東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
DSCF1895   DSCF1896

 

スマホの電磁波対策に、「美波動‘ポケット’」がお勧め。

スマホのカバーとスマホの間に「美波動‘ポケット’」を置き、その上からスマホをセットします。
若干、スマホが浮き上がりますが、不便を感じるほどではありません。

 

<スマホ購入までの私>

電車に乗ると、座っていても立っていても周りではスマホを眺めてタッチしている人がなんと多いことでしょう。
そういう人たちに、いつも囲まれてしまいます。
そしてスマホの位置は、私の頭の近く。
車内がすいていれば、場所を移動することも可能ですが、そんなスペースはなかなかありません。

「みなさ~ん、電磁波対策できるものを使っているんですかーーー?  あまり近寄らないで~。いったい、何をそんなに見ているんですかーーー?」といつも心の中で叫んでいました。

昔ながらの携帯電話(ガラケー)を持っている人から
・ 携帯電話を通話すると頭が痛い!
・ 手がしびれる!
そんな話を直接聞くこともありました。

スマホを持つようになった人から、
・ 変なにおいがする!
・ スマホを使うと体調が悪くなって1週間で解約した!
・ 別のタイプに切り替えた!
そんな話も聞きました。

通信機器音痴の私にとって、スマホは使いこなせないものだし、そんなに連絡をし合うことがない状況だし、恐怖の強い電磁波が・・・ということで、無縁なものだと思っていました。

しかし、あまりに便利そうだし、世の中のペースについていくのも必要だと考え直しました。

ところが、「購入しようかな?」なんて周りに話したところ、「持つ必要ないんじゃない。」「もったいない。」「何に使うの?」と身近な人たちは、否定的。これはショッキングな反応でした。
きっと、使いこなせなくていろいろ質問攻めに合うのを想像した人もいることでしょう。



こんな私が、なんと今年になってからスマホを買ってしまったのです。
案の定、使いこなせなくて、何ヶ月も天気予報とニュースだけを見ていました。
販売店の店員さん、そして周囲の人々の助けを得て、現在は少し進歩しました。本当に便利です。

遅々とした進歩ですが、安心なスマホライフを送っています。

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2014年6月30日


「‘素粒水’浄活水器 ご契約キャンペーン」ご好評につき、期間延長のご案内です。
 

期間 : 2014年7月25日(金) 弊社・書類受付分まで
 ※キャンペーン対象分に関しましては、商品・書類の発送⇒返送の日数を加味して、
7月18日(金)頃までのご購入をお願い致します。



img011
 

素粒水の詳細は、こちら ⇒ http://holistic-wellness.jp/shopping/elementarywater

期間中に「ワンウォーターECO」「ウォーターセラピィー」をご購入いただき、交換用カートリッジ申込書(口座振替依頼書)を弊社へ返送いただいたお客様に、素粒水をベースに作られた「A 化粧品セット」または「B  バスアイテムセット」のいずれかを進呈させていただきます。


書類を郵送される際、ご希望のセット(AまたはB)をメモに記入して同封してください。


(書類は、商品引き渡し時にお渡しいたします。)

・ご契約後、1回目の交換用カートリッジの送付と口座振替の停止、ご解約はできません。

・プレゼントは、書類が当社に到着後10日前後に送付手続きをいたします。

・「プレゼントAまたはB」の記載がない場合は進呈されませんのでご注意ください。

 

投稿者:高井貴容  更新日:2014年6月24日

クロモジ

クロモジ



久しぶりの晴天、楽しみにしていたクロモジ蒸留とハーブ園見学に行ってきました。
秩父鉄道・野上駅を降り、向かったのは黒澤ハーブ園。

井上重治先生の『ハーブウォーターの世界』を読んでから何年も気になっていたクロモジ、とうとう本物に対面することができました。
日本では、つまようじの材料として使われていることで有名です。
主に、秩父、伊豆、飛騨などで蒸留が行われており、ここ数年脚光を浴びています。
絶滅の危機が叫ばれているローズウッドの精油の成分ととても似ているという点、日本で採取できるという点にとても興味を持っています。

 

DSCF1905  DSCF1906

3㎏もの乾燥したクロモジを3ℓの毘沙門水(びしゃもんすい)が入った大きな鍋に入れ、蒸留の始まり。

毘沙門水(びしゃもんすい)は、秩父の名水で平成名水百選に入っているとのお話でした。
この湧水で蒸留すると、長期間腐敗しない芳香蒸留水が出来上がるそうです。
30分以上たつと、やっと蒸留水が出てきました。ここから採取できる精油は、約10mlとのこと。

 

DSCF1902

マルベリーの実の採取もさせていただきました。初めて食べました。甘酸っぱいのと甘いのといろいろ・・・。

 

リンデン

リンデン



 

ヤロー

ヤロー



イラクサ(ネトル)

イラクサ(ネトル)



ステビア

ステビア



ハーブ畑が点在しているので、移動し、さまざまなハーブを見せていただきました。
何十種類ものハーブが植えられていました。ちょっと見ただけでは、何のハーブか見分けがつきません。私の好きなハーブティーの「リンデン」は、かわいらしい葉をつけていました。精油では高価でなかなか買えない「カモミール」「ヤロー」、花粉症対策にお勧めの「イラクサ(ネトル)」を発見。ハーブティーに甘みを添えるステビアもあり、葉を噛んだら本当にとっても甘くて、みんなでビックリ。

(いろんなハーブの写真を撮ったのですが、少しだけ掲載させていただきました。)

 

イノシシの足跡

イノシシの足跡



イノシシの足跡もありました。

 

DSCF1932

お土産に、クロモジの蒸留水をいただきました。

クロモジの蒸留水は、採取したてよりも何ヶ月もおいた方がよい香りになるとのことで、昨年秋に採取したクロモジウォーターです。意外や意外、花のように甘い香り!!!     枝と葉だけで保湿力のある花のような蒸留水になっていました。乾燥しやすい私の肌にはピッタリです。

アロマを学んでいた時は、精油や植物油に意識が向いていましたが、今は植物そのものや蒸留水に関心があります。植物は様々な形で私たちを癒してくれるものですね。

梅雨の時期にも関わらず晴天に恵まれ、初夏を感じながら植物と向き合えた素敵な1日でした !

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2014年6月17日

スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ