東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記
①IMG_20151101_144004










2015年11月1日、晴天。
東京・日比谷公園で第9回目の「土と平和の祭典」が催されました。

偶然にも開催直前に知ったこの祭典、歌手の加藤登紀子さんと娘さんが中心となり、毎年開催されているようです。
加藤登紀子さんの亡きご主人・藤本氏が、日本の有機農業の革命的思想家であり実践者であったことは知っていたのですが、その意思を引き継いでこのような活動をされているのを知りませんでした。
②IMG_20151101_143836










日比谷公園の入り口から、花壇の花を眺めながらトボトボ歩くと芝生の広場にたどり着きました。
芝生にシートを敷き、気持ちよさそうにごろ寝する人々、舞台の上では、舞台の上で演奏する人々、なんてほのぼのしている風景なんでしょう。

③IMG_20151101_153440











思いのほか、たくさんの出展社者のテントが!

ひとつひとつゆっくり立ち寄りたかったのですが、
午後も2時過ぎにでかけた私としては、
効率よく回らなければ日が暮れてしまうと思い、チョイスしながら回りました。

農産物、手作りの工芸品、種、イベントの案内、お話等、どれも楽しく・・・。

④IMG_20151101_150005











そんな中で目についたのが、学生が掲げたと思われるゼミの活動の様子の張り紙。
そこには、私の出身校の名前が。
そういうものって、つい惹かれますよね。

「明治学院大学 国際学部 大岩ゼミ」

大岩先生のサブネームは、辻信一
学生たちは、スローなローカルムーブメントを発信しているとのこと。

ブータンやタイを訪れた時の写真や、お寺カフェの写真を掲示してました。

先日弊社でも上映しました「いのちの種を抱きしめて」のヴァンダナ・シヴァさんが学校にいらした話も聞いて、びっくり。
来日してたの?!

終了した弊社のイベント
http://holistic-wellness.jp/event/studymeeting/20150906.html

⑤IMG_20151101_151040











玉ねぎで染めたというクリーム色のきれいなフキンを買いました。
お値段は設定されておらず、「恩送り」と書かれていました。素敵な言葉ですね。

⑥IMG_20151101_155321











いろんな農産物が売られていましたが、私は小さな真っ赤なリンコを1個買ってきました。
野生のリンゴとのことで、とても愛着のわく、ほどよい小ささです。
あまりにかわいいので、しばらく飾ってからいだきます。

帰りがけ、加藤登紀子さんの歌う「100万本のバラ」を聞くことができました。

来年も、また行こう!

 

投稿者:高井貴容  更新日:2015年11月3日

IMG_20151018_145947










10月のとある日曜日、横浜の「山手234番館」という素敵な場所で催された「ライア」(竪琴)の小さなコンサートに行ってきました。

ライアの生演奏は、これで2回目。

初めて聴いたのは、エネルシアさんという方のおひとりの演奏。
この時は、‘ライアはとても神聖な楽器で、特別な人が演奏するもの’いう印象を受けました。

今回は、リラコスモスさんというお2人のアンサンブル。
知人がライアを学んでおり、施設などでボランティア演奏をしている話を時折聞いていたせいもあり、少し身近な感じになっていました。
清楚なお2人が、愛おしそうにライアを抱き、繊細な音をひとつひとつ奏でる光景を拝見しながら聴いていると、今回は‘ライアって、優しくてかわいい音を響かせる楽器だわ~’という印象を受けました。

終わってから、ライアに少し触れさせていただきました。
昔触ったことのあるギターや、高校時代にクラブで教わった琴とは、全く違う「弦」であり、それらの楽器に向き合う時の自分の気持ちが明らかに違うように感じました。

 432Hz(ヘルツ)を元にしたライアは宇宙と調和する周波数とのお話がありました。

528 Hz(ヘルツ)も、愛の周波数とか細胞を修復する周波数ということで近年好まれていますが、

432 Hz(ヘルツ)もまた、意味ある周波数なんですね。

同じ曲でも、
ライアによる演奏は、魂に響く(心の奥まで入ってくる)感じ。
他の楽器による演奏は、体全体に響く感じ。
私はそんな体感をしました。

≪波長≫
仕事柄、 「アルファースリーム」(取扱商品)のお話をする時に、遠赤外線の波長のお話をすることが多いのですが、心身に気持ち良く共鳴する波長を受けることで、人は癒されますね。

山手234番館

山手234番館



 

投稿者:高井貴容  更新日:2015年10月31日

①DSCF2844

 

 

 



ベジタリアン料理付のトークショー「思いっきり楽しむ“食”と人生 !」の報告です。

前半は、美上先生のお話、後半はトークショー、そしてお楽しみのお料理という流れで進行しました。

「マクロビオティック」のお料理を習ったことのある人は、かなり増えてきていますね。

アメリカでマクロビオティックを広めたことで有名なのが久司道夫先生ですが、
美上先生は、ボストンにある「クシハウス」に4年も滞在し、学びそして病んだ人々の食事指導と料理を実践されてきた方です。
通常、日本人が「クシハウス」にいるのは1年と聞いているので、4年はすごいですね。
久司先生からの信頼も厚く、海外から要請があればイタリア、香港、オランダなどに赴き、滞在されながら、食事指導をされたそうです。

久司マクロビオティック:http://www.kushimacrobiotics.com/

「陰陽」について、ユニークなエピソードをお話しされました。

クシハウスで調理をしていた際、うっかり包丁で指を深く切り、かなりの出血をされたそうです。
急いで病院に行こうとし久司先生に報告したところ、「塩をふりかけておきなさい。」と言われたそうです。
師匠の言われることだからと、心配しながら塩をふりかけたら、血がまもなく止まったそうです。(うわ~、痛そう!)

‘どくどくと流れ出る血液の状態は「陰性」で、そこに「陽性」の塩をふりかけ中庸にするとおさまる。’といった現象の例でした。(なるほど~)

美上先生は、陰陽五行や九星気学にも精通していらっしゃいます。

私は久司先生のお話を1度だけ聴講したことがあります。その時は、霊性のお話でした。
世界平和や霊性、宇宙法則なども視野において「食」を指導される人がマクロビオティックの大家といえるんでしょうね。

蛇足ですが━
弊社の代表・片平は、今はなき久司先生の7回講演を主催したことがありました。
私は聴講できなくて、残念でした。

②DSCF2846










この日のお料理は、美上先生をこよなく慕うVeganic to go!!の五十嵐廣子シェフに作っていただきました。
いつもにも増して、腕をふるっていただいたのがよくわかりました。
(会場セッティング準備などで、お写真が少ししかとれなくて残念。)

③DSCF2854










この日、男性とか女性とかいうお話は全く出ませんでしたが、
お2人のお話を聞き終わり、
男性のシェフが作る料理もおいしいけれど、
女性が丁寧に作る料理には何かかなわぬものがあるようにふと感じました。
母性というものが、隠し味にでもなっているのでしょうか。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2015年10月31日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ