東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

講座報告「オルゴール療法」

IMG_2153













先週、オルゴール療法研究所所長の佐伯吉捷氏をお招きし、「脳幹を刺激し、心身を癒すオルゴール療法」の講座を開催しました。

‘療法’という言葉が付くということは、心身の不調を改善する方法であるということですね。

IMG_2151












さて、人間の可聴域は、20ヘルツから2万ヘルツ。
CDなどの電気音には、可聴域の範囲内の周波数しか含まれていないそうです。
ちなみに、ピアノや打楽器は低周波のみ、ヴァイオリンやフルートは高周波のみの楽器だそうです。

これに比べて「スイスオルゴール」は、低周波から超高周波までを含むというのです。
このように幅広い周波数が存在するものとして、オーケストラや弦楽四重奏、パイプオルガンの演奏、鳥や虫の声、川のせせらぎ、葉っぱのざわめきなどが響きわたる熱帯雨林のような自然環境もあげられるとのこと。

この美しい響きが、‘脳幹を刺激し自然治癒力を高める’という実例をお話いただきました。
冷え症、不眠、耳鳴り・難聴、高血圧、リウマチ、痛み、うつ 等。

写真 2018-12-06 20 37 25  写真 2018-12-06 20 38 48










人口的な電磁波には要注意!
夜は、冷蔵庫以外のブレーカーを落として寝ましょう、というお話もされました。

IMG_2131













佐伯所長の経験から、ほとんどの病は、不眠冷えを解消しなければならないと実感されているそうです。
身体の冷え=血流が悪いということは、細胞を元気にしたり、病気を治す力が不足しているということになります。
一方、血流をよくするために必要なのが良質な睡眠。
熟睡すると、血管拡張物質が出て血流がよくなり、細胞を元気にする作用があるからです。
(『ぐっすり眠れるスイスオルゴール CDブック』)

写真 2018-12-06 20 56 50  写真 2018-12-06 20 57 14










お勧め⇒「スイスオルゴール」を肺の上に置き(胸骨:30%増血)、脳へ血液を送り込み、身体の内側から体温を上げる方法でした。
そして、オルゴールを置く場所を変えていく・・・。
耳で聴くだけではないんですね。
身体に直接当てるんです。

楽曲の中で代表的なのが、
強い音で交感神経を優位にする「ラ・カンパネラ」、
ソフトな音で副交感神経を優位にする「カノン」。
このような組み合わせで聴くことで、自律神経のバランスを整えていくことがポイント。

ここまで書いてくると、鉱石の波長で心身をケアする寝具「アルファースリーム」の働きとそっくりだな、と感じてきました。

細胞に共鳴共振する響きを与えることが、自然治癒力を発動させるカギのようです!

写真 2018-12-06 20 52 53














懇親会までご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
心地よい音色、響きを名残惜しそうに堪能されていましたね。





投稿者:高井貴容  更新日:2018年12月10日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ