東京都港区六本木7-4-14-2階 乃木坂駅 より徒歩3分/六本木駅より4分
ホリスティックウェルネス tel 03-6434-7601

キュウリの味噌おろしうどん



弊社で取り扱っている「乳酸菌生産物質入り桜みそ」は、甘味のある味噌です。といっても、もちろんお砂糖などは使っていませんよ。
製造は、熊本。(塩味がきいたものを好む北の方の人たちには、ちょっと馴染みがないかもしれません。) 

私の場合、波動の高いこの「みそ」は、「みそ汁」にせず、生のまま使いたいという気持ちがありました。
しかし、レパートリーが少ない私は、料理本を参考にするしかありません。ペラペラめくってみると、いろいろあるではないですか。ずっと、本棚に飾ったままになっていた本もやっと活躍の日がやってきました。

 第一に私が選んだのは「キュウリの味噌おろしうどん」

正直言って、本に掲載されているお料理の写真を見たら、大して美味しそうに見えなかったんですね。(ゴメンナサイ。)
でも、「酵素生活」を意識しようと思っている私には、目に留まったのです。味噌もおろし野菜も酵素がいっぱい!!! 

■    材料
        うどん 100g
        粗くおろしたキュウリ 1本分
        ダイコンおろし 100g
        A (味噌 おおさじ1と1/2、ゴマ油大さじ1、水大さじ2、塩小さじ1/6、
     ニンニクのみじん切り少々)
       のり適量

■     作り方
   ①     うどんをゆでる。その間にAの材料を順に加えて混ぜ、おろしキュウリ、
      ダイコンおろしと合わせる。
   ②     ゆで上がったうどんを冷水で洗い、①をかけ、ちぎったノリを散らす。
    ♪ ゆでたてとおろしたてのタイミングをそろえるのがポイント。 

 『野菜だけ?』  著者:大谷ゆみ子  発行:メタ・ブレーン より転載

見栄えとは大違いで、お味はなかなかのものでした。
自分で撮った写真も味気ない感じで、更に「のり」を添えるのを忘れてしまったので、色が単調。
こんなのをお見せするのは何なんですが、超簡単にできて、酵素がいっぱいで、おいしかったので、皆様にもご紹介したくなってしまったという次第です。 

この「味噌+おろし野菜」は、いろんな物に使えそうです。 

しばらく、生味噌レシピの実験が続きそうです。

投稿者:高井貴容  更新日:2012年6月27日

‘素粒水’浄活水器 ご契約キャンペーン延長のご案内です。
 
 期間 : 2012年7月30日(月) 弊社・書類受付分まで 
      ※キャンペーン対象分に関しましては、商品・書類の発送⇒返送の日数を加味して、
       7月25日頃までのご購入をお願い致します。
   
 
 
 
期間中(2012/4/10~2012/7/30)に「ワンウォーターECO」「ウォーターセラピィー」をご購入いただき、交換用カートリッジ申込書(書)を2012/7/30(月)までに弊社へ提出いただいたお客様に、素粒水をベースに作られた「A 化粧品セット」または「B バスアイテムセット」のいずれかを進呈させていただきます。

書類を郵送される際、ご希望のセット(AまたはB)をメモに記入して同封してください。

(書類は、商品引き渡し時にお渡しいたします。)

・ご契約後、1回目の交換用カートリッジの送付と口座振替の停止、ご解約はできかねません。

・プレゼントは、書類が当社に到着後10日前後に送付手続きをいたします。

素粒水の詳細は、こちら ⇒ http://holistic-wellness.jp/shopping/elementarywater

投稿者:高井貴容  更新日:2012年6月25日

 
6月7日から11日まで上海市内へ出かけておりました。
アルファースリーム取扱いの中国の現地法人ができ、そのお披露目会にお招きいただいたからです。

お披露目会の様子。

お披露目会の様子



 
















日本のスタイルのように大谷社長の睡眠や免疫学の話の後に私の話が続く。

中国語で「こんにちは。片平健一郎(ピェンピンチェンイーラン)です。私は日本人です。
 私は中国人に似ています。中国が大好きです。」と挨拶。伝わるような発音は難しい。
ところどころギャグマジックを取り入れながら飽きさせないように進めて行く。
お披露目会は大成功。新聞にも掲載されたようだ。
中国では今までは正月や祝い事に酒や嗜好品を贈ってきた。
しかしこれからは健康を贈る時代。
睡眠、体温や血流循環の重要性、そして寝ている間に健康になるという考え方はこれからの中国にマッチすると主催者が最後に呼び掛けていた。

今回の講演内容は一字一句翻訳されマニュアルになるとのこと。
その夜の晩餐会はなんと生まれて初めて見る30人円卓。

30人円卓。写真は今回の主要メンバー。従兄弟同士でとても仲がいい。



ちなみにお昼と夜は毎回こんな感じ。 
中国式ビジネスは最初に人間関係を築く。
皆仲良く結束力が強い。日本にはないスタイルだ。

30代中心だが大社長ばかり。
なんでも中国の政策で1980年代に学問に力を入れ、小学校から英才教育を受けた、海外留学も豊富でインターネット世代の30代後半から40代前半の若者が中国経済を牽引しているらしい。

今回の担当会社の会長はなんと鉄鋼業で巨万の富を一代で築いた38歳。
この会場となった建物もキャッシュで購入したとか。。。

小売業やネットビジネスであれば時流に乗って若くして成功することは分かるが、鉄鋼業を一代でというのが信じられない。

ボビーさんという中国で誰もが知る著名人と一緒に、会社の建物の前で記念撮影。



全く健康業界が初めてでありながら、これまでの豊富な人脈や起業ノウハウを集結させた今回の彼の行動は、必ず大きなビジネスになると思わせるに十分なものだった。
どんな困難にも臆する事なく立ち向かう姿勢や、強いリーダーシップは日本の若者も見習うべきである。

日本は中国に飲み込まれてしまうと感じたと共に、「可能性は無限である・頑張ろう」と自分を鼓舞させた。
 
酒宴は同席者と全員と酒杯を交わし飲み干す。白酒というアルコール度数50%を超える強いお酒。酒に弱い自分は夜中に悶絶した。(しかしそれが翌日「限界まで飲んだ」ということで株が上がっていた)

中国の人が「日中の友好のために乾杯」と言っていたのが面白かった。

観光では絶対味わえない4日間だった。

中国全土の展開を計画中なようで、今後忙しくなりそうである。

中国の人にもマジックは大好評。いろいろ教えました。言葉がいらないので皆さんにもマジックコミュニケーションをお勧めします!

投稿者:katahira  更新日:2012年6月23日

Page 1 of 3123
スタッフブログ ナビゲーション 最近の記事 代表片平の社長日記 スタッフ高井日記 カテゴリ別アーカイブ 月別アーカイブ