東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

「生前葬」という考え方

ホリスティックウェルネスの終活テーマのシリーズ講座

「人・社会・地球環境のWellness(健康増進)の実現 」の理念の下、
弊社では数多くのイベントを開催してまいりました。その数、この六本木移転後の4年間だけで60回を優に超えます。

これまでは個々の健康問題を扱うことが多かったのですが、今回のシリーズは初の「終活」を全体テーマといたしました。

とは言え、巷のエンディングノートや身辺整理、お墓のことだけではありません。

ウェルネスの概念を取り入れ、在り方や終末医療にも力を入れています。

一つ、ユニークな概念に「生前葬」の捉え方がございます。

「生前葬」と聴くと皆さんは、「私は生前葬まではできないから、、、」「芸能人ではないから」と敬遠することでしょう。
今回の「生前葬」の定義とは死後の葬儀に代わる儀式です。今回、2月11日に講師をいただく葬祭ディレクターであり終活カウンセラーの一言さんから以下のようなコメントをいただきました。
葬儀社に勤務して4年、私には感じてきた忸怩たる思いがあります。
  それは出棺にあたり最後のご挨拶の中に「故人にかわりまして感謝を申し上げます。」というお言葉です。
  ご縁をいただいて葬儀の席に集まり、そのことへの感謝を伝える思いはとても優しく神聖だと思います。
  思うのは、棺に眠る故人様が心から伝えたかったこと、 果たしてそれは感謝の言葉だけなのでしょうかという事です。
  そこで本人が喪主を務める生前葬をご提案いたします。
  葬儀は生前葬のみとし、死後は儀式を含めない家族葬を行います。
  お世話になった方々へ感謝を伝えることができ、遺族の負担も減らすことができます。」
生前に感謝の言葉を自分の言葉で伝えられば、どれほど素晴らしいことか。


悔いのない人生を送るための、生前葬であり、家じまいであり、遺品整理であり、自分史です。

この道のプロフェッショナルが多数揃っていますので、興味あるテーマをお選びください。

特に12月20日(金)はほとんどの講師が集い、全体のオリエンテーションを兼ねた構成となります。

ぜひとも足をお運びください。

40代からはじめる明るい終活

40代からはじめる明るい終活

投稿者:katahira  更新日:2019年11月26日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ