者:katahira  更新日:2013年3月8日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ