東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
本日『100歳まで元気でぽっくり逝ける眠り方』全国55箇所の出版講演ツアーを完走しました!
通常の業務を抱えながら8ヶ月で北は北海道から南は鹿児島までこれだけの地域を廻るのは過酷でしたが、主催者並びに参加者方の温かいご支援で楽しめることができました。
そしてお陰様で書籍も既に第四刷となり1万部を突破いたしました。
先日は世田谷在住のお年寄りの方から電話があって「近所のくまざわ書店で眠れるようになる本があるかと聞いたら店長がこれを勧めてくれた。周囲の人に『この本とてもいいから読んでみて』と勧めています。」とのこと。
少しずつ輪が広がり嬉しい限りです。
集大成として新潟大学名誉教授の安保徹先生と講演会を8月30日に行います。
http://www.pmc-tokyo.jp/27203.html
皆様とお会いできますことを楽しみにしております。
片平健一郎

投稿者:katahira  更新日:2014年7月27日

 

DSCF1899

こちらの「レディース足湯専科」は、「‘ヘナ’ケア スターターセット」A、Bに含まれています。

(タオルは 「‘ヘナ’ケア スターターセットA」に含まれています。)

サイズ:32.3×37.3×21.1㎝ (足のサイズ26㎝位までの方に対応しています。)
素 材:ポリプロピレン (日本製)

こちらの足湯バケツは、プラスチック製で軽く、持ち手がタオルかけにもなっているので、大変便利です。底の突起が足ツボを刺激します。

足湯は、ある程度深さのあるバケツをお使いいだくことをお勧めします。お湯の継ぎ足しも可能で、ゆったりと足を浸けることができます。

 

【足湯の効能】

「足湯」とは、足のくるぶしから上までお湯に浸けて足を温めることにより、全身の血行をよくする方法です。足湯をすることにより体内の老廃物を排出しやすくし、上半身の緊張までも緩み、自律神経が安定し、自然治癒力が高まると言われています。

足には、たくさんのツボがあります。また神経や毛細血管が集中するところでもあります。足裏に適度な刺激を与えたり、足首上まで温めることで足全体に下がった血液をポンプのように心臓へ送り返します。戻る時の血液が冷たかったり、循環が悪いと、腹部内臓に機能低下を起こし、体内に老廃物をためやすくなってしまいます。足湯で、下半身の血液循環を促進しましょう。

足湯の意外な効能として、肝臓の活性化があります。体温の主な発生場所は内臓なのですが、その中でも肝臓が最も熱を発生させています。体外から熱補給をすることによって、肝機能に余力ができ、その他の機能(老廃物の解毒、エネルギーの貯蔵や供給、胆汁の生成、栄養素の分解・合成など)が活性化してくるのです。肝臓の機能が活性化し代謝が良くなると、やせやすいカラダを作ったり、免疫力が高まり、風邪をきくにくくなったりします。

足湯健康法は、服を着たまま気楽にでき、心臓などに負担にかからない身近な健康法です。足湯の恩恵は計り知れない物があります。

たかが足湯、されど足湯!  ぜひ、実践してください。

 

【こんな時に足湯がお勧め】

◆ ヘナパック時:全身の血行を高め、染色を促します。

◆ 朝:体温が一番低い朝にすると、効果倍増。

◆ 冷えが原因で、膝や関節に痛みのある時

◆ 腹部の冷えを感じる時

◆ 肝臓機能を活性化させたい時

◆ 寒さが厳しい季節はもちろん、夏でも冷房による影響で足元が冷えてつらい時

◆ 仕事や家事で立ちっぱなしや歩きどうし、夕方になると足がむくんでだるい時

◆ 足が冷えて、夜になるとなかなか寝つけない時

 

【使用方法】


● 温度の目安:42℃〜43℃のお湯水位の目安。本体内側の水位目安線「Water Level」まで注ぎ入れます。
水位は足の大きさによって個人差がありますので調整して下さい。
内くるぶしから指4本分の上(三陰交のツボ ※1)の水位が目安となります。

※1 三陰交のツボ :このツボには、脾経・肝経・腎経の経路が通っており、この3つが交わっています。
この三陰交は、昔から婦人病、冷え性に効果があるツボとして知られ、ここを温めることにより体全体の血流と氣の流れがよくなり、免疫力が高まると考えられています。

●足を浸けている時間:15分程度が目安です。
途中お湯の温度が下がってきたら、適温を保つために、さし湯をしましょう。全身が温まってきたら終了の目安です。

 

【効果的な足湯の方法】

ハーブパウダーを入れて足湯をしますと、足湯の効果+α(デトックス、皮膚のケア)の作用も高くなります。

リーフヘナ 小さじ1
インディゴ 小さじ1
ハーバルブレンド 小さじ1

アトピー体質の方は、リーフヘナのみ(小さじ1)で10分

【アーユルヴェーダの知恵】

アーユルヴェーダ(インド伝承医学)では、脈管が開いている朝にオイルマッサージをし、カラダを温めると、体内の老廃物を排出しやすくすると考えられています。
このオイルは、キュアリング(熱処理)されたゴマオイルを指しています。
インドで育つ「ヘナ」は肝臓の毒素を取り除くのに有効であると考えられています。
こう考え合わせると、朝にオイルマッサージをし、ヘナの足湯をすることは、老廃物排出(デトックス)と免疫力向上に素晴らしい効果をもたらすことがおわかりいただけると思います。

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2014年7月26日

hena_hokan300[1]

ハーブパウダーごとネームシールの色を変えて、シンプルなシールを作りました。

こちらの「ハーブパウダー容器用のネームシール」は、「‘ヘナ’ケア スターターセット」A~Cに含まれます。

容器は、セットに含まれておりません。

 

ハーブパウダーの保管は、密閉容器でお願いします。
袋のまま輪ゴム等でとめるのは、酸化が進みやすくなります。
開封後は、ハーブパウダーが新鮮な内(3ヶ月以内)にご使用いただくことをお勧めいたします。

容器にいれてあると、取り出す時にもとても便利です。

密閉容器に入れたら、各ハーブパウダーごとに名前のシールを貼ってください。
ハーブパウダーの色が似ているので、はっきり区別しておかないと間違えてしまいます。

以前、お客様より「ハーバルブレンドと、アーマラキーを袋から出したら区別がつかなくなってしまったのですが・・・」というお電話をいただいたことがありました。

これは見た目では、なかなか区別が難しいところです。こういう場合は、匂いをかぎ分けるしかなくなります。
見た目の色は、採取した時期などにより若干異なってきますので、いつもどちらが濃くてどちらが薄いとはいいがたいのです。

ニオイに関しては、より酸味が感じられる方(すっぱい感じがする方)が、アーマラキーです。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2014年7月26日

Page 1 of 512345
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ