東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

「日本催眠学会 学術大会」に出席 




「メルソ」をご紹介頂いた口腔外科の齋藤道雄先生のお誘いで、先生が大会長を務める「日本催眠学会」に出席しました。

「催眠」と聞くと、昔よくテレビ放映されていた「あなたは眠くなる~」と言って誘導し、相手を思いのままに動かしていたような光景をふと思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。  国語辞典によると、「催眠術」とは、「暗示をかけて催眠状態に引き入れる技術。催眠療法など心理療法として病気の治療や精神病理の研究などに利用される。」とありました。

日本催眠学会では「催眠術」を‘コトバで相手の潜在意識(脳や心)に働きかけ、心身をプラスの方向へ持って行こうとする技術’だと位置づけて研究・発表をされているのだと感じました。

発表者は、医師・歯科医、栄養士さん、カウンセラー、セラピスト等でした。みなさん治療をされながら、コミュニケーションをいろいろと工夫されていらっしゃるのだと関心いたしました。

私の父は、大きな手術をしたことがありますが、お医者様の人柄や発言は、とっても大きな影響力があるようてす。家族の言うことは耳に入らないけれども、お医者様の言うことはよく聴き(効き)ます。クライアントに接する方々が施術の技術だけでなく、このようなことを研究されているの、素晴らしいことであり、感謝したい思いで聴いておりました。

齋藤先生は、口腔外科の先生でありながら、本当にいろんなことを研究されていらっしゃいます。クライアントさんに語りかける内容、心身の不自由な人の口腔内治療に使う用具・・・等。今関心をお持ちなのが、‘催眠で認知症の人を改善させることができるのではないか’というテーマだそうです。

「アルファースリーム」(寝具やニット帽)を使用した認知症の人の改善例がありますが、それに催眠も加われば、より強力になるかもしれませんね。

学会発表の終了後、懇親会があり、いろんな方とお話もでき、充実した一日でした。

投稿者:高井貴容  更新日:2010年10月9日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ