東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
人生初のロードバイク!
カーボン仕様は本当に軽いです。

通勤が有酸素運動。

最近のペダルを回した時のパワーを計測する装置が内蔵されています。どのくらいの踏み込む力が備わっているかを視覚的に確認できると、効率的なペダリングができますね。

ヘルメットは安全性を高めるだけではなく、空気抵抗を減らすことにも役立ちます。最近は探求の日々です。下記に空気抵抗を検証したページがあるのでご覧ください。

空気抵抗ってそんなに変わるの??

投稿者:katahira  更新日:2020年10月16日

















近所の歩道橋を取り壊す工事が続いています。

階段を登るより横断歩道を渡った方がラクですが、桜色の歩道橋はかわいらしくて、好きでした。なくなっちゃうんですよね~、残念。
















もう既に、一部の階段は切断されており、歩行者用の信号が設置されました。


















この場所は、5Gの基地局設置のために工事しているのだと私は思っています。

何やら、歩行者信号機を支える円柱にBOXが?!

住まいから100m余りの場所。

よく、携帯電話の基地局の近くに住むと、頭痛などの体調不良を起こす話を聞きます。
もう逃れられません。ちょっと恐怖です。

 
<5Gについて>
全国に設置されている約20万8000基の信号機に5G基地局を設置し、2025年に全国展開の完了を終了する予定になっています。 東京都では、公園、建物、バス停、地下鉄、道路、橋等にも設置予定。
 
今までも、電磁波グッズは身に着けていましたが、益々意識せねばならなくなりました。

  










利便性と引き換えに、健康を損なうことがないよう留意しましょう!

オススメ商品「美波動」
http://shop.holistic-wellness.jp/?mode=f4
 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年10月15日
















最近、私が凝っているのが「野菜スープ」

なぜ、関心を持つようになったかと言いますと、
血流観察ができるマイクロスコープを購入して下さった薬局の薬剤師さんから、
「体調の悪い方に、基本となるサプリメントも多少服用してもらいますが、
野菜スープをしっかり飲んでもらうと血流や毛細血管の形が整ってくるんです。」とお聞きしたからなのです。

よく考えれば、かつてガン予防や改善に「野菜スープ」を勧める本が目についた時期がありましたが、うっかりしてました。
その時は、とても特別なメニューのように感じていました。

さて、「野菜スープ」のパワーの源は何かと言いますと、「ファイトケミカル」

ファイトケミカルとは、植物が紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質の総称。
植物の色素や香り、苦味などを構成する成分です。
野菜(植物)には活性酸素を消去するさまざまな抗酸化物質が含まれているということです。
年齢とともに活性酸素を消去する力がなくなってくる私たちにとって、野菜からその成分を補うことができるなんて、とてもありがたいことです。

ファイトケミカルは、‘生’より‘スープ’の方が断然多く摂ることができます。 細胞壁を壊して、ファイトケミカルを取り出すには、加熱することがポイント!
ビタミンCが壊れるのでは? という心配もありますが、
野菜に含まれた状態でのビタミンCは単体ではないので、種々の抗酸化成分の働きで安定化し、壊れにくくなっており、大半が残っているので心配無用とのことです。
ただ、成分はほとんどスープに溶け出しているので、具だけではなくスープをしっかり飲むことが大切ですね。


























熊本大学の前田浩教授らの資料では、
野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすりつぶしたものより、 野菜を5分間煮出したゆで汁のほうが10倍~100倍強いことが明らかになっています。 (特選街WEBより転載)

「野菜スープ」には、ビタミン類、ミネラル類など、ファイトケミカル以外の有効成分も丸ごと溶け出していますし、生野菜のサラダとは比較にならない、強力な抗酸化パワーを得られるというわけです。

———————————————————–

【野菜スープ 基本の作り方】
<材 料>
●カボチャ、人参、玉ねぎ、キャベツ 各100g
●水                1リットル

<作り方>
①野菜をひと口大に切る。
②カボチャ以外の野菜を鍋に入れ、水を注ぎいれ、強火で10分程加熱する。※フタを必ずのせる。
③加熱後、10分程したらカボチャを入れ、更に10分程加熱する。(煮崩れ防止のため、あとで。)
※ポタージュにしてしまうのであれば、カボチャも最初に入れられます。

基本的に味付けはしないようですが、味付けバージョンが、いろんな本やWEBに紹介されています。
私は、昆布を細かく切ったものと天然塩を少々入れています。
たまに、植物油で炒めてから煮ています。

とっーても簡単。
——————————————————-

●野菜の形のあるまま飲む VS  ポタージュにして飲む

  










●スープだけ飲む VS 温野菜として食す
  









以前、ウェルネス講座の講師としてお話いただきました脳外科医の篠浦伸禎先生も、ファイトケミカルスープを作って日常的に飲まれていると言われていたのを思い出しました。
2017.12.2 ぼけずに脳を使い切って生きるにはどうすればいいのか

















本を読んでみると、いろんな体験談が紹介されていました。
「野菜スープ」の底力、すごいですよ~。
「野菜スープ」は、免疫細胞を強化し、抗ウイルス作用もあるので、コロナ禍のこの時期、是非頻繁に作ってのみたいものです。
やせて若返りたい人、便秘、肥満、がん、高血圧、糖尿病、肝炎、脂肪肝、痛風、更年期症状が気になる人にもお勧め。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2020年10月12日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ