東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

「骨盤セラピスト養成講座」を終えて



骨盤セラピスト養成講座 (実技風景)



 
















先日、東京で初の「骨盤セラピスト養成講座(2日間の短期集中)」を終えました。

この講座の大きな特徴は、アルファースリームのマット(あるいはベッドパット)の上で実施するという点です。そうすることによって、身体に大きな負担をかけることなく、効果を出しやすくするのです。
講師は、名古屋から上京してくださった考案者の松下智詠子先生。骨盤セラピスト協会の理事長でもいらっしゃいます。 

今回、私は受講生として参加しました。今回の受講生は私を含めて4人。おひとりは、過去に受講されており復習のために参加。手作りのテキストをいただき、必要に応じてテキストを見て知識を吸収しながら、基本は実習でした。 

まずは、骨盤の仕組みやゆがむ原因などのお話からスタート。内蔵の働きが良好かどうかをチェックするため、O-リングのやり方を学びました。過去にも教えていただいたものの、あまり自信がなかったのですが、ポイントがしっかり理解でき、まずはひと安心。その他、身体のゆがみのチェック方法をいくつも教えていただきました。骨盤調整体操を実施する前と後の差が明確にわかると、やはり体操・施術のやりがいがありますよね。 

骨盤調整体操は、基本は自分で実施するのですが、今回はセラピスト養成講座ということで、以下のものを各々何種類も学びました。

①   ひとりで実施できる種類の体操

②   ひとりで実施できる種類の体操ではあるけれど、補助してあげる方法

③   クライアントさんとセラピストのお互いが身体を動かしてする体操

④   セラピスト側が施術してあげるもの 

①     自分で実施する体操のほとんどは、ポイントを押さえれば気持ちよくできますが、私が一番疲れるのは、「かえる体操」です。ヒップアップ体操として一時期はりきってやったこともあったのでが、すっかりご無沙汰していました。松下先生のお母様は、この体操を毎日継続され、ひざの痛み等がとれ、動きやすくなったとお聞きし、私も頑張ってやらねばと、新たな決意を!  筋肉をつけたり、ひざ関節を強化する意味合いもあるとのことです。

②     補助してあげるというのは、意外と大変でした。相手と自分の位置関係をベストなポジションにするのに、自分がすばやく動かなければなりません。練習あるのみですね。補助された時は、自分でやるよりも、気持ちよかったです。

③     お互いに身体を動かす体操は、相手の体格や力によっては、こちらの体力も消耗します。自分の運動にもなりますね。

④     セラピスト側が施術する場合、マッサージ的な要素が加わるものがほとんどでした。以前、アロマトリートメントを学んだことがあるのですが、すっかり忘れており、強く押してしまったり、ツボがずれてしまったり・・・と、ちょっとあせってしまいました。

<その他の発見・気づき>

・    くすぐったがりの人は、筋肉が凝っている人が多いというお話をお聞きし、実証してみました。代表・片平はくすぐったがりのタイプですが、受講生のおひとりが、片平の骨盤調整体操を補助した後に反応した場所を確認すると、くすぐったくなくなっていました。これは、意外 !

・    骨盤の弾力で眠りの深さが決まる!  1日のサイクルの中で、睡眠中が最も骨盤が緩むそうです。骨盤がずれたりしてうまく緩んでくれないと眠りが浅くなるとのこと。

・    身体に微振動を与えるだけでも、筋肉がゆるんでくるということ。(その場で実証。不思議~。)

・    「美波動」という電磁波対策グッズを貼り付けた携帯電話からの通信を受信した時と、何も対策を講じていない携帯電話からの通信を受信した時とでは、O-リングで確認した時に差が出ました。O-リングの有効性に驚きました。電磁波対策は、大切ですね。



講座の最後にモデルさんを施術



 
















講座の最後には、モデルさんに施術をさせていただきました。私のモデルさんになってくれた方は、股関節がとっても柔らかく驚きました。肩と背中のコリはかなり強く、そのあたりを重点的に施術させていただきました。O-リングチェックをさせていただい時に胃が不調だという結果が出て、ご本人に確認したところ、長い間自覚症状があるとのこと。O-リングにも少し慣れてきました。胃の働きを強化する体操をお伝えして、自力で実施していただきました。すべてが終了し再度O-リングチェックをすると変化がありました。結果が出ると、楽しくなってきます。

松下先生は、整体の技術の追求にも熱心な方ですが、より早く確実に成果が出せるマットを探されていた時に、「アルファースリーム」に出会われ、価格、整体の効果、使い勝手などトータル的に判断して「アルファースリーム」を選ばれたとお聞きしています。そして、「自分の体は、自分で治す ! 」ことを提唱されていらっしゃいます。「アルファースリーム」を眠る時以外にも、セルフ骨盤調整にお使いいただけるよう、私も多くの方々にお伝えしていきたいと改めて感じた次第です。そして、周りの方々にこの施術をお伝えしたいと思われた方は、ぜひぜひ、骨盤セラピスト養成講座を受講されることをお勧めいたします。自分のためにも、ご家族のためにも、クライアントさんのためにも大変有効なものです。


※     講座の1日目の夜、「アルケミー・クリスタルボウル ヒーリング演奏会」を開催し、寝ながらクリスタルボウルの響きを堪能しました。足元がポカポカ暖かくなり、エネルギーが入ってくるような感覚を受けました。その4日後、別の場所でもクリスタルボウルの演奏を聴いたのですが、その時はリラックスしたものの前回のような足の感覚がありませんでした。
なぜだろう?
と帰り道にいろいろ考えてみました。
大きな違いは、場所の違い。そして演奏を聴く前に、身体を整えたかどうかの違いなのです。
2回目に聴く直前には、畳の上に長時間座っており、脚や腰が少しずつ痛くなってきたので、不自然に動かしては固定し・・・と繰り返して何とか座っていました。きっと、この時に身体に歪みが生じたのではないかという考えに至りました。
骨盤調整体操をしっかり実施すると、3日程はその状態が保たれるそうです。
骨盤は、日々の生活で歪むものと認識して、自分でアルファースリームの上で、日々調整していくのがいいですね。そうすれば、いいエネルギーも入りやすくなるのでしょうね。体が証明してくれました。


 

投稿者:高井貴容  更新日:2011年8月28日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ