東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記
計画停電期間中の「圧力美人」などの発芽炊飯器の使用について、醗酵発芽玄米マニュアルの作成者・渡辺茂氏より、コメントが届いております。ご留意の上、ご使用ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

結論から言いますと、計画停電の期間は、基本的に「醗酵発芽玄米ごはん」はやめて、「発芽玄米ごはん」として1~2日以内に食べて頂いた方が よろしいかと思います。発酵には、少なくとも3日間はかかります。その間に温度を70~73度くらいの至適温度に保っておく必要があります。

弊社推奨の圧力炊飯器の特徴は、この保温温度を1度単位でコントロールすることにより、きちんと発酵させることが出来る点です。ただし、計画停電などで、毎日3時間くらい停電すると、その間に温度が下がることが予想され、仮に保温温度が65度以下に下がってしまうと、カビなどの中温菌も生育出来る温度帯になってしまいます。 3日間保温した後、完全に発酵が進んだ状態であれば、他の菌を寄せ付けませんので、カビなど他の菌が繁殖する可能性はかなり低いのですが、完全に発酵が進んでいない段階(1日目~3日目)で、保温温度が下がると、ごはんが腐ったりする可能性もあります。

うまく発酵していない段階で食べると、食中毒を起こしたりする可能性も否定できませんので、安全のために、計画停電を実施されている地域の方は、当面は、発芽玄米として食べられることを強くお薦め致します。

慣れてくると、どの程度発酵しているか、ごはんの状態を見てわかるので、計画停電中でもうまく発酵させることは可能かもしれませんが、実験してみたわけではないので、現段階では何とも言えません。小豆入りごはんとして、1~2日以内に食べるのであれば、発酵発芽玄米の炊き方で炊かれても問題はないかと思います。

「発酵」と「腐敗」とは、化学的には全く同義語です。人間にとって都合がいいものは「発酵」と呼び、都合の悪いものは「腐敗」と呼ばれています。長年、発酵発芽玄米を食してきた人でないと、「発酵」と「腐敗」の見分けが つかないかもしれません。 どうしても発酵発芽玄米として食べたい方は、きちんとうまく発酵しているのをご確認された上で、自己責任で、お召し上がりください。 「腐敗」している場合は、異臭がしますし、カビの菌のような胞子がついていたりしますので、何となく分かるかとは思います。

上記の点をご理解頂き、ご対応頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

↑  ↑  ↑  ↑

「発芽博士」「圧力名人」をご使用の方は、以上のことにご留意されご使用いただけますようお願いいたします。  

投稿者:高井貴容  更新日:2011年3月17日

2月19日にこのブログでご紹介しました‘映画『ミツバチの羽音と地球の回転』’は、山口県祝島の上関(かみのせき)原子力発電に反対する住民の暮らしや、地球と人が共生する新しいエネルギーについて提案を投げかけているドキュメンタリー映画です。

映画上映が続く中、今年の2月に住民の反対を押し切り中国電力が原発の準備工事に踏み切ったとのことでした。しかし、今回の震災の直後、‘山口県知事が、上関原発の工事中断を要請しました。’というニュースが入ったときの映像を見て、とっても感動いたしました。

ちょっとお時間のある方は、ご覧になってみてください。全体で1時間ほどある映像のうち、1時間経って、記者発表を終わりかけたときに入ったニュースです。以下のWEBページを開いた後、映像の▶この印をクリックし、時間のルーラーを早巻きして終わりの部分だけ見ていただくだけでも・・・

↓  ↓  ↓

2011年3月14日(月) 
 アースデイ東京からの大震災についての緊急記者発表の映像です。
 http://bit.ly/f1LGYe

2011年3月15日(火) 
NHKニュース 上関原発 準備工事を一時中断tp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110315/t10014697631000.html

この未曽有の災害の経験を絶対に無駄にしてはいけない。

この混乱の中、冷静な判断がなされたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年3月16日

今回の地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 

通信網が発達している昨今、新聞、テレビ、ラジオ、インターネット、メルマガ、ツイッターなどで既に多くの情報を得られていることと存じます。情報の重複、不安感の増大等を避けるため、弊社では当分の間メルマガを送信せず、ブログで情報発信をさせていただきます。 

東北地方に比べれば、関東やその他の地方の方の被害は小さかったというものの、人々の心の中には不安や恐怖が、まだ残っているように感じます。道行く人はトイレットペーパーなどを手にし、足早に歩いています。家から外に出ないと言っている人もいます。カラオケ屋も節電。スーパーの棚はガラガラ。まだ時折、余震もきています。昨日は、東京の放射能濃度が平常の20倍というデータが発表され、通勤時にはマスクをしている人々が多くなりました。20倍と言っても人体に影響がある数値とはほど遠いようですが、用心したに越したことはありません。

木の香治療院の光田院長がブログに掲載されていますTFT(Thought Field Therapy:思考場療法)というものをご紹介したいと思います。体にタッピングするだけで、トラウマ等の精神面のケアに有効で、多くのセラピストさんが採用されています。新潟県中越沖地震やコソボ紛争等でも活躍したそうです。 

○ 緊急災害時のタッピング
http://konoka-clinic.jp/documents/emergency.pdf

○ 動画で見る場合
http://www.jatft.org/stress-caring.html
(3と5のタッピングポイントは、上述の「緊急災害時のタッピング」の
ものを使って下さい)

 私が通勤で通るJRの駅のホームには、東北地方の各地の桜のポスターが今でも貼られており、目に入るたびに悲しい気持ちになります。きっと今年も東北の桜は、きれいな花を咲かせることでしょう。優雅な気持ちで眺めることは出来なくても、自然の美しい姿が少しでも皆さんの希望の灯火になることを祈ります。

投稿者:高井貴容  更新日:2011年3月16日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ