東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

睡眠講座

当日の豪華な配布資料



参加者特典の資料です 国内の睡眠研究の第一人者といえば日本睡眠教育機構理事長の宮崎総一郎先生である。 宮崎先生は国内で初めて開設された、滋賀医科大学睡眠学講座に赴任。2005年から、経済産業省の支援を受けた「眠りの森」事業を産学共同で行い、睡眠指導士の育成を開始されました。 その睡眠に特化した指導体系が素晴らしく、私もその睡眠健康指導士の上級を1年前に取得しました。 忙しい人も、寝たきりの人も、赤ちゃんも”毎日続けている”生理現象は睡眠です。非常に応用範囲が高いです。 無謀にもその大御所の先生をお招きして1月28日に講演会を行います。 滋賀からお越しいただくのにも恐縮なのですが当日の配布資料が届き、そのボリュームに驚いています。 写真以外に「睡眠と認知症予防」というテーマに沿った学術的な7ページの資料がございます。
  この日は主に睡眠の質が脳力向上とどう関わりがあるのかに絞ってお話いただきます。 宮崎先生は睡眠中が脳のメンテナンスの時間と位置付けています。 脳内のゴミを脳内対流によって除去しているのです。 そしてその働きは睡眠の質によって10倍も異なります!! 認知症や切れやすい若者、記憶障害は睡眠の質が重要かもしれません。(単に時間とは言いません!!) 寝ているだけで脳力開花をしたい方はぜひいらしてください! http://holistic-wellness.jp/event/studymeeting/20170128.html

脳内対流

脳内対流



投稿者:katahira  更新日:2017年1月16日


パーマネントライフを探して
『パーマネントライフを探して』という循環境型の社会がテーマのドキュメンタリー映画が公開になりました。
http://www.cetera.co.jp/tomorrow/
今のところ「渋谷イメージフォーラム」のみの公開ですが、近所ということもあり観てきました。

私たちが今のライフスタイルを続けていれば、近い将来人類は滅亡するという論文が「ネイチャー」で発表されました。
映画では食料、エネルギー、経済、民主主義、教育、などのテーマで具体的な世界の取り組みが紹介されています。


デトロイト都市内における自給自足や、環境保護を行う会社経営、インドカースト制の中で民主主義の村など、興味深いストーリーはたくさんありましたが、特に興味を持ったのがフィンランドの小学校の教育システムである。
子どもたちに「学び方」を教える教育であり、教え方は一つではなく幾つもあり、生徒よって答えを導くプロセスは様々。
その結果、フィンランドは15歳の子どもたちに対する調査で世界でも最も優秀な成績を収めている。
教員の養成に力を大切にし人間力が高い。誰もがイキイキしていて情熱にあふれている。

教育は国力であり、未来を作る上で最も重要だなぁっと、日本の「右へ倣え」の教育問題を憂いた。

 

投稿者:katahira  更新日:2017年1月16日

Women from the province of Kadavu enojying themselves during their fundraising day at the Suva foreshore yesterday. Picture: JOVESA NAISUA









世界幸福度ランキング2017 第1位は、フィジー。

先進国と言われる日本は、25位。

この差は、いったいどこからきているのでしょう?

フィジー共和国は、南太平洋にある島。四国と同じくらいの面積で、世田谷区と同じくらいの人口。
経済的にみた場合、決して豊かではない国。生活の利便性でも特にすぐれてはいない国。
フィジーは、ブータンのように国策で、幸せを追及している国ではなく、デンマークのように社会福祉が充実していて、老後が安心という国でもない。

 

幸せ大国フィジーを報道した記事には、以下のように掲載してありました。
幸せ大国フィジーの人から教わった、幸せになるためのポイントは、2つ。

参照 http://fijianwalker.com/happiness/

 

★「身近な人を大切にすること」!

私たちは、家族など本当に身近な人ほど粗雑に扱いがちではないかと思います。
実は一番大事なのは、一番多くの時を共に過ごす人のことを大切にすることです。
当たり前と思うかもしれませんが、実際にできている人はあまり多くないのではないでしょうか。

★「シンプルに生きること」!

  • よく食べて、よく寝ること。
  • 物に縛られないこと。多く持たず、多く捨てること。
  • 周りに流されず、忙しさでごまかさず、自分自身をコントロールすること。
  • 好きなことをすること。
  • 時には何もしない時間を過ごすこと。
写真 2017-01-10 10 29 42

 











昨年、私はたまたまフィジーの人たちが作ったクリーム(バーム)を購入していました。
このクリームは、フィジーに度々趣き、フィジーの自然や文化を研究している薬学博士であり植物療法家の村上志緒先生のサポートで製品化されたものです。
正直なところ、クリームというものが欲しかったわけではないのてす。
フィジーの人々が、自然の恵みを利用して丁寧に作った、かわいらしい容器に入ったそのものを手にしてみたかったのです。

そして、今回の世界幸福度No.1のニュースを知り、益々愛おしいものになりました。

以前、映画『happy』のことをブログに書いたことがあります。
今は、DVDが販売されているようです。

実は、この映画、3月に「おまかせ呼吸 & 氣愛のおむすび」のワークショップをお願いしているサトケンさんもお勧めの映画です。
「おむすび」とは、直接の関係はないですが・・・。
「おむすび」って、自分のために作るというより、誰かのために作ることが多いんじゃないでしょうか?
心をこめてむすんだ「おむすび」って、ホントおいしいんですよ!

まずは、身近な小さなことを見つめ直してみると、そこから幸福が生まれる!!!

世界最幸フィジーを自分の世界に作り上げたいですね。

 

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2017年1月15日

Page 1 of 212
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ