東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

‘ライア(リラ)’という楽器 & エネルシアさん

 

CD『花音(かおん)』 ジャケットより



先日、「魂(たま)ゆらすコンサート」を友人と堪能してきました。タイトルや‘天と地を結ぶエネルシアさんの音霊、歌霊’ということばに魅かれ、たいして下調べもせず、参加してみることにしたのです。

演奏会場は、ホテルの広い会議室。
登場されたのは、ローズレッドの和物を羽織ったエネルシアさん、白の和物のいでたちのアシスタントさん、黒の服を着られたお二人、視力障害のある若い女性の計5人。

まずは、エネルシアさんのお話から始まりました。

決して大きな声ではないのに、しっかりと聞こえてくる言葉の数々。
ゆったりとお話して下さり、お話の内容とそのリズムそのものが、ヒーリングのように感じました。
もともとバイオリン奏者だったエネルシアさんは、今はライアの奏者。海外で出会ったシャーマンのお話や、宮澤賢二のイーハトーブの森で暮らしたこともあるそうです。

いよいよ「ライア(竪琴)」の演奏。初めて聞く楽器です。

実はコンサート前日まで、ライアを演奏されることは知りませんでした。
「ライア」という楽器の名前は、年末にお客様から偶然に聞いていたのです。
「70(歳)の手習いで、ライアを習い始めたの ! 」というお話を聞き、そういう楽器があるんだ~という認識をしていただけなのでした。

見た目は、小さなハープといった感じのものです。演奏しながら、歌ってくれました。
透き通った 優しく 力強い声。オペラ歌手とは全く違う声だと感じました。
オペラ歌手の人の印象というのは、カラダ全体を使って、声を最大限に出しているというイメージがあるのですが、エネルシアさんの場合は、「ライア」を座って抱えながら歌われるのですが、スリムなカラダはほぼ静止しており、声を出されるのにご自身のエネルギーを無駄に使われている感じが全くないのです。
きっと歌い終わられた後も、全く疲れていないのではないかと想像できる程でした。なのに、しっかりと伝わってくるのです。
これは、何なんだろう?  宇宙のエネルギーが入ってきているのか?
歌詞のせいと言うわけでもなく、涙がこぼれそうになりました。これもまた???でした。
隣にいた友人は、終わった後「涙があふれ出てきた」と言っていました。
不思議体験でした。

また、舞も披露していただきました。
ここ数年、何種類かの舞を拝見する機会があったのですが、これまで拝見した物とはまた異なる感じの物でした。



 
コンサートが終わった後、記念に写真を撮っていただきました。

その時、私の着ている幾何学模様調のカーディガンを見られて、「インカ帝国を思わせる柄ですね。」と言われました。
すぐに連想されるという、その感性がすごいです。私など、大きな柄だけど派手過ぎずそこそこ見栄えがするかな、くらいの気持ちで買っただけなのですが・・・。
東洋の文化ばかりでなく、世界の文化の香りもしっかり感じ取られるのですね。



自宅に帰ってきてから、「ライア」や「エネルシア」さんのことを調べてみました。
http://www.enerushia-cosmic-academy.com/

<音姫エネルシア プロフィール>
宇宙と呼霊(こだま)する音メディスン~
そんな音霊・舞霊を扱うメディスンウーマンとも云うべき新世紀型アーティスト
ヴァイオリン奏者、ヴォーカリストとして活躍の後、運命的に「イーハトーブの森」に導かれ、
ライアに出会い、大自然と共鳴し、魂・心・身体の調和を図る音・ボディーワークについての道が開ける。

各地の病院・ホスピス等でも演奏し、ダウン症の子供たちへの治療教育として、ライア指導を行う。
ライア音気功’ 創始。
太極拳を中国上海で学んだ際、老師の助言により太極拳を「平和を伝える舞」として変える「太極舞」を創始。
出雲大社で婚礼の儀式を取りまとめる出雲国造 北島家の霊的血統を引く。
また、世界遺産に指定されている春日大社より、白鹿に乗って神様が降臨されたと言われる奥宮で春日大社の歴史始まって以来、外部の人間として演奏を許される。
(それは巫女(シャーマン)の役割をご神体の神霊から認められた証である。)

*       宮沢賢治誕生100周年記念TV“銀河との交響”主演・音楽担当
* 病院、ホスピスなどの医療関係での音楽治療、ダウン症、自閉症の子どもたちへの治療教育としてのライア指導。
* “日本人の心のルーツ”を現代に、音・舞として蘇らせ、その魂の響きをを伝える和楽コンサート開催。
* 春日大社奥宮、聖徳太子創建の堀越神社の神魂鎮魂祭、大安寺、 橘寺、 天河大弁才天社にて奉納演奏。

<アシスタント 深水弥生さん プロフィール>
イギリスの大学院で環境学を学ぶ。
国連インターンとして環境政策に携わった際「個々の魂の平和なくして、真の地球環境の蘇生はない」と痛感、帰国。ひとりひとりの魂に働きかける真理を追究し、それを伝えていくことへ目を向け始めた頃、太極舞考案者エネルシアの宇宙と共鳴する太極舞・音楽に出会い、師事する。
アルトライア、ケルトドラム担当。

<ライア(リラ)>
私たちの知りえる楽器の中で一番古いもの。
その歴史は今から5千年前のバビロニアの時代までをさかのぼる。
昔は、神官しか扱えなかったという、とても神聖な楽器。
病人の治癒等の癒しのために使われたとも言われている。
シュタイナーが生前に、人の細胞に働きかける音は「ライア」が一番いいだろう、と言い残したそうで、現代のシュタイナー教育では頻繁に使われる。
また、アニメ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」の伴奏で用いられたことでも知られる。

 

何物も、それに関わる人がどういう人かによって、伝え方・伝わり方が変わってくるものです。
後でいろいろ調べてみて、驚くべきことばかり。
素晴らしい経歴、崇高なエネルギーの方々の奏でる音霊・舞霊に出会うことができた素晴らしい1日でした。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2013年1月18日

»
«
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ