東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

西村雅秀法律事務所で最先端の音響免疫療法を体感

弁護士、西村雅秀先生のお招きで新橋にある先生の事務所にて音響免疫療法を体験してきました!

西村雅秀先生の著書「真・意識で生きる」を手にとって。著書の中でアルファースリームとの出会いのことも少しご紹介いただいております。



西村先生は一流弁護士でありながら、見えない世界の仕組みを探求し、真の生きる意味や生命の尊さを説いています。一般的に弁護士とは法律に基づいて依頼者が少しでも損をしないように交渉することが成果ですが西村先生は違います。トラブルとなった現象の背後にある問題を見据えながら少しでも調和的な解決策を誘導してくるのです。

私も2年前に大きなトラブルに見舞われた際に真っ先に先生に相談しました。
自分としては「早くそのトラブルを解決したいのに!」と内心思いながら先生は表面的なことではなく原因を突き詰めるアドバイスに徹する。すると不思議とそのトラブルも、そうなった原因も解決されて行く!

先生は護摩焚きも行っています。護摩木に書かれた文字は、“ありがとうございます” と
 “無限の無限のありがとうございます” で宇宙の根源のエネルギーと共鳴しているとのことです。お願いごとではなく、あくまでも感謝一筋の護摩です。

僧侶のようなお方です! 

そんな真理や真の健康を追究する先生が取り入れた音響免疫療法。
もともと私はクリスタルボウルに興味があったので興味がありました。
「イルカ・鯨・胎児に学んだ音楽の響きを脊髄に響かせ、血液、リンパ液、中枢神経を38℃に温め、病を自己治癒力で治す最先端の音楽療法ができる」ソファです。

通常の音というのは縦波の波動でスピーカーから発生する音波は空気の密度の高い部分と低い部分を伝わり縦波の衝撃波として鼓膜に響かせます。体を温めることはできません。
しかしこの音響システムは波の伝える横波の波動になります。バイオリニストにはがん患者がいないと言われています。弦の響きは水の伝わる波状の横波です。胎児期に私たちは母体音を羊水の伝える水の波紋の響きを脊髄で感じていたのです。水の伝える波紋の響きは体の水分と共鳴し体を温めることができます。

さなぎように包まりながら。



さて、ソファに座り癒しの曲が流れると同時に、背中からはこれまでに体感したことない細かな振動が伝わります。一つ一つの細胞が震え、激しい共振共鳴が起きている感覚です。背中ではなく脊髄を含める前進が勝手に震えています。指先が温かい。弊社のアルファースリーム(ブランケット)を体に巻きつかせた状態で行っていることもあって共鳴が倍増し、とても心地よい空間で遠い記憶を辿るように瞑想していました。

1時間の体験後にはまるで宙を浮いているような感覚で「質量」を持たない心も身体が軽い感覚になりました。

ところで音響免疫療法の導入自体が国内では稀なことですが(少なくとも法律事務所内では初めてのことだと思いますが)、西村先生はさらにソファに独自の結界を張り、そしてアルファースリームで体を覆うという仕組みをとっています。この組み合わせが最高であることがOリングテスト(身体を使って良し悪しを判断できる試験方法)でも検証されています。

音楽の響きだけで体温を上げ、免疫力を高める方法があればこんな楽なことはありませんね。様々な難病の回復事例もあるようです。
西村先生の波動調整付きの体験をご希望の方はお問い合わせください。

先生の写真集「ありがとうございます護摩」から

投稿者:katahira  更新日:2011年12月26日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ