東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記
一部報道にもあるように、活性炭は放射性物質を吸着する特質を持つようです。
厚生労働省でも、各都道府県の水道行政担当宛に次のような通達を出しております。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r98520000015k18.pdf#search=’
 

↓  ↓  ↓ (一部抜粋)
<福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応について>
放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの、活性炭による除去効果を示す知見が存在するため、指標値に近い値が検出された水道事業体等においては、粉末活性炭等による処理の実施を検討し、指標値以下になるよう取り組まれたい。
 
浄水器の多くは、浄水処理として活性炭が用いられることが多く
、活性炭による放射性物質除去の可能性はあるようです。ただ、どこのメーカーも実験はしておらず、理論上でお話しすることになるわけです。また、どの程度の放射性物質の処理能力があるのか、計測されていません。

上記は水道行政担当者あてに通知された文章なので、各家庭や施設に届けるまでに水をどのように浄化するかということを通知したものになります。浄水器に使われる活性炭についての記述ではありません。

ところで、活性炭による有害物質除去能力に違いはないのでしょうか?

 ①粒子活性炭
 ②粉末活性炭 (①より有害物質の吸着力・除去力は若干高まります。細かくなった分、吸着面積が広くなるため。)
 ③繊維活性炭 (②より有害物質の吸着力・除去力はかなり高まります。)
   ※浄水器に使われる場合水をある程度の勢いで流すこともあり、
    ②では水の勢いがあると充分吸着出来かねるようです。
    上記の中では③繊維活性炭が最も有害物質を吸着・除去できるというのが定説です。


浄水機能により放射性ヨウ素が除去できたとして、ろ過材に放射性ヨウ素が溜まり浄水器カートリッジが「濃縮放射性物体」になってしまいますので、放射能の半減期(放射性ヨウ素は8日&倍数)を考慮して浄水カートリッジの短期交換が必要となります。こんな時は、大型浄水器は心配です。

上記のような理由から、蛇口直結型で、まめにカートリッジを交換できる繊維活性炭が使われている「ワンウォーターECO」は、とても利用価値のあるものであるといえます。

「‘素粒水’浄活水器」ついては、こちら  ↓
http://shop.holistic-wellness.jp/?pid=15814872 

   

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2011年4月8日


『食生活が人生を変える』             著:東城百合子  発行:三笠書房  



<老廃物や毒素を体の外に出す玄米の力> 上記文庫本より転載 

玄米を主食としてきた日本人ですが、玄米には農薬が白米より多く、ことに脂肪分は外皮に多いので危険だという懸念が多少なりともあるようです。しかし、それは論理上のことであって、実際に食べてみての結果ではないのです。
消化分解して力となる体の生理はどうかというと、白米より玄米の方が公害物質を体の外に排出する率ははるかに高いのです。

玄米食を50年くらい玄米を食べておられる沼田勇医学博士は、玄米の場合フィチン酸やイノシトールという成分によって排泄作用が盛んなので、農薬のほとんどは体の外に排泄される。白米はそのほとんどが出されないで体に残るから、危険度からいえば、外皮をとった無防備の白米のほうが危険だ、と結論付けています。

広島で原爆をうけた患者で、とても治らないといわれた方が、玄米菜食を忠実に実行され、見事に完治されました。最も、本当に大丈夫と自信がついたのは、5年後だったと言います。こんな方をわたしはまだほかに3人ほど知っています。また、長崎で被爆した方で、玄米食をしていたのでその害を受けずに無事だった例もあります。

玄米の中には分析には出てこない生命のもととなる成分がたくさんあり、それを未知成分と言っています。これはひとつの例ですが、分析に出てくる栄養素の中で、最近とくに注目され出したのがフィチン酸です。
100g中の玄米の中には240㎎のフィチン酸が含まれていますが、白米には41㎎しかありません。フィチン酸は放射能物質、水銀、鉛などの重金属ともによく結合する性質があります。フィチン酸はビタミンB群の中のひとつであるイノシトールと6個のリン酸が結合したもので、公害物質と結合して体の外に出す働きをします。つまり、玄米菜食型の人ほど、これらの有害物質をほとんど吸収することなく、排出しているのです。
ところが、酸性で有効成分をぬきとった白米や肉、白砂糖、人口甘味料その他、食品添加物入り食品を中心とした生活をしている人の血は酸化され汚れていますから、有害物質を排泄できず体内に残してしまいます。

↑  ↑  ↑

昔購入した本を見返しましたら、放射線のことにも触れ、とてもわかりやすく解説してありましたので、転載させていただきました。

 

上記は、雑穀料理で有名な大谷ゆみこさんから今年いただいた冊子です。ゆみこさんが提唱する食生活を学び、実践した方々の体験をまとめたものです。アトピーやその重い病気が治ったという報告意外に、皆さんが、とっても生き生きして暮らしている様子が伝わってきました。

私自身、10年ほど前にゆみこさんの「サバイバルセミナー」を受講しており、また昨年は弊社主催のセミナーで会場を提供していただくなど、ご縁がありました。私が受講したころの自然食と名のつくものは、茶色のお料理がほとんどで、定番のものがあり、それを真面目に食するといった雰囲気がまだまだ残っていたのですが、この「つぶつぶ料理」は違っていました。新しく懐かしい味、奇抜なアイデアで出来上がったお料理、そして明るい雰囲気など、そのころの他の自然食料理教室とは違っていたことでしょう。
ゆみこさんの著書『未来食』を読んだ時、なんて理論的+デザイン的+感覚的なのだろうと驚きました。右脳と左脳と宇宙のエネルギーが一体となっているようなイメージを受けました。それも、ゆみこさんが日本固有の食の知恵と技を古代から紐解き、マクロビオティック、最先端の生理学、量子論、波動医学、心理学の発見をつなげていかれた結果なのでしょう。

「食」を見直すことによって、暮らし丸ごと、自然に沿った生き方に変えていきましょう!

投稿者:高井貴容  更新日:2011年4月8日

東京都は、都民に対して2011年4月4日「水道水の汲み置き」を推奨するメッセージを出しました。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/04/20l44400.htm

この文面の中には、塩素の入っている水道水を汲み置くことや、常温で3日、冷蔵庫で10日の保存を適切としています。しかし、素粒水に関しては、この範疇ではありません。

↓  ↓  ↓

‘素粒水’のメーカー様が、今回の震災後に安否確認の連絡をされたお客様からいただいた体験談をご案内します。

断水期間中の「素粒水」体験談
常時、素粒水を入れた2ℓのペットボトル約80本を家中においてあります。震災によって断水となった期間ペットボトルの素粒水を利用して助かりました。飲用した最も古いボトルは2001年からの保存素粒水で、とてもおいしかったです。

 

                 <4年間常温保存した素粒水の試験結果>


 

私も自宅に素粒水の汲み置きをしていますが、5本程度です。80本はすごいですね。
「‘素粒水’浄活水器」をお持ちの皆さま、念のため汲み置きをお勧めいたします。たとえ、その素粒水を使用されなくても、トンネル効果のおかげで、森林浴を超越した素粒子エネルギー空間を創り出してくれます。

「‘素粒水’浄活水器」についての詳細
http://shop.holistic-wellness.jp/?pid=15814872

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2011年4月7日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ