東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記

弊社取り扱い商品である‘素粒水’浄活水器(「ワンウォーターECO」「ウォーターセラピィー」)の放射性物質除去に関しまして、再度、メーカーの株式会社フリーサイエンス様より弊社(販店)へ向けた解説をいただきました。活性炭に関する説明を加えていただいております。原文のまま掲載させていただきました。

↓  ↓  ↓

…放射性物質(元素)&放射線に関して…  

平成23年4月5日

 

放射線ヨウ素が100Bq/L以上含まれた水は、乳幼児はもちろん妊婦も大量に飲んではいけません。また、100ミリSv/年以上の放射線を受けてはいけません。
(Bq:ベクレルは放射能の強さの単位、Sv:シーベルトは放射線の人体への影響を表す線量の単位)

飲水時の想定被曝線量は、放射性ヨウ素=300Bq/L⇒想定被曝線量0.0066ミリSv、放射性セシウム=200Bq/L⇒想定被曝線量0.0026ミリSvとなります。
レントゲン(X線)撮影を1回した際の想定被曝線量は0.6ミリSvです。

平成23年3月19日付けの厚生労働省通知(健水発0319第1号,第2号)によって放射性ヨウ素は活性炭機能で除去できるとの公告がありました。
ECO&セラピィーのカートリッジは「繊維活性炭」&「粉末活性炭」を使用していますので、水道水中の放射性ヨウ素を一定量除去することが可能となります。

但し、全ての活性炭製造販売メーカーでは放射性ヨウ素は危険物扱いとなるため除去試験はしておらず、どの程度除去できるのかの知見はございません。

仮に浄水機能により放射性ヨウ素が除去できたとしても、ろ過材に放射性ヨウ素が溜まり浄水器カートリッジが「濃縮放射性物体(A)」になってしまいますので、放射能の半減期(放射性ヨウ素は8日&倍数)を考慮して浄水カートリッジの短期交換と廃棄方法が必要となります。

現行では放射性物質は自然消滅&離散を待たなければ回避できません。
 
放射性ヨウ素から放出される主な放射線はベータ線(β線)ですので、被曝の安全性を高めるには事態が収束するまで「ECOカートリッジの本体キャップ部外側(天窓を含む)」と「セラピィー本体部外側」にアルミホイルを二重に巻いていただければ前記(A)から放出される放射線を遮へいできます。

交換カートリッジは素早くアルミホイルに包んで(二重)、8日以上保管後にアルミホイルを外して燃えるゴミとして廃棄すれば安全です。
より一層安全に飲用するにはアルミホイルで覆ったペットボトルに素粒水を満水に入れ、蓋をして人体から1メートル以上離れた所に8日以上保管してから利用して下さい。 

放射線は一度に200~250ミリSv /h以上浴びると人体に障害を与えます。

放射線の人体への悪影響は細胞(DNA含む)←分子←原子で構成されている原子構造の「陽子+中性子+電子」の素粒子のつながりを崩壊させ、細胞内のDNAを損傷し細胞機能を壊死およびガン化させてしまうことです。
生体にはDNA修復酵素がありますので、素粒水の酵素活性作用によって修復酵素が活発に働けば細胞(DNA含む)修復力を向上させることができます。

また、室内に素粒水入りペットボトルを置いていただくと「※トンネル効果」によって素粒子エネルギー空間となります。
放射線の標的は陽子、中性子、電子などの素粒子ですので、素粒子に衝突した放射線はエネルギーを減衰します。
さらに、素粒子の透過作用から考察すれば「トンネル効果」による素粒子エネルギー空間に身を置くことは、崩壊した原子構造の修復と細胞(DNA含む)再生の働きを補助促進することになります。 

※トンネル効果…素粒子の透過、投射(照射)現象。

…主な放射線の種類と遮へい素材…
① アルファ線 ⇒ 紙。
② ベータ線 ⇒ 薄いアルミニウム。
③ ガンマ線 ⇒ 鉛板、鉛エプロン。
④ エックス線 ⇒ 鉛板、鉛エプロン
⑤ 中性子線 ⇒ 水、厚いコンクリート。 

素粒水入りペットボトルを紙で覆い、ラック(多段棚)などに積み重ねて放射線源方向に素粒水ペットボトルのパーテーション(壁)を作れば、強(濃)放射線のアルファ線と中性子線の被曝を回避できます。

以上、本書面内容をお客様に伝達する際は、誇大表現となりませんよう充分ご留意下さい。 

      株式会社フリーサイエンス        
                   大阪府大阪市東淀川区東中島
        1丁目18番27号丸ビル新館203号
          TEL:06-6990-1333 FAX:06-6990-1331                              

 

投稿者:高井貴容  更新日:2011年4月18日


七ヶ浜の仮説住宅が完成に向かっています! 10日前は基礎工事でした



掲載許可をいただいて大町議員と写真撮影 歯科医の齋藤道雄先生から物資提供いただいた乳酸菌生産物質も手渡す

 4月15日のレポート 

1週間前「ブログを見た。七ヶ浜町議会議員の伯父に会って欲しい」と一本の連絡が入る。

2年間にも渡りアルファースリームの臨床・研究をいただいている聖隷クリストファー大学の大町かおり教授だ。

七ヶ浜市の避難所は数箇所あったのがこの日2箇所に統合される。その合併準備で忙しい中、大町睦夫町議会議員が丁寧に迎えてくれた。
(ちなみに小生の実家は宮城県白石市大鷹沢だが大町議員の先祖は400年前大鷹沢から今の七ヶ浜へ移住した。その際、小さな3つの部落が合併して「大鷹沢」になったがそれぞれの主の頭文字が付けられた。「大鷹沢」の大は「大町」の「大」である。そんな話でも盛り上がった。)
国際村、中央公民館、市役所の保健所を案内していただいた。

ここでも他県の(島根県)医師会が医療担当として従事しており、全国的なネットワークに感銘を受けた。(今回の活動で接触した外部医療チームは記憶しているだけで宮崎県、大阪府、島根県、愛媛県、東京都から来ている)

午後は塩釜市役所を訪問。
実は10日前に物資提供をさせていただいた後、市長より直接お電話をいただいている。
この日は市長不在で総務部長とお話させていただいたが、多くの訪問箇所がある中で、市長から直々の電話を頂き感動したものだった。
塩釜市の各避難所でのスタッフの対応も迅速で素晴らしい。市長の指導力と感じた。早い復興ができるであろう

10日前に塩釜市へ物資提供させていただいた際、お渡しした資料が貼ってあった。



石巻市内の被災した家の土砂を掻き出し、掃除するボランティア。各被災地の災害ボランティアセンターで登録するとボランティアができる。



 
 
 

石巻市内幹線道路のトンネル 建築に詳しい西田氏は「1ヶ月でここまで補修されているのは素晴らしい! 足場を組んで天井が剥離しないように丁寧に補修している。ネジのコーキング補修も終えている。ケミカルアンカーの印まである!」ととても興奮していた。石巻は凄いらしい。



※この日の主な訪問先

・多賀城市の大きな総合体育館を訪問。会館と医師団が連携してアルファースリームの活用法について協議。医師団の判断により管理している会館が貸し出すという取り決めをしていた。もう終盤となるとこちらも段取りが分かってくる。
・塩釜市役所 秘書室
・七ヶ浜 国際村
・七ヶ浜 役場
・七ヶ浜 公民館

投稿者:katahira  更新日:2011年4月17日

 
女川市街地から南の海岸沿い。小学校の校舎の上に引き潮時に流れたと思われる住宅が乗る
 女川市街地 3階建ての屋上に流された車が乗っている
 
 

4月14日のレポート
前日は風邪でダウン。頭痛とだるさで身体が動かない。アルファースリームを纏いながら実に20時間寝て翌日には復活できた。

この日は石巻市と女川町をくまなく歩く。

芸能人やメディアが集まるところはまだ物資に恵まれている。どうしても避難者の収容人数が多い施設を慰問した方が効率がいいからだ。それはある意味仕方がない。
外れの小さな港町や原発のある地区はどのボランティアも行きたがらない。行く手段もない。

西田さんが前日NHKのニュースで女川町の避難所でこのようなメッセージボード持っている女性を偶然見つけた。
「朝は希望に目覚め。夜は感謝で眠る」
これは大谷社長の著書のメッセージと全く同じ内容だ。
しかし女川町中心部からもかなり外れにあり、さらに女川原発からも僅か6kmしか離れていない。
3人で悩んだ挙句行くことにした。場所はスローライフビレッジ野の浜。

海から20mはある崖の上に建っている。それでもさらに2階部分まで浸水したというから信じられない。電気や水道もないところだが漁師とその家族が明るく元気に過ごしていた。

電気もガスも水道もない



 
 
残念ながらTVの女性はこの日仙台へ葬式に出かけていて不在だった。

しかし石森あき子さんという友人と旦那さんの区長が優しく丁寧に接してくれた。
「よしみちゃん(TVに出ていた)は物欲がなくとても優しい人だよ」

ここで骨盤調整体操を披露。みんな熱心に覚えていた。
皆さんの掲載許可をいただいて写真を撮らせてもらった。
 
漁師である区長はこれまで人生で3回も津波で家が流された。万全の津波対策の心構えがあっても今回の津波は想定外のものであった。

風光明媚で長閑だ。復興したらぜひまた訪れたい。

許可をいただいて写真撮影。



この対岸には女川原発がある。牡蠣やアワビの養殖も被害でできなくなった。
 
 
 

★★牡鹿半島の電気がない地区

※この日の主な訪問先
・骨盤セラピストの西田さんの紹介で女川町勤労青少年センター
・女川町スローライフビレッジ野の浜
・牡鹿半島の小さな漁村(電気がない)
・女川町立病院の物資担当者
・石巻市の大谷社長の友人の薬剤師
・東松島市の保健所
・石巻市役所

投稿者:katahira  更新日:2011年4月17日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ