東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601
12月1日(日)開催『100歳まで元気でぽっくり逝ける眠り方』の出版記念講演にお申し込みいただいた皆様、ありがとうございます。

15時になりましたら、時間通りに開始致しますので、14時50分までに受け付けを終え、着席いただけますようお願い致します。
大勢の方の受付をさせていただくため、開始時間近くになりますと受付が込み合う可能性がございます。余裕を持って、お越しいただければ幸いです。

  14時開場 
  15時開始

出版記念講演会の詳細
 ⇒  http://www.pmc-tokyo.jp/23954.html#globalnav
(PMC事業部のホームページに掲載しております。)

※顕微鏡による毛細血管観察は、ご希望の方のみとなります。
14時~14時50分
17時45分~18時10分 (進行によりずれる場合があります。)

当日、お目にかかれるのを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2013年11月28日



先日、 「美波動」の‘ポケット’  を購入して下さった方よりお電話をいただきました。

冬になると量販店で販売されている ‘発熱し、保温するという素材の衣服’ を着用されるそうで、これを着ると、肌が白っぽくなり、それがかなり気になられていたそうです。この白っぽくというのが、私には、乾燥して肌が粉をふくことなのか、また全く別の状態なのかお話からは識別できませんでしたが、とにかくそれがほとんどなくなったと言われ喜ばれていました。

通常、「美波動‘ポケット’」は、洋服のポケットに入れたり、スマートホンのカバーの内側に入れている人が多いのですが、この方は、ストッキングに入れて腰に巻かれていたようです。

 

●加工された繊維に要注意 !

着用する物の素材によって、体調に不調を感じる ということを何人かの方からお聞きしたことがあります。
「化学繊維の物を着ていると夕方にはカラダがとても疲れる」とか、
「試しに、流行りの発熱繊維のTシャツ(上記のお客様と同じ物)を着てみたら、なんとなく気分がすぐれない。二度と買わない。」とか・・・。
もともと、‘化学物質’や‘氣’に敏感な方からこのようなお話をお聞きすることが多いです。
(免疫力が低いという表現とはちょっと異なるかと思います。)
きっと、皮膚呼吸が妨げられるのを敏感に感じ取られるのでしょうね。

化学繊維や特殊繊維を着用されても、特に不調を感じない人の方が多いから、便利な素材として世の中に出回っているわけですが、
不調を感じないからといって頻繁に着続けていると、ダメージが重なっている場合もあるので、気をつけたいものです。

かといって、化学繊維が全てカラダに悪く、天然繊維が全てカラダにとって快適とは限りません。
化学繊維の仲間に入るレーヨンなどは、天然繊維に近いものと考える自然療法家の方もいらっしゃいます。
例えば、天然のものでも、ウールや麻製品を素肌に着用すれば、チクチクして肌触りが良くないこともありますので、自分にカラダの声に耳を傾けるしかないですね。
でもやはり、化学繊維や特殊加工した繊維には特に要注意だと思います。


●「美波動」シリーズ

「美波動」シリーズは、有害な人工波を中和あるいは緩和し、それらを有益なエネルギーに変換する’というコンセプトで開発されたもので、有害電磁波対策以外にも、様々なことに使われています。 実に、ユニークで便利な商品です。

どうしてこのように適用範囲が広いのでしょう?
それは、電磁波や化学物質、重金属や添加物などはエネルギーの性質が似ていて、「美波動」には、このような性質のエネルギーを引き離す力があり(人体でいうと、体の中にたまった不要なものを排泄する働き)、その力によってブラスの現象を引き起こすからなのです。

「美波動」の詳細は、こちら ⇒  http://shop.holistic-wellness.jp/?mode=f4

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2013年11月28日

●「ヘナ」を使い始めた頃
私が初めて「ヘナ」を使ったのは、30代半ば近くになってからかと記憶しています。
自然食品店さんでよく見かけるハーブの白髪染めという認識でしたので、白髪を2~3本見つけた時に、どんなもんだろうという好奇心から手にしてみました。

そんなに染まらないな~、というのがその時の実感。
自然のものだから、即効性を求めるのは無理だろうと思っていました。

そんな頃、たまたま参加した「オイルテラピー」の合宿のメンバーの中に「ヘナ」の大好きな人が何人もいて、
お風呂に入れているとか、足裏に塗っているとか不思議な話をいっぱいするのです。
面白くなって合宿の帰りにある方の家に立ち寄り、初めてヘナを人に施術してもらうことになったのです。
なにやら何種類かのハーブを混ぜている・・・なかなか凝っているな~なんて思って見ていました。
なめらかなペーストをブラシでサッサッと塗布。やっぱ、人にやってもらうってラクで気持ちいいな~と思っているうちに終了!
髪もツヤツヤ、2~3本あった白髪も綺麗に染まっていました。感動 !
手袋をはめて、不器用に塗っている私の塗り方がいけないんだな、と日頃の発色の悪さの原因をそう考えました。
(とはいうものの、この頃興味半分で使っていただけでしたので、何ヶ月かに1度くらいしか塗布するようなことはありませんでした。)

実は、この時に初めて山本洋子先生のお名前をお聞きしました。
現在、(有)IPMの社長であられる山本洋子社長です。

それから何年か経ち、少し増えた白髪ケアのために、ご縁のあった自然食品店さんが取り扱う「ヘナ」を度々購入するようになりました。

●美容師さんにとっての「ヘナ」とは?
私は、草っぽい臭いがするのは決して嫌いではないのですが、「ヘナ」を塗布した翌日に美容院に行った時、「ヘナしたでしょ?」とちょっと嫌そうな顔をして聞かれ、それがまたカラダに優しい施術をするのがうたい文句の美容室だったのでショックでした。
他の所でもカラーを勧められた時、「自分でヘナしてますから・・・」と言って断ったら、似たような反応をされたことがありました。
(ちなみに、前者の美容師さんは、後日ヘナを使っている人たちの毛穴がとっても綺麗なのをスコープで観て、見直した!と言われていました。)
美容師さんの中にアンチ「ヘナ」派の人がいるのは、見た目を第一に重視しているからではないでしょうか。
全ての髪が思い通りの色に染まらないから困るとか、草っぽい匂いがオシャレじゃないと感じられているのではないかと、残念に感じています。

●市販の染毛剤
「ヘナ」を使いながらも、世の中の多くの人は、どんなものを使っているんだろうと、ちょっと好奇心でスーパーに陳列している商品に手を出したことがあります。
自分なりに少しでも刺激の少ない物を選んだつもりですが、頭がボッーとしてしまったり、気持ち悪くなってしまったり・・・。(時間をちょっと長く置きすぎたせいもあるかも知れませんが。)  これには驚きましたね。
仮に、放置時間を説明書の時間内で使ったとしても二度と使いたくはないと思いました。
カラダが反応してくれて、よかったです。

また、カラダにやさしいと謳っているクリームタイプのものはどうだろうということで使ってみましたが、私にとってそんなに染色具合はよくなく、頻繁に使ったら結構な費用になるなと思ったのと、成分を見ると、人口の色素が使われている点で、私の許容範囲外です。

●私の「ヘナ」探求
それから私の更なる「ヘナ」探求が始まりました。昔は「ヘナ」は「ヘナ」、みんないっしょと思っていたのですが、だんだんメーカーによって「ヘナ」や「インディゴ」も質が違い、ミックスする他のハーブによっても匂い、染め上がり、髪やカラダへの働きかけも違うのではと思うようになったのです。
品質がよく、匂いが強くなく、染まりがよい、楽しく使える!—–そんなヘナを探すようになりました。

それまで何種類か使ったことのあるヘナ関連商品の欠点は、
・     匂いが強い (製造が古いと思われます。)
・     放置時間が1時間以上で、忙しい時はやる気が起こらない
・     染まりが悪い
・     白っ茶気た(しらっちゃけた)色になる。
・     塗布した翌日は、きしみやすい
・     翌日に髪をかきあげると、インディゴの色が手につく

今思えば、こんなに欠点があったんですね。それでも「ヘナ」は好きでした。
私にとってはカラダへの負担がないことと、頭皮が軽くなるという快感と、薬品を使っていないという安心感があったからです。

●IPM(アイ・ピー・エム)のヘナ・ハーブ
ふと思い立ち、10年前に出会っていたIPMのヘナを使ってみようと思いました。
それまでブレンド済みのヘナ商品(インディゴや他のハーブをブレンドしたもの)しか使ったことがなかったので、正直なところ面倒くさがり屋の私が自分でブレンドするのは長続きしないのではと自ら危惧していました。
ところが、そんな心配は無用でした。
面倒と感じるどころか、単品使いやブレンド使いも楽しいのです。

まず、ペーストがとっても滑らかで、触っていて気持ちいいのです。以前、無農薬のお米を作る田んぼで、田植えをしたことがあるのですが、その時素足で踏んだ土の柔らかな感触にそっくりなのです。
それまでは手袋をはめてヘナを使っていたのですが、IPMのヘナ・ハーブは素手で使った方が気持ちよく、手の平からハーブたちのエネルギーをたくさん吸収したいので、そうしています。
また、私がそれまでに出会ったいくつかのヘナ商品で体験した欠点が全くありません。

街で白髪の紳士、貴婦人を見かけるたびに雰囲気があって素敵だと思います。
今は、白髪が少ししかないからこそ、それが気になるけれど、もっと増えたら年齢なりの雰囲気も出るからあえて染めなくてもいいだろうと思っていました。
でも、IPMのヘナ・ハーブを使うようになって、染毛だけではないハーブの働きに、より恩恵を感じるようになり、ブレンドを変えながら、年齢にあった使い方をしていこうと思うようになりました。

IPMのヘナ・ハーブ・オイルをいろんな用途に使っています。
染毛だけに関していえば、セミロングの私の場合、計算してみると1回あたり700円くらいしか費用がかかっていません。これも使い続けたいと思う理由の一つでもあります。

 

 

 

投稿者:高井貴容  更新日:2013年11月23日

Page 1 of 41234
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ