東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記

月館先生の治療と手前が西田さんの骨盤調整体操


※4月10日分の記事ですが活動が深夜に及び通信ができない環境にあったのでUPが遅れました。

4月10日は名取市の保健所と付近の避難所を慰問いたしました。
名取市の保健所とは1週間前に訪問以来、アルファースリームの物資提供と漢法・赤ひげ堂の治療家:月館先生の治療活動が続いています。

月館先生の治療を前日までに受けた方々からとても高い評価を受けていまして先生を見るや否や次々に予約がはいります。また、アルファースリームのアロマパットも「とても温かい」「夜何回か起きるのに起きなかった」などの声を被災されている方からいただきました。

この日は近くの増田小学校で鍼灸治療と骨盤調整体操。体操を3時間ほど行いましたが口コミでどんどん順番待ちができました。「あそこいくと10歳若返るよ!」って。

月館先生は7日以来毎日小生の実家から通って治療活動を続けています。
14日で6日目ですがしばらく(1ヶ月くらい?)滞在する意気込みのようです。
来週からは引き続き赤ひげ堂の他の治療家も現地入りする予定もあります。

<<<治療家 月館研(つきだてけん)プロフィール>>>
漢法・赤ひげ堂で10年の修行を積んだ治療家。外国での留学経験に培った経験を基に、多くの外国人の患者さんを含め、ガンや難病や一般の病気を手がける。また最近はMMSという感染症に効果のあるものの研究に勤しんでいる。

時間に制約があるためレポート作成が遅れております。
その後概略をお伝えすると
■4月11日 
宮古市健康増進課、宮古市保健所、
釜石市役所、釜石小学校(避難所)

■4月12日 
陸前高田市民部健康推進課(前日には同行している陸前高田市市長の友人の上部さんが市長にも手渡し)
気仙沼市民健康管理センターに滞在の医療チーム、気仙沼市立気仙沼小学校(避難所、市役所)

■4月13日 宮城県名取市保健所

今後の予定としては
■4月14日 石巻市、女川市(物資が極端に不足している地域)

■4月15日 七ヶ浜市、塩釜市(市長から1週間前の物資提供のお礼のお電話をいただいた)、多賀城市

投稿者:katahira  更新日:2011年4月14日

今からまた被災地へ向かいます。
名取市の避難所では既にアロマパットをお使いいただき、漢法・赤ひげ堂の治療家の先生が8日・9日と治療にあたっています。
担当者から
「治療に皆さん大満足されていました。また、遠赤外線パットも大好評です。」
とのメールを先ほどいただきました。10日は漢法・赤ひげ堂の先生も含めて慰問いたします。
その後のスケジュールとメンバーです。

 <<今後の日程について>>
  
   4月10日宮城県名取市の避難所にて慰問活動
   4月10日~11日 南三陸町
   4月11日~12日 陸前高田市
   4月13日~大船渡市、釜石市方面
   4月15日石巻市方面
   4月16日七ヶ浜市、多賀城市、名取市方面
  
  <<メンバーについて>>
    竹内信賢 /  治療家(漢法・赤ひげ堂院長)
    月館研 /   治療家(漢法・赤ひげ堂)
   ノリート /  治療家、フランス人のアーティスト(漢法・赤ひげ堂)
   大谷憲 /   薬を売らない薬剤師 (アルファースリーム開発者)
   片平健一郎 / 血流促進アドバイザー (弊社代表)
   西田延康 /  元・教師、骨盤セラピスト (アルファースリームの代理店様)
   上部一馬 /  ジャーナリスト(陸前高田市出身 陸前高田市市長の友人)

※主に、避難所を訪問します。
避難所の医師には、アルファースリームを手渡します。
人々には、気功/針灸など必要なケアをします。

アルファースリームがあれば毎日24時間その枚数分働いてくれます。
現状では枚数に限りがございますし、まだまだ必要とされていますのでよろしくお願いします。
http://www.pmc-tokyo.jp/431.html#globalnav
また、現地の有力な情報をお持ちの方はメールをいただけと助かります。
(通信ができるノートパソコンも持参しています)
車で移動しておりますので柔軟に対応させていただきます。

それでは行ってきます!
片平健一郎

投稿者:katahira  更新日:2011年4月9日

本日4月8日発売の『日本食があなたを救う』を買いました。「ベジィ・ステディ・ゴー! 」の特別編集号です。

3月に代表・片平が弊社取り扱いの商品の取材のため、キラジェンヌ様(上記出版社)を訪問した際、特別編集号の撮影に居合わせたようでした。最近、キラジェンヌさん、活発に活動されています。有益な情報をありがとうございます。

放射線の事、食べ物のこと、とてもわかりやすく解説してあります。

★長崎原爆の時に、玄米と塩と味噌で生き延びた人々の話は以下をご参照ください。 http://otsukako.livedoor.biz/archives/51760768.html

 ↓  ↓  ↓

★長崎原爆の際、被爆しながらも聖フランシスコ病院の医長として患者のケアをされた秋月辰一郎さんのインタビュー記事です。
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/peace/voices/no11.php

 

★食の先生からの震災・放射能対策緊急メッセージ
  http://www.ci-kyokai.jp/message.html

投稿者:高井貴容  更新日:2011年4月8日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ