東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
IMG_20141130_131456

1ヶ月以上も前になるでしょうか、
知人Nさんより『フォークス・オーバー・ナイブズに学ぶ 超医食革命』という本をプレゼントされました。

このNさんは、過去に大腸がんを患った際、手術を拒み、食事とサプリメントで完治させたと聞いています。現在70歳くらいでいらっしゃると思うのですが、大変お元気で、毎日忙しくご活躍です。
健康の情報を発信している私に、ぜひ読んで欲しいという思いでプレゼントして下さったのだと思います。

さて、このフォークス・オーバー・ナイブス(=Forks Over Knives)の意味ですが━

「フォーク」は、食べる時に使うフォーク、食事の意。
「ナイブズ」は、手術の時に使うナイフ、医師が使うメスの意。
「オーバー」は、上回るとか勝るという意味ですですが・・・

日本語に訳すと、
「正しい食事は、手術に勝る」となります。

この書籍の中では、
「プラントベースでホールフードの食事」を推奨しています。
野菜・果物・豆類・穀物・木の実(ナッツ)・種子類などを精製加工せずに、そのまま丸ごと食べる食事です。
その他、医療現場での実例、食物の栄養、レシピのアドバイス、便利な道具についても書かれています。

『フォークス・オーバー・ナイブズ』は、米国ドキュメンタリー映画としても有名です。
私は、3~4年ほど前にまだ英語版しかない頃、小さな部屋で通訳付きで拝見したことがあります。食と健康を考えるのに、とってもいい映画でしたので、ぜひ日本でも多くの人が観ることができるようになるといいな~と感じました。

その後、日本語字幕のDVD『フォークス・オーバー・ナイブズ』が発売されました。

毎日口にする食べ物、あなたのカラダを本当に養っているでしょうか、再確認してみませんか。

【ヒポクラテスの格言】
●食べ物で患者を治せるなら、薬は薬剤師の壺の中にしまっておきなさい
●汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ
●食べ物で治せない病気は、医者でも治せない

投稿者:高井貴容  更新日:2014年11月30日

IMG_20141018_213115

スーパーでかわいいバケツいっぱいに入ったキウイフルーツを見て、思わずパチリ!そして、思わず買ってしまいました。なにしろ、最近ビタミンが足りないな~と思っていたものですから・・・。

ここで、改めてキウイフルーツの栄養について調べてみました。

ビタミンC 果物の中でNo.1
キウイフルーツは、果物のなかで100gあたりのビタミンCが最も多く、1日に必要な摂取量と言われている100㎎の7割が「キウイフルーツ」1個で、摂取できます。
ビタミンC以外にビタミンEも含まれているので、その相乗効果で抗酸化作用がバッチシ。
そして、抗酸化成分のポリフェノールも含まれています。
カラダを錆びさせないための素晴らしい果物です。

美肌、ストレス解消に!感染症予防に!若返りに!

 

食物繊維 果物の中でNo.1
大根やカボチャ、タケノコに匹敵する食物繊維が生の果物の中で、No.1。
体内のお掃除に一躍かってますね。

便秘解消に!

カリウム、カルシウムやクエン酸、リンゴ酸などの有機酸なども多く含まれているようです。
クエン産は、鉄分やカルシウムの吸収を助ける働きもあり、こちらもまた、相乗効果を発揮。

カリウム:むくみの予防・改善に!
有機酸(クエン酸、リンゴ酸):疲労回復に!

 

特有の酵素:アクチニジン
アクチニジンという「キウイフルーツ」特有の酵素は、消化を促進させ、胃もたれや胸やけなどの消化不良を防ぐ効果があるそうです。
特に肉料理の消化を促す力があるそうです。

消化促進に!


どんな野菜・果物にも、特有の栄養と働きがありますが、改めて認識してみると、その食べ物がとっても愛おしくなってきます。

‘太陽のもとで成長して実をつけて、私たちの目と舌とカラダを養ってくれるイノチ’ ありがたいですね。

 

 

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2014年11月7日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ