東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

放射性物質(元素) & 放射線 & 素粒水 に関して

弊社取り扱い商品である‘素粒水’浄活水器(「ワンウォーターECO」「ウォーターセラピィー」)の放射性物質除去に関しまして、お問い合わせをいただくことが多くなりました。メーカーの株式会社フリーサイエンス様より弊社(販店)へ向けた解説をいただいております。原文のまま掲載させていただきました。


↓  ↓  ↓

…放射性物質(元素)&放射線に関して…   
                                           

放射線ヨウ素が100Bq/L以上含まれた水は、乳幼児はもちろん妊婦も大量に飲んではいけません。また、100ミリSv/年以上の放射線を受けてはいけません。
Bq:ベクレルは放射能の強さの単位、Sv:シーベルトは放射線の人体への影響を表す線量の単位) 

飲水時の想定被曝線量は、放射性ヨウ素=300Bq/L⇒想定被曝線量0.0066ミリSv、放射性セシウム=200Bq/L⇒想定被曝線量0.0026ミリSvとなります。
レントゲン(X線)撮影を1回した際の想定被曝線量は0.6ミリSvです。

平成23年3月19日付けの厚生労働省通知(建水発0319第1号)によって放射性ヨウ素は活性炭機能で除去できるとの通知がありました。
ECO&セラピィーのカートリッジは「圧縮繊維活性炭」を使用していますので、水道水中の放射性ヨウ素を一定量除去することが可能となります。 

但し、全ての活性炭製造販売メーカーでは放射性ヨウ素は危険物扱いとなるため除去試験はしておらず、どの程度除去できるのかの知見はございません。 

仮に浄水機能により放射性ヨウ素が除去できたとしても、ろ過材に放射性ヨウ素が溜まり浄水器カートリッジが「濃縮放射性物体(A)」になってしまいますので、放射能の半減期(放射性ヨウ素は8日&倍数)を考慮して浄水カートリッジの短期交換と廃棄方法が必要となります。 

現行では放射性物質は自然消滅&離散を待たなければ回避できません。 

放射性ヨウ素から放出される主な放射線はベータ線(β線)ですので、被曝の安全性を高めるには事態が収束するまで「ECOカートリッジの本体キャップ部外側(天窓を含む)」と「セラピィー本体部外側」にアルミホイルを巻いていただければ前記(A)から放出される放射線を遮へいできます。 

交換カートリッジは素早くアルミホイルに包んで、8日以上保管後にアルミホイルを外して燃えるゴミとして廃棄すれば安全です。 

より一層安全に飲用するにはアルミホイルで覆ったペットボトルに素粒水を満水に入れ、蓋をして人体から1メートル以上離れた所に8日以上保管してから利用して下さい。

放射線は一度に200~250ミリSv /h以上浴びると人体に障害を与えます。 

放射線の人体への悪影響は細胞(DNA含む)←分子←原子で構成されている原子構造の「陽子+中性子+電子」の素粒子のつながりを崩壊させ、細胞内のDNAを損傷し細胞機能を壊死およびガン化させてしまうことです。生体にはDNA修復酵素がありますので、素粒水の酵素活性作用によって修復酵素が活発に働けば細胞(DNA含む)修復力を向上させることができます。

 また、室内に素粒水入りペットボトルを置いていただくと「※トンネル効果」によって素粒子エネルギー空間となります。
放射線の標的は陽子、中性子、電子などの素粒子ですので、素粒子に衝突した放射線はエネルギーを減衰します。
さらに、素粒子の透過作用から考察すれば「トンネル効果」による素粒子エネルギー空間に身を置くことは、崩壊した原子構造の修復と細胞(DNA含む)再生の働きを促進することになります。 

※トンネル効果…素粒子の透過、投射(照射)現象。 

…主な放射線の種類と遮へい素材…
    ①アルファ線 ⇒ 紙。
    ②ベータ線 ⇒ アルミホイル。
    ③ガンマ線 ⇒ 鉛板。
    ④エックス線 ⇒ 鉛板。
    ⑤中性子線 ⇒ 水、厚いコンクリート。 

素粒水入りペットボトルをラック(多段棚)などに積み重ねて、放射線源方向に素粒水ペットボトルのパーテーション(壁)を作れば、高(濃)放射線の中性子線の影響は回避できます。 

以上、本書面内容をお客様に伝達する際は、誇大表現となりませんよう充分ご留意下さい。

                                                   平成23年4月1日


 

 

 

 

 

 

株式会社フリーサイエンス

大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目18番27号丸ビル新館203号

TEL:06-6990-1333  FAX:06-6990-1331

投稿者:高井貴容  更新日:2011年4月1日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ