東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
最新のお知らせ 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記

















11/3~5日、点描画の水華(すいか)さんの個展にホリスティックウェルネスのスペースを使ってもらいました。​

国立新美術館に出品され今年「国際芸術賞」を受賞したという大きな作品や、
出来上がったばかりでまだ額縁に入っていない作品なども飾られました。​

  




























室内を真っ暗にして、ブラックライト+巨大なルーペを使って眺めると、まるで3Dの眼鏡でのぞいているような奥行と幻想的な世界が出現!!! これには驚き。​

私たちが買い物をするような文房具屋さんで売っているようなボールペンで、点々点々と描いていくのだそうです。
宇宙からのエネルギーが下りてきているそうですよ。
実物を見ると、とても納得します!!!

そして、久しぶりにかけたヒーリングミュージックがこれまたマッチしていて、銀河の中にいるような感覚に陥りました。​

  










更に、初めて聴いた「ディジュリドゥ」が魂に響き、宇宙遊泳へといざなわれたのであります。​

※アボリジニが昔から精霊と交信するための祭儀で使用していた神聖な楽器と言われています。


  









おまけに、その場で生豆を焙煎して挽いてもらったフレッシュなコーヒーをいただき、
松果体までリフレッシュ。​




















3日で100人以上の人が訪れたのに、浄化の必要全くなし。​

むしろ、いつもの職場がエネルギー空間に早変わりした日々でした。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2021年11月8日



















宮澤賢治の詩「雨ニモマケズ」が書かれたのは、1931年(昭和6年)11月3日​。
今日で、ちょうど90年目。​
賢治35歳の時の詩です。

「一日に玄米4合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ~」​
一汁一菜ってことですね。​
一汁一菜を作ってみました。​




















これ並べてみると昔より野菜が多いんじゃかいかという気がします。

玄米+煮物(4種の具)+味噌汁(3種の具)。​
一日に玄米4合って、多いですよね。​
これは、真似できません。
お茶碗1杯×3食だったら、一日1.5合の換算。​
私だったら、これくらいかな。​
Wikipediaによると━​
当時の日本陸軍の食事規定では、​
一回の食事につき主食として3食とも麦飯2合、​
副食として朝食は汁物(味噌汁・澄まし汁など)と漬物、​
昼食および夕食は肉や魚を含んだ少量のおかず一品​
(例:アジフライ、塩ゆでキャベツ、漬物)​
玄米4合は約2100キロカロリー、​
農作業など体を動かす男子としては3500キロカロリーはあっていいはずと言われているとのこと。​
























私は、↑この炊飯器で玄米や発芽玄米を炊いてます。時には白米や5分搗き米なんかも。
便利です。
昔は、火を起こして調理していたかと思うと、一食ごとが大変だっただろうと思います。

不食でも生きていける人もいるようですが、
やっぱカラダを作るベースは、食事。​

こういう食事でも、丈夫なカラダを作ることができるんですね。​
現代人は、ほんと贅沢。​
お腹がすけばお菓子を食べ、おいしいと聞けば特産品を取り寄せ、食べ過ぎてはダイエットをし、偏った食生活で病気になり・・・。​
たまの食の楽しみはOKとしつつも、一汁一菜+αくらいをベースにおいしく食べられるよう心掛けたいと思うのであります。

投稿者:高井貴容  更新日:2021年11月3日



















秋の味覚といわれる「きのこ」ですが、それは露地栽培のもので、実際にはエリンギやマイタケ、ブナシメジ、ブナピーなどの身近なきのこは一年中スーパーに並んでいて、食生活に取り入れやすい食材ですね。

さて、きのこの注目すべき栄養素とは?

パッケージの表示にもよく見かける「オルニチン」です。



 












オルニチン
というアミノ酸は、「しじみ」の中に多く含まれることで有名です。
肝臓の働きを助けてくれるので、二日酔い予防や、疲労回復に役立つんですよね。
ここまでは、割と知られているかと思います。


なんと、しじみより「オルニチン」の量が多いのが「きのこ」なんです!!!
しめじのオルニチン量はしじみの約5倍。

〈オルニチン量(100 gあたり)〉
シジミ      20 m
ぶなしめじ   140 mg
ブナピー    110 mg
霜降りひらたけ  50 mg
エリンギ     30 mg
マイタケ     10 mg

 
〈オルニチンの働き まとめ〉
肝臓の代謝や解毒作用をサポートする。 (疲労のもととなるアンモニアの分解に効果的。)

●成長ホルモンの分泌を助けるので、代謝が上がり、各器官が活発に働く。

●細胞の新陳代謝を向上させ、お肌のターンオーバーを整える。

●ノンレム睡眠(深い睡眠)を増やして睡眠の質を向上させる。 ←注目!
※オルニチンを摂取した南極隊員は起床時の眠気が改善したという研究結果があります。
日常の食品から得られるオルニチンの効果はまだ研究が必要とのことですが、期待できますね。

 
そこでお勧めしたいのが、‘きのこ入りの味噌汁’です。

良質な睡眠が期待できる‘ぶなしめじ’と
快眠ホルモンの分泌を促すトリフトファンを含む味噌をいっしょに摂取するんです。










嬉しいことに、ぶなしめじ等のきのこ類は、
うまみ成分のグルタミン酸(アミノ酸系)とグアニル酸(核酸系)の両方が入っているんです。

「きのこ」、影武者ですね!!!

 
【参照】
オルニチンで菌活 | きのこらぼ|きのこで菌活 (hokto-kinoko.co.jp)

投稿者:高井貴容  更新日:2021年10月26日



 











自律神経(交感神経・副交感神経)が乱れるとは、簡単に説明すると、
ストレス過多や生体リズムの乱れ等が原因で、緊張とリラックスのバランスが崩れ、心身に不調をきたすことです。
具体的にどういう症状が現れるでしょうか?
やる気が起きない、頭がスッキリしない、勉強や仕事が捗らない、なんだか体調が芳しくない等。
日々の暮らしや仕事にまで影響が出てきてしまいますね。

「STUDY HACKER」というWEBページに自律神経を整えるユニークな方法が紹介されていました。

 
【3行日記】
順天堂大学医学部の小林弘幸教授によれば、
手書きの日記をつけると自律神経が整い、心身をコントロールできるようになるそうです。
それも、寝る前にたった3行書くだけでよいのだとか。
1.よくなかったこと(うまくいかなかったこと、嫌だったこと)
2.よかったこと(うまくいったこと、感動したこと、嬉しかったこと)
3.明日の目標(関心を引いた些細なことでもOK)

〈3行日記のルール〉
・手書きする
・寝る前に書く
・必ず日付と曜日を記入
・できるだけ簡潔に
・1~3の順番で書く
・ゆっくり丁寧に書く















「3行日記」で1日を振り返ることにより気づきが生まれ、自らいい方向へと、流れをコントロールするようになるとのこと。
手書きでゆっくり丁寧に書くというのも、気持ちが落ち着き、自律神経のバランスを正常に戻すことができると言われています。

 
【ジャーナリング】
ジャーナリングとは、頭のなかに思い浮かぶことを、手を止めずに一定時間書き続けること。
「書く瞑想」とも呼ばれています。
「書く行為」が心の癒しにつながることを発見したのは、
テキサス大学教授で社会心理学者のジェームズ・ペネベイカー博士。
被験者を、
1「感情的に大きな影響を与えた出来事」を書くグループ
2「日常的な出来事」を書くグループ
のふたつに分け、両グループにそのワークを、1日20分間、3日間続けて行なわせた結果、
1のグループは、心身の健康が著しく向上したことが確認されたのです。

具体的には、幸福感の向上、不安感の緩和、血圧の低下、免疫機能の向上など、多岐にわたって効果が見られたそう。














※ジャーナリングの時間は、5分でもよいようですよ。朝でも夜でも。

 
ペンとノートさえあれば、「3行日記」も「ジャーナリング」もすぐにでもスタートできますね。
ひとりになれる静かな場所で、是非!

【参照】
※写真は、STUDY HACKERより転載
 
 
 

投稿者:高井貴容  更新日:2021年10月22日



















職場のスペース・乃木坂ウェルネスルームを
点描画家・菅井直美さんに「魂を開放する点描画ワークショップ」の場所として使っていただきました。

 










↑ 上の絵は、菅井直美さん作のものです。

いきなり参加することになった私は、心の準備も構想の準備もできぬままスタート。​
参加者のお2人は、菅井さんのファン方で、点描画をよく見られている方々。
どんな感じにするか、イメージされてきたんだろうなぁ~。

もくもくと無心に描くかとおもいきや、おしゃべりしながら・・・
書道家・武田双雲さんの話、斉藤ひとりさんのお話など、
たまたま共通話題で、盛り上がりました。

※ 菅井直美さんが描いた‘ふわふわ龍’が、
斉藤ひとりさん&柴村恵美子さんの共著『ふわふわの法則』に、引き寄せカードとして特別付録で付いています。

おしゃべりしながらも、意外と手はしっかり動いておりましたー。

  









魂の開放、できたみたいです!

投稿者:高井貴容  更新日:2021年9月27日

最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ